仮面ライダーカブト
仮面ライダーカブト
2006年1月29日〜

OP
天道初変身
vs矢車さん(復活はいつデスか??
加賀美変身(ザビーvar
天道語録其の11
影山ザビー、カブトとドレイクに葬られる
坊ちゃま初変身
坊ちゃまのメッタ斬り
加賀美覚醒、ガタック変身
変身!変身!変身!変身!(影山の 凄い ハッスル…

次長課長・仮面ライダーカブトに出演
カガミンMAD
天道と坊ちゃまのエンドレスバトル





■1話 自意識過剰ライダー誕生 最強男
平成ライダー第7弾。戻った!全てが!ブレイド(玩具売り上げメイン)の時代に…。
内容的には、まだ何とも言えないけど、1話目での収穫は僕っ子のヒロイン?ぐらいかな。

■2話 初2段変身
プチマトリックス。
ライダーキックが従来の隙だらけの大味蹴りじゃなくて、シャープに掻っ斬る感じに…賛否両論かな。

■3話 俺が正義!!
ウメコが2人…どこかで見た気がすると思ったら、 この話だった。

■4話 愛を説く!!
ザ・ワールドの世界での雨粒演出が凄く良かった。ワザとらしい雨演出はこの為だったのね。
ところで、今回から始まった番組終了後のプチコーナー。「おばあちゃんは言ってた…」は毎回やるんデスか?

■5話 捕獲指令!!
一先ずキャラ見せ終了で、話を動かしてきた今回。ひよりちゃんは対人恐怖症?

■6話 オレ様の花
取調べでカツ丼って、90年代前半までがピークでは?
天道くんはトレーニングに明け暮れて、時代の波に乗り遅れてしまったんだろうか…。

■7話 2号新登場
新ライダー登場、演じるは徳山秀典。(どっかで聞いた名前だと思ったら「幻想魔伝最遊記」のOP歌ってた人ね。

さて内容の方は、料理勝負に負けた天道が、ドサクサに紛れてひよりのスプーンを使い、間接キスを済ませるお話…流石、天の道を行く男だ。
外見イマイチなサビーも、動いてみると悪くないなァ。しかしカブト(キック)ザビー(パンチ)と来て、次のライダーの一撃必殺は何なのか、些細な事だけど興味あるなァ。

CM見て一言。バイクにもキャスト・オフの機能が付いてたのかyo…。

■8話 怒れる豆腐
ZECTのワーム捜査を、天道が一枚上を行くのはお約束デスか? ど〜でもいいけど、あんな零距離でキャスト・オフしたら、互いに吹き飛びそうなモノだけど…。

■9話 蜂の乱心!!
矢車は加賀美にとっての踏み台だった事が判明する回。加賀美の変身は毎回未遂に終わると思ってたんで完全にやられた。加々美株↑↑。
あと勃起バイク、凄すぎ。ただ、カブトで少し荒めのCGバイクは見たくなかったかなァ…。

■10話 友じゃねぇ
今回のクロックアップの演出良かった。加賀美のライダー化はイベントなのかな〜。次は是非とも新の変身を!
次回はライダークラッシャー大先生の脚本…。作品に油が乗って来た所なんで無理をせずに、「牙」の脚本作業を頑張って下さい。

■11話 合コン燃ゆ
う〜ん。評価が難しい話。脚本があのお方なんで…(響鬼の一件が無ければ、普通に見れたやも…。
面白いけど、過剰演出と言うか、相変わらず空気を読んでないと言うか…少なからず違和感があったかな。

あと偶然なんだろうけど、昨日の「ウィッチブレイド」の梨穂子しかり、今回のゴンしかり、しっかり者の幼女が活躍。
これがキッカケで、新たなジャンル(兄を叱る幼女)としてブームになったり、ならなかったり…。
それと最後のショートコーナーで、インチキを追及された天道の笑顔が眩しかった。本編じゃ絶対に拝めない爽やか天道…。

■12話 必殺化粧師
引き続き井上脚本。先週の事を踏まえて見れたで、今回のコレはコレでありかな…と。
しかし天道君、トンボの人とも殴りあいデスか…。これから登場するサソリや、クワガタの人とも殴り合いするんだろ〜なァ。(こういう少年漫画の王道的な展開は大好きデス、はい。

■13話 チーム解散
矢車さんが復活したと思いきや、ドン底に落とされ、橘さんを彷彿とさせる愛すべきキャラクターに変貌。こうして加賀美=橘説はあっさり否定された。
ど〜でもいい話だけど、外堀で矢車と影山が会話してる後ろで総武線が走ってたけど、あれって市ヶ谷駅前かな?ど〜も見覚えが…。
追記:調べてみたら、市ヶ谷の釣堀で間違いなかったみたいデス。





■14話 裏の裏の裏
初めて天道の人間らしい部分(ひよりとの話を誤魔化したり、定食屋をハシゴするも全て休業、何気に落ち込んだり)を拝んだ気がする…。
それを他所に今回は加賀美のサスペンス、回りは皆敵だらけな話。
全ては影山の手の平の上。最後は天道がそれを上回る展開はお約束だけど、今回はカブトの登場が良かったし、クロックアップ時の一瞬の目線で新のワームを見破る展開も良かった。

