おみやげ
WEB SHOPじゃ、ないよ。


アフリカのおみやげってどんな物があるんだろうと考えたことのある人はいないと思いますが、 エチオピアで約3年過ごして私が感じた素敵なおみやげを紹介します。 日本では入手困難な物ばかり、ほしくなったら今すぐエチオピアへ!
特に何も書いてない物はおみやげ屋で買えます。 価格を書きましたが、「最高価格」とあるのは買い物の交渉時に「これ以上高い場合には 買わないように」という意味での最高価格です。ボッタクリみやげ屋もあるので注意してください。


ワンポイントアドバイス
民芸品を買うなら
  1. 中央郵便局裏側
    比較的エチオピア人のお客が多い。良心的な店が多くボッタクリ店は少ない。 初めての人でも安心して入れる。兼闇両替屋多し。
    郵便局に面した大通りから横道に入り二軒目のおみやげ屋は、 おーつか行き付けの店です。「ダーウィットを知ってるよ」と言えばサービスしてくれるかも。
  2. チャーチルロード
    中央郵便局に面した大通りがチャーチルロード。チャーチルロードは郵便局からピアッサ地区にかけて 坂になっています。そこの坂の途中にもおみやげ屋がある。すこしボッタクリ店がある。 郵便局から約200mピアッサ方面に行くと左側に布地を売ってる店があり、ここは良心的な店です。
布地を買うなら
  1. シュロメダ
    アジスアベバのシュロメダ地区。ここには布地専門の市場がある。ここに行けばなんでも売ってます。 オーダーで民族衣装も仕立てられます。場所は誰かに聞いて行って下さい。
高級品を買うなら
  1. ピアッサ
    アジスアベバのピアッサ地区には金銀財宝が埋まっている。銀を買う場合、古汚いお店のほうが掘り出し物があって良い。 金銀製品の値段はデザインではなく、重さで決まります。
極めるなら
  1. もらう
    宣伝用ポスターや人が持っている物をもらおう。
    これが一番の旅の思い出かもしれません。ダメでモトモト、とりあえず声をかける事が大事。 自分の持物と交換する方法なら、確立高い。
  2. マルカート
    アジスアベバのマルカート地区。ここは東アフリカで一番大きな市場だといわれている。 ボッタクリ店も多いが巨大市場ならではの事。珍しいものが沢山ある。
値段交渉
  1. 冗談を交えて
    エチオピアのおみやげの値段は時価に近い。なので、店員に好印象を与えればどんどん安くなります。
    言葉の壁が一番の問題か?
  2. 根気良く
    時間がある人は何日もおみやげ屋に通う。店員と仲良くなれば必ず安くなります。
  3. 時には怒ろう!
    何箇所かで値段交渉をすれば大体の値段が分かるハズ。そして違う店に入ってボッタクリ価格を 言ってきたら怒ろう。店員も「こいつ素人ではないな」と思い安くなります。
  4. アムハラ語
    アムハラ語を少しでも話せれば店員に好印象を与えるはずです。挨拶程度は覚えておいたほうが良い。 予習はここで。
こんなおみやげ屋
  1. 注意すべき店
    ボッタクリ店。安いと言って強引に引き込む店員がいる所。特にマルカート地区に多い。 無視するのが一番。
  2. コーヒーを出す店
    エチオピアでは珍しくサービスの良い店。店に入ると「コーヒー飲まないか?」と言ってくる。 これは特に下心がある訳ではないので、飲みたければ気にせず飲めばよい。 飲んで買わなくても、何も問題ない(経験上)。






ホームページ| エチオピア| アジス
食べ物 音楽ことば写真掲示板