>>トップページへ マリいやトップへ

『こんなマリみては……ちょーくせになりそう
“新世紀エヴァンゲリオン 第拾五話「嘘と沈黙」編”』

可南子「祐麒さん、こないわね」
瞳子「あのバカが時間通りに来たことなんて、一度もないわよ。ホントいい加減なヤツ」
可南子「デートの時は、でしょ。仕事は違ったわよ」
祐麒「お二人とも、今日は一段とお美しい」
瞳子「遅い!」
祐麒「時間までに仕事、抜けられなくてね」
瞳子「いつまでもヒマそうにブラブラしてるくせに。その無精髭、なんとかならないの。ほら、ネクタイ曲がってる」
祐麒「こりゃどうも」
可南子「あんたたち夫婦みたいね」
祐麒「そう? いいこと言うね」
瞳子「誰がこんな奴と……。
 ゴメン、ちょっちお手洗い」
祐麒「とかいって逃げるなよ。
 こうして三人で飲むのも、何年ぶりかな」
可南子「瞳子、何だかはしゃいでるわね。飲み過ぎじゃない?」
祐麒「浮かれてる自分を押さえようとして、また飲んでる。でも、今日は逆かもな」
可南子「やはり、一緒に暮らしていた人は違うわね。言葉の重みが」
祐麒「俺もガキだったし……あれは暮らしというより共同生活だな。ママゴトさ。現実は甘くないさ。
 お、そうだ。鬼の居ぬ間に、ほら、ネコのお土産」
可南子「あら、ありがと。まめね」
祐麒「女性にはね。仕事はズボラだよ」
可南子「どうだか。瞳子には?」
祐麒「負ける戦はしない主義だ。一度敗戦しているとね、臆病になるよ」
可南子「まだ勝算はあると思うけど」
祐麒「可南子ちゃんは?」
可南子「自分の話はしない主義なの。面白くないもの。
 ところで、京都、何しに行ってたの?」
祐麒「あれ? 松代だよ、その土産」
可南子「とぼけても無駄。あまり深追いすると、ヤケドするわよ。これは友人としての忠告」
祐麒「紳士に聞いとくよ。どうせヤケドするなら、君との火遊びがいいな」
瞳子「花火でも買ってきましょうか?」
祐麒「あ、おかえり」
瞳子「変わんないわね、そのお軽いところ、」
祐麒「いやあ、変わってるよ。生きるってことは、変わるってことさ」