ドロワット
〜 ニ ワ ト リ の 激 辛 煮 〜

ドロワット


ワットの中で、一番辛いのが このドロワットです。
個人的には一番うまく感じる。
ドロは、アムハラ語で鶏の事。
鶏肉と玉ねぎ玉ねぎなどをケベというバターとバレバレという香辛料を使用し て煮込みます。

アムハラ族の料理として有名です。
祝いの日には、各家庭で振舞われます。

一般庶民の食堂にはほとんどありません。
観光用ホテルや、高級レストランにあります。

ドロワットに似た名前でドロファンタというのがありますが
これは鶏肉の代わりに、牛や羊肉を使用していて、 一般の食堂でもよく見かけます。


ドロワットの作り方
@タマネギ大3をみじん切りにし水で煮る。
Aトマト大1を細かく刻むみ加える、トロトロニなるまで煮る。
B20分後(タマネギが透明になったら)サラダ油大さじ4を加える。
Cショウガ半分、ニンニク半玉をすり、塩と一緒に揉んだ物を加え30分煮込む。
Dバレバレ(唐辛子の粉)大さじ2を加える10分煮込む。
E鶏肉(手羽、モモ、首)加え、30分くらい煮込んだら水300ccを加える。
Gさらに30分くらい煮込み、ゆで卵を入れる。
Hケベ(バター)大さじ1.5を加え一煮する。→できあがり。

 この分量は3〜4人分ですが、普通家庭で作る時は皆を呼んでお祝いするためためなので
10人分はこしらえます。この場合、一晩煮込むことがざらです。



エチオピア料理のおかず

肉煮込み系 カイワット/ ドロワット/ アリチャ/ ミンチャット

焼肉系 ティブス

生肉系 テレスガ/ クットフォ

スープ系 クックル

野菜系 バイアイネット/ シュロワット/ ゴマンバスガ

朝食 フルフル/ ガンフォ/ ウンコラル

その他 アイブ/ アサティブス


ホームページエチオピアとは生活
食べ物観光地アディスアベバ言語