エチオピアに関する本
もっとエチオピアが見えてくる





★★★★★
神の刻印
著者:グラハム・ハンコック
訳:田中真知
発行:凱風社
「失われたアーク」を著者が物凄い情報量を駆使して論理的に追求する ドキュメンタリー。

★★★★
知っておきたいエチオピアの実像
著者:山田 一廣
発行:ほるぷ出版
エチオピアの全般的な事から、日本との関係まで、 分かりやすく説明している。

★★★★
アフリカでケチを考えた
著者:忘れた
発行:忘れた
エチオピア南部の街(コンソ)の人々の暮らしや、 体験談が面白おかしく書かれている。

★★★★
皇帝ハイレ・セラシェ
著者:リシャルト・カプシチンスキー
訳:山田 一廣
発行:筑摩書房
側近からのインタビューも含めた、ハイレセラシェ。 皇帝の真実を知る事ができる。

★★★★
エチオピアで井戸を掘る
著者:諸石 和生
発行:草思社  
青年海外協力隊員として地下水開発に協力。

★★★
エチオピア二つの革命
著者:忘れた
発行:忘れた
EPLFとTPLF(エリトリア解放戦線とティグレ解放戦線)二組の革命。 (社会主義崩壊時の革命)

★★★
マスカルの花嫁
著者:山田 一廣
発行:忘れた
昭和初期に幻となった日本人とエチオピア王子との結婚話。

★★
エチオピア絵日記
著者:忘れた
発行:忘れた
皇帝時代にエチオピアで医療関連の仕事をしていた人が 自作の絵と共に、エチオピアを語る。


エチオピアの知られざる革命
著者:ウラル・バルデス・ビボ
訳:後藤政子
発行:恒文社
社会主義の視点から書いた帝国崩壊時の革命。

アビシニアのランボー
著者:アラン・ボレル
訳:川那部保明
発行:東京創元社
19世紀のフランスの詩人、ランボーの足跡を追ったエッセー。





私が目にした物だけをここにあげたが、他にご存知の方は是非ご一報下さい。




ホームページエチオピアとは生活
食べ物観光地アディスアベバ言語