第2数値軸を使用した集合縦棒グラフの作り方


【第2数値軸を使用した集合縦棒グラフの作り方】
【対象バージョン:Excel95以降】
【登録日:2003年 2月 3日】
【更新日:2004年 5月29日】

2種類以上の値がかけ離れている表から『集合縦棒グラフ』を作成する場合、
デフォルトのグラフ表示(数値軸表示)では棒グラフが醜くなってしまう
(一方が極端に小さくなる)場合があります。
Excelには『〜:波線』などで数値軸の中間を省略する機能がありませんので、
ここでは第2数値軸を使ってグラフを見やすくする方法を説明します。

1。以下の表から、グラフ種類:棒グラフの『集合縦棒グラフ』を使ってグラフ化します。
  [A] [B] [C]
[1]   金額 件数
[2] 東京 40 1500
[3] 大阪 36 2800
[4] 福岡 38 890
[5] 名古屋 20 2000

2。この表に ダミー列を2つ追加(D列,E列) し、以下の様に変更します。
  ※D1,E1の列タイトルは任意設定です。
  [A] [B] [C] [D] [E]
[1]   金額 件数 1軸 2軸
[2] 東京 40 1500 空欄 空欄
[3] 大阪 36 2800 空欄 空欄
[4] 福岡 38 890 空欄 空欄
[5] 名古屋 20 2000 空欄 空欄

3。上記表から A1:E5範囲で『集合縦棒グラフ』を作ります。
Graph101_1.gif

4。「件数」系列と「2軸」系列をそれぞれ右クリック選択し、『データ系列の書式設定』
  →『軸タブ』で使用する軸を“第2数(上/右側)(S)”に変更します。
Graph101_2.gif

5。「件数」系列もしくは「2軸」系列を右クリック選択し、『データ系列の書式設定』
  →『系列の順序タブ』で上:「2軸」、下:「件数」の順序に入れ替えます。
Graph101_3.gif


  これで【第2数値軸を使用した集合縦棒グラフ】の完成です。

【 解 説 】
 1項の表からデフォルトの『集合縦棒グラフ』を作ると、「金額」と「件数」の棒グラフが
 横に2本並んだ状態になります。
Graph101_4.gif

 この時、「件数」の棒グラフを「Y/第2軸」に変更すると、「金額」と「件数」の棒グラフが
 重なってしまいます。
 “データ系列が2つだけ”の集合棒グラフにおいて、1系列を「Y/第2軸」に変更すると、
 「Y/主軸」に1系列、「Y/第2軸」に1系列のグラフが出来る事になり、棒が重なり合います。
Graph101_5.gif

 ここでグラフ表をちょっと工夫して(ダミー系列として“1軸”“2軸”を追加)、イメージにすると
 以下略図の様な感じでグラフを作れば【第2軸を使用した集合縦棒グラフ】が出来るわけです。

 ※左側が「金額」「件数」データだけのグラフ、右側がダミーを追加したグラフ

<主軸>               <主軸>
 │                  │
 │┌──┐              │┌──┐
 ││  │ ┌──┐         ││  ├──┐ ┌──┬──┐
 ││金額│ │金額│         ││金額│1軸│ │金額│1軸│
 └┴──┴─┴──┴         └┴──┴──┴┴┴──┴──┴
    東京   大阪             東 京     大 阪

      +        ⇒⇒⇒          +

        <第2軸>                    <第2軸>
           │                        │
  ┌──┐     │            ┌──┐        │
  │  │ ┌──┐│            │  │    ┌──┐│
  │  │ │  ││         ┌──┤  │ ┌──┤  ││
  │件数│ │件数││         │2軸│件数│ │2軸│件数││
 ─┴──┴─┴──┴┘         ┴──┴──┴┴┴──┴──┴┘
   東京   大阪            東 京     大 阪


 ダミー系列の“1軸”“2軸”には値が入っていませんので、「金額」と「2軸」が重なり合っても
 問題なく表示されます。「件数」も同様です。

いじょ!

    Home  次へ 》