あと今回、龍騎の神崎士郎の人と本郷猛(THE FIRST)が出演。カブトはゲストも豪華だなァ。

■15話 怪人名医!?
加々美が利用されて涙を流す下りが熱くて良かった。
井上脚本だけど今回は作品に順応してるなと思ったら、やはり来たアルティメットメイクアップ演出…み、岬さんが壊r…。
今回からオロナミンCのCMが入る。去年のヒビキさんとは対極の演出、唐突すぎて笑ってしまった…。

■16話 まさかの嵐

天道「俺は天道寺総司郎という偽名で、シャドウの隊長になった」
加賀美「そんなのありかよ!!」


笑った。偽名で隊長になれるんかい。
天道と矢車が豆腐対決した辺りから、シャドウの内部に暗雲が漂ってたけど、ここまでとは来くとは…。パーフェクトハーモニーの復活が待たれる。

「悪魔の囁きは、時として天使の声に聞こえるってな」…なんか久々に真面目な天道語録が入ったなァ(笑。
4人目のザビー資格者は由良吾郎三島さん。(ジャンプ!(え…?)無理矢理変身!(やれやれ…仕方ねぇなって感じが良かった)
こうも資格者が変わると、毎度戦闘スタイルに工夫を入れ実践する、ザビーのスーツアクターの人が大変そう…。

ふむフム。面白かったデスよ。この話からライダークラッシャーのお方の脚本なんで、それなりの内容の矛盾、過剰演出は覚悟してたけど、
普通に馴染んでて米村脚本回とそれほど遜色なかった。 次回からもこの調子でど〜か一つ。

■17話 甦る記憶!!
このご時勢に幼女誘拐未遂、以下ストーカー行為って…。
影山がどんどん危ない方向へ誘導されてる気がする。その内、ザビーの資格を剥奪されそうじゃよ。

■18話 さらばゴン
ドレイクが主人公に見えるよ!リンチを喰らうザビーが泣けて来るよ!天道が怒りを露にしての登場がカッコ良かったよ!
風間とゴンの別れ際は、脚本、演出、共に完成度が高く、非常に満足のいく出来だった。今日は玩具屋でドレイクが売れるはずだヲ!

劇場版CM解禁。 天道「NEOZECTは俺が潰す」
なんとな〜く展開は分かってきた。従来の劇場ライダーと同じく、話の舞台はパラレルワールドみたいね。

■19話 さそり富豪
ワールドカップ時期も合せて、サッカー対決。天道役の水嶋クンが全国大会3位の実績を遺憾なく発揮してましたよ。(でも途中から少林サッカー…。
4人目のライダー、サソード登場。うゎっ天道以上のオレ様キャラやん。今作はライダーにロクなヤツいねぇ〜(苦笑。

でもマスクドライダー時はともかく、キャストオフ後は現状ライダーの中で一番カッコいいかなァ。変身媒体も剣で、子供ウケ良さそうだし。
ちなみにサソードのスーツアクターは渡邉淳さん。 轟鬼を演じた人らしいデスよ。かき鳴らせ〜!!!

■20話 ねぇじいや
凄いな神代。常識を弁えてない分、天道を喰う勢いだ。ホント、ワーム設定が勿体無い…。
次回はガタック。加賀美変身!!…って神代は?

■21話 VSクワガタ
ライダークラッシャ−の御大から、米村さんに脚本がスイッチ。やっぱ米村脚本の方が全体のバランスが取れてる感じ。
さて、本編。田所さんの愛情に涙。ゴローちゃんのオマケに驚。今週のキーワード「じいや」に喜。
更に前回のスコルピオワームの設定が嘘だったかの様に物語が展開。「ねぇじいや」今だに健在。

次回は加賀美覚醒。予告を見ただけで、込み上げるモノがあった!燃!!(ひよりのメイド姿に萌!!


■22話 誕生特別編

「人と人との信頼をも利用するワーム。俺は絶対に許さない!!」

カガミン、極限のカッコ良さ!それに答えるガタックゼクター。電子ボイスが他とゼクターと違t…気合い入ってるなぁ。
許す!弾詰まりしそうなバルカン砲も、メイン装備が高い所も楽々切れる、高枝切りバサミでも許す!

