アンダイユ
Hendaye
 
 

気ままポイント 4 ポイント
 アンダイユ(Hendayeは、フランス・スペイン国境に近いバスク地方(ピレネー・アトランティック県)の海岸リゾート都市です。ビダソア川を挟んですぐ隣がスペインで、良質のビーチを求めてスペインからの観光客もたくさん訪れます。
 また、この街の南のビダソア川にあるフェザン島(仏語:Ile des Faisans、西語:Isla de los Faisanes、バスク語:Konpantzia。「キジ島」の意)は、仏西両国の国境を定めた1659年のピレネー条約に基づいてスペイン・フランスの共同統治領とされ、1年のうち6ヶ月はフランスが、残りの6ヶ月はスペインが領有するという珍しい島です(条約の調印自体もこの島で行われました)。ちなみに、このピレネー条約に基づいて、地中海側のピレネー山中にスペイン領土の飛び地・リヴィア(Llivia)が生まれています。
(A)アンダイユの海岸とビーチ  
(B)ビダソア川の風景  
(C)県道D912号線の国境  
(D)フェザン島(コンパンジア島)  
(E)国道N10号線の国境  
(F)高速A63号線の国境  
(2006年2月現在)

小国家・飛び地に戻る ヨーロッパに戻る

製作著作:中島 光・リヨン気まま倶楽部 無断転載禁止
 
©Hikaru Nakajima  2006 All Rights Reserved.


ユーロエアポート 税関道路 国境検問所