E-listBBSSearchRankingSilkRoad-OceanGo to Top


アワッシュ国立公園


2002年8月現在


どんなところ?
サバンナの中にあり標高は1000mもあるが、とても暑い国立公園。
エチオピアの国立公園だけあって動物の数は少ないが、オリックス、イノシシを多く見かける。 その他、ライオン、ヒョウ、鹿の類、カバ、ワニなどがいるらしい。
また、公園内には主要道路とアジスアベバとジプチを結ぶ鉄道が通っていて、 主要道路上からも野生の動物を見ることができる。
直径3.5kmのクレーターを持つ火山や、温泉、滝、博物館、 華やかな衣装を着たアファル族など、内容が充実している。 自動車で周るなら一日かけないと全て見て周れない。

アワッシュ国立公園へのアクセス
アジスアベバから自動車で約4時間。
バスに関しては不明だが、たぶんアジスアベバからアワッシュ国立公園の一つ前の街の「マタハラ」 か、一つ奥の街の「アワッシュ」までバスが出ていると思う。

ホテル
公園入り口から約9km入ったところにホテルがあった。キャンプ場もある。
アワッシュ、マタハラ共に安宿有。マタハラには近くに湖があるので、どうせ泊まるのなら マタハラのほうがいいと思う。宿の質もいい。

その他
公園入場料50ブル。自動車入場料10ブル。道案内50ブル。(全て公園入り口で支払う)
朝6時から入場できる。暑いので朝一番で行くことをお勧めします。動物も朝は多いらしい。




主なみどころ
 温泉
サバンナの中に突然ヤシの木が多い茂った地域が現れる。 「オアシスとはこんなところなんだろうな」と実感する。そしてそのヤシ林の中に温泉がある。
広さが直径10〜12m、深さが深い場所で2mくらいの円い形をした天然露店風呂の温泉。
たどり着いて出る言葉は「なんて美しいんだ!」の一言に尽きる。ヤシの木に囲まれていて 温泉の底まで見える透明度。しかも温泉は青く輝いている。エチオピアでこんなに透き通った水が ある場所が他にあるだろうか。
ここに来て入らずに帰るのはもったいない。絶対に入ろう。温度は丁度いい湯加減だったので、 37℃前後だと思う。
公園正面入り口とは反対方向に向かって30Km行ったところにある。自動車で約一時間。

 博物館
公園内にいる動物のはくせい各種。写真を使用した動物の詳しい説明。温泉の説明などが 英語とアムハラ語で書かれていて、しかも係の人が説明をしてくれる。
これだけ完成度の高い博物館だが、私が行った時は停電していたのかここまで電気が 通じでいないのか、ともかく電燈がなくて暗かったのが残念。
ここの博物館は2000年頃、 この国立公園で活動していた青年海外協力隊員の方が手掛けた博物館。
公園正面入り口から約7Km
 滝
公園の中を流れるアワッシュ川が滝になっている場所がある。
私の行った7月下旬には物凄い量の水が轟音と共に滝壺に流れていた。 物凄い水量なので滝壺から水しぶきの煙が立っている。しかし、 上流から土砂や糞尿を運んで来たのかなにかわからないが泥水で、しかもとても臭い。 肥溜めのような臭いがする。
博物館から約1Km。

 クレーター
公園中心付近に標高2000mくらいの大きな山がある。この山は火山で中心部には 直径3.5Kmもあるクレーターがあるらしい。
公園正面入り口とは反対方向に向かって約25Km行ったところにある。

右の写真はクレーターとは関係ないけど、公園内にいたアファル族の少女。







戻る

ホームページ| エチオピア| アジス
食べ物 音楽ことば写真掲示板