>>トップページへ マリいやトップへ

『こんなマリみては……ちょーくせになりそう
“BLACK LAGOON 魔法少女編”』

令「ラジカール、令ちゃん参上!」
可南子「……誰?」
令「いまいち協調性のない男嫌いに貴女をスナッフ感覚で助けるために、リリアン・ワールドからやってきた正義と平和の使者なのよ!
 さあ! 悩み事を言ってみて!」
可南子「あの……いや、帰ってください」
令「やっつけて欲しい人とかいるでしょ! ホラ!」
可南子「話を聞いてくださいよ。
 う〜ん……まあ……いるにはいますけど……」

ドンッ

祥子「なんじゃいわりゃ」
令「紅薔薇番長ってあいつ?」
可南子「……こないだ温室に呼び出されてまたお説教されたんだけど……」
令「なんだちょこざいな。あんなもんひとひねりですよー♪」
祥子「ナニ! やっちまえ!!」
令「正宗、村正、菊一文字、備前長船で見敵必殺ゥ!」
可南子「わア! 魔法じゃないの!?」
令「誰が?」

ザクッ ズバッ バサッ サクッ

祥子「ギニャーッ」
令「物事なんでも速攻解決!! 刀で!
 魔法なんて非現実的なものよりよっぽど確実な方法よ!」
可南子「質問質問。リリアン・ワールドってみんなそうなんですか?」
令「もちろん!! だから争い事も家族会議もないわけよ!」
可南子「そりゃそうでしょうね。じゃあ、ここらへんで私──」
令「そういや貴女、祐巳ちゃんのお姉さまになりたいって言ってなかった?
 言ってたわよねえ。そんな貴女に祐巳ちゃん隠し撮り写真!!」
可南子「ゲエッ! どこから? ねえ、どこから!?」
令「むろん、貴女の部屋から」
可南子「キャアアアアアアアア」

ピーポー ピーポー ファウファウファウ

「こうして、自己満足を思うまま堪能したラジカル令は、リリアン・ワールドに帰っていきました。
 テンション爆超のまま」

由乃「マジカールスール、由乃ちゃん、参上!」

次回へ続きません