オランウータン 動物園でのショー禁止 69頭保護 タイ

毎日新聞WEB版
2004/08/05/19:22

 【バンコク藤田悟】タイ政府は4日、バンコク郊外の動物園「サファリ・ワールド」で行われていたオランウータンによるムエタイ(タイ式キックボクシング)のショーを禁止し、同園で飼育されていたオランウータン69頭を保護した。警察は、オランウータンがインドネシアなどから密輸された可能性があるとみて調べている。

 インドネシア政府の調査団が先週、同園を訪れ、タイ政府に調査を求めていた。 同園は、オランウータンは合法的な手段で入手したものを繁殖させて増やしたと説明している。しかし、インドネシア側は、動物園でオランウータンを繁殖させるのは難しく、密輸された可能性が高いとして、DNA鑑定を求めている。

 野生のオランウータンはインドネシアのスマトラ島と同国とマレーシアにまたがるカリマンタン(ボルネオ)島に生息し、熱帯林の伐採などで急速に数が減り、絶滅が危ぶまれている。

(2004/8/5/19:22 毎日新聞)


もどる