本編終了後、加賀美版ゼクターCMが解禁。この流れは反則じゃ〜。今日は玩具屋さんから出て来る人は皆、ガタックゼクターを持ってるはず。



■23話 謎+謎=X
先週の勢いそのままに調子にのった加賀美のお陰で、自分は勿論、天道もライダーだと言う事がひよりにバレる回。
そんな事より神代財閥が破産状態で、じいやが坊ちゃまを裏で養ってる設定と、サソードの触手プレイの方が衝撃的だったよ。

■24話 ラーメン道
天道も髪が伸びたなァ〜。気になる程じゃないけど。(そりゃ〜響鬼の後期のトドロキに比べたら可愛いもんデスよ。
それはそうと今回は天道、加賀美のW変身!引いたカメラでゼクターを受け取る2人が鬼のカッコ良さ!安易に変身せず、殺陣を組み込んだ辺りも昭和の香りがして宜しかった。

次回はドレイク復帰!劇場版にも登場するんで、『俺も居るよ!』って事をTVでアピールしに来るワケですね。

■25話 驕る捜査線
物語の核心に迫る回。
マスクドラーダー計画の始まりが35年前の1971年、初代ライダー放送開始時期なのはある意味のお約束。

新たな強敵、ドレイク復活、立ちはだかる三島、対峙する天道と加賀美父。展開が早いので面白い(子供はついて行けてるのか不安ではあるけど…。
特に天道が仮面舞踏会と銘打ち加賀美父の顔色を変えた今回の引きは、ちょっと鳥肌モンでしたよ。

■26話 激震する愛
鎮魂歌姉さん、強ぇぇ〜。アングルによって田中理恵や植田佳奈に見えるのは俺だけでいい…。
今回は天道がへタレ化。巷では妹の事で心を乱された説が有力(ってか、放送初まって半年間敵に追い詰められる事が無かった主人公ライダーも前代未門な気が…。

カガミン、今日は主役!美味しい所を全部持って行き、天道も終始サポートで終わる。上司にしたい男NO:1の田所さんの拳と握手も熱かった。
最後に見せ場を取らんとした影山が姉さんの前に堂々と登場するも、予告でおもいっきり殴られてて笑った。




■27話 俺!?殺人犯
ジャンクションがカブト&ガタックに変更。カッコ良。
今回から脚本が御大にスイッチ。影山へタレ街道一直線。風間サイドの話なんだけど、そっちの方がついつい気になってしまう…。

CMでハイパーカブト解禁。惜しみないな、H・カブトを初めて見た人は虚を突かれたかも。あ〜あのヒゲの叔父様は劇場ライダーの一人だったのね。変身CGのマッチ具合凄ぇ、流石劇場版…。
ところでサブタイトルはその回の脚本家が決めてるのかなァ?今回は妙にシャンゼリオンチックなんだけど…。

■28話 なぜ!?絶命
そんなっ。よりにもよってコミケで視聴者が減ってる日曜日に影山がハッスルするなんて…。
それはともかく4ライダーの同時変身はイベント。カッコ良かったけど、結果だけ見るとドレイクをリンチしてるだけだから喜べない…。

神代「岬イヌはタダでいい。俺の奢りだ」

ぼっちゃまの泥妊眸言かと思ったらミサキーヌね。台詞が台詞だけにビックリした。
ラストはちょっち『?』。劇場版を見ると意味合いが分かるって事なのかな?

■29話 闇キッチン
劇場版の監督の石田さん(撮影で次長課長をビビらせてて笑った)がTVに復帰…と言っても1.2話以来ですね。
今回は関西の高校野球の放送の影響で毎年この時期のライダーは話を動かせない為に置き話。さて本編。あらま実写版の五行膳デスか?っとなれば五行道士さんご登場(オイ。

ど〜でもいいけど加賀美の父ちゃん、ハッスルし過ぎ!(苦笑。

■30話 味噌汁昇天
天道が光の料理人に覚醒する話。
田所さんの弟がアニメ様チックなビジュアルでビックリしたけど、前回と引き続き普通に見れた(ちょうど同時期に龍騎の29、30話を見たのが大きいかも。あれは…。

ま、ど〜でもいいなん事だけど、3クール目入ってからサブタイがシャンゼリチックなのがちょっち気になる… まさか番組初期の鯖話もそれに引っ掛けてたん???

■31話 衝撃の事実
加賀美が仲間になりたそうな目でこちらを見ている。仲間にしますか? 『はい』 を実行。坊ちゃまはLVが上がった。『共闘のスキル』を覚えた。
最近は 『岡持ち』 『ミサキーヌ』 と役に立つスキルも着実に覚え始め、成長が著しい坊ちゃま劇場が面白いですよ。

冗談は置いといて本編。ひよりの正体が明かされる回。
ワーム説はネットでも前々から議論に上がってたけど、実際にメインキャラ(しかもヒロイン)がワーム設定だと結構な衝撃が走るもんデスね。

■32話 解ける謎!!
天道とひよりの関係、7年前の邂逅、鉄仮面の正体。
何やら内容を詰め過ぎて、今回も光速のヴィジョンに着いて来れない人が各地で続出するっぽいなぁ。

天道「どっちも選ぶ!?俺の言う事を聞くか!!それとも今ここで俺に倒されるか!!?」

天道熱し!やはり妹の事になると回りが見えなくなると。雄介を抜き去りライダー史上最強のシスコン主人公、ここに爆誕!!
次回予告で矢車さん復活。ホッパーは他ライダーと違って急な登場デスな。

天道「ライダーは俺1人でいい…」

aaa、天道が木野さんになっちゃったyo!!!次回からライダーバトルが激化する龍騎編に突入すると思いきや、アギト編に入るとは…展開は相変わらず光速だ。