バイアイネット
〜 精 進 料 理 〜

バイアイネット


人口の半数以上を占めるコプト派キリスト教には、水曜日と金曜日、それと1年を通じて数回、 合計二百数十日のツォム(ファースティング)と呼ばれる断食があります。
ツォムの日には肉、卵、牛乳などの動物性食物を食べません。
そこで登場するのが、このバイアイネットです。
豆から作ったシュロワットやカイワット、キャベツを炒めたゴマンワットなどが 数種類乗っています。

バイアイネットに欠かせないのが、緑唐辛子のカーリヤです。
唐辛子なのでとても辛いが、素っ気ない味のバイアイネットと一緒に食べると 食欲が出ます。

正式にはツォムバイアイネットといいます。
バイアイネットはアムハラ語で「数種類」という意味がある。
肉系の具が数種類入ったスガバイアイネットもあります。
 

ゴマンワット(キャベツワット)の作り方
@みじん切りにしたタマネギ大1、細切りにしたキャベツ1/3玉を炒める。
A塩大さじ1、サラダ油大さじ4を加える。
Bタマネギが透明になったら、水100ccを加え15分程煮る。→できあがり。


アットクルト(野菜ワット)の作り方
@みじん切りにしたタマネギ大1、短冊切りにしたニンジン大2、ジャガイモ大2を
 サラダ油大さじ4で炒める。
Aタマネギが透明になったらウルド(ターメリック)1つまみと水100ccを加えて煮る。
Bジャガイモが軟らかくなるまで煮る。→できあがり。



エチオピア料理のおかず

肉煮込み系 カイワット/ ドロワット/ アリチャ/ ミンチャット

焼肉系 ティブス

生肉系 テレスガ/ クットフォ

スープ系 クックル

野菜系 バイアイネット/ シュロワット/ ゴマンバスガ

朝食 フルフル/ ガンフォ/ ウンコラル

その他 アイブ/ アサティブス


ホームページエチオピアとは生活
食べ物観光地アディスアベバ言語