博物館
アジスの見どころ




国立博物館

地下一階から地上三階まである博物館。
地下一階は地質に関する事や化石などがある。一階は王室に関する品物、アクスムの発掘品、 ゴンダールやティヤの写真など。二階は絵画。三階は庶民に関する物、アクセサリー、楽器、 農具などの生活用品の展示。
地下一階だけはやけに詳しい説明文に加え、きれいにライトアップされているが、その他は ほとんど説明文がない。 地下一階に「アウストラロピテクス アファレンシス(通称ルーシー)」の化石(350万年前のもの) が展示してあるが、これは精巧に作られた化石の模型で本物ではない。本物は研究の為、別の場所に 保存してあるらしい。 入場料:10ブル
開館時間:毎日8:30〜5:00といっていたが、たぶん月曜日は休館。

アジスアベバ市立博物館

20世紀のはじめ当時の軍事大臣だった「ラス・ブル ウォルドガブリエル」の家をそのまま利用して現在博物館にしている。 木造二階建ての立派な建物。
アジスアベバの歴史に関する写真が多いが、説明文が少ない。畳二畳分くらいあるメネリック2世とハイレセラシェ の肖像画は迫力がある。
値段のわりにはお得な博物館。
入場料:2ブル
開館時間:月〜金8:30〜12:30、1:30〜5:00。土日8:30〜12:30。

アジスアベバ市立博物館
アジスアベバ大学正門
アジスアベバ大学博物館

1953年までハイレセラシェ皇帝が住んでいた場所を大学にし、その後、博物館にした由緒ある博物館。 現在もアジスアベバ大学の敷地内にある。
宗教、楽器、アジスアベバの歴史、写真、楽器、十字架、絵画。 ハイレセラシェの間、ハイレセラシェ皇帝が使用していたベッド、シャワールームがそのままの状態で 展示してある。 庶民の生活に関する物の展示室は2002年8月完成予定。
入場料:20ブル
開館時間:火〜木8:00〜12:00、1:30〜5:00。金9:00〜11:30、1:30〜5:00
土日10:00〜6:00。月休館。

ライオン動物園

ライオンと大亀しかいない動物園。エチオピアでライオンが見たい人はここで。
入場料が0.5ブルと安いので時間潰しには持って来い。
噂によるとハイレセラシェ皇帝が飼っていたライオンの子孫がここのライオンらしい。
入場料:0.5ブル(カメラ持込の場合+10ブル)
開館時間:月〜金8:30〜5:00。祝日以外の毎日開館。

ライオンZOO


各博物館へのアクセス
・国立博物館
 アビヨット→アラットキロ→アンムストキロ又は アラットキロから徒歩8分
・アジスアベバ市立博物館
 アビヨット 徒歩2分
・アジスアベバ大学博物館
 アビヨット→アラットキロ→スッドゥストキロ又はユニバーシティー
・ライオン動物園
 アビヨット→アラットキロ→アンムストキロ又は アラットキロから徒歩8分

*アジスアベバ中心地のアビオットからミニバス使用の場合。→は乗り換え。





ホームページエチオピアとは生活
食べ物観光地アディスアベバ言語