このページは、新しいURLへ移転します。

新しいURLでは、ページ記載内容を読みやすくしていますので、 是非ご覧ください




移転理由は、ヤフージオシティーズの無料ホームページスペースが廃止(2019年3月)されるためです。自分が死んでからも、ウェブページが存続するようにと、わざと、無料ホームページスペースを使用していたにもかかわらず 一方的に廃止です。新しいURLでは、リンク切れや注書きを整理し、モバイル対応もして、内容を読みやすくしたつもりですので、新しいURLページ でお読みください。それにしても、何故、日本ではページランクが理論上は、ウェブページが訪問される確率を意味することすら理解されないのでしょうか?

The probability that the random surfer visits a page is its PageRank.
(Google創設者の論文 2.1.2 Intuitive Justificationより。)

意訳:移り気なウェブページ閲覧者が、あるウェブページを訪問するその確率が、ページランクなのだ。



背景色をお選びください
ページランク算出理論
現実のページランクについて
グーグルの順位決定方法
その他

日本では、ページランクについての誤解・無理解が、日本語のウェブサイトに数多く見られます。そして、その主たる原因は、ページランクの算出原理と方法が理解されていないことではないでしょうか。

ページランクの算出原理や方法を知って何の意味があるのかとお考えの方も多いでしょう。

しかし、比喩的に言えば、標準偏差の算出原理・方法を知らずに、子供の偏差値の変動を懸念している両親と

ページランク算出方法・原理を知らずにアクセス数の増減に一喜一憂しているウェブマスターは、酷似しているのではないでしょうか。

私は、(当社は)英語にてあるウェブサイトを運営しておりますが、ウェブサイト全体のアクセス数は、ロングスパンでみれば、適切なウェブサイト構成をとった場合には、ページランクとの相関関係が高いというのが、率直な実感です。

何故なら、低いページランクのウェブページがグーグルで高順位を得ることは、不可能に近いからです。(検索ヒット数が、極端に少なければ別ですが・・・。)

ページランクを筆頭とするグーグルの中核技術は、特許であり、英文ですが、線形代数の知識さえあれば、その内容を正確に誰でも理解しうることを多くのウェブマスターの方々は、ご存じないのではないでしょうか。

私が、趣味で作成したこのウェブサイトは、ページランクとグーグルの順位について、英米の数学者の論文を参考にしつつ、 主に

@グーグル創設者の論文

Aページランクの特許申請文書

Bグーグルの検索順位決定方式に関する特許申請文書に基づき、

誰にでも理解しうるように可能な限り平易に解説しました。是非ご一読下さい。

なお、一部のページランク解説ページに関しては、ペロン・フロベニウスの定理等々どうしても線形代数の充分な知識を必要とするページもあることをご了解ください。

以下のページは、ページランクのことを本当に知りたい方のための内容です。

ページランクと順位の関係(検証例)

補論1. ページランクへの誤解

補論3. 固有値について

参考論文及びウェブサイト