>>トップページへ マリいやトップへ

『こんなマリみては……ちょーくせになりそう
“新世紀エヴァンゲリオン 第伍話「レイ、心のむこうに」編”』

瞳子「おっ、紅薔薇のつぼみ、何熱心な目で見てんねん」
祐巳「え……いや、何も」
乃梨子「可南子さん? ひょっとして」
祐巳「ち、ちがうよ」
乃梨子「まったまたぁ。あ、や、し、いなっ」
瞳子「可南子の胸、可南子の太もも、可南子のふくらはぎ」
祐巳「だから、そんなんじゃないって!」
乃梨子「だったら何見ていたのかしら」
瞳子「ウチの目はごまかされへん」
祐巳「どうしてあの子、いつも1人なんだろうと思って」
瞳子「ま、そない言うたら、入学してからずっと友達いてないなあ」
乃梨子「なんとなく近寄り難いのよ」
瞳子「ホンマは性格悪いんとちゃうか?」
乃梨子「可南子さんは祐巳さまの手伝いをしていたんでしょ。祐巳さまが一番よく知ってんじゃないの」
祐巳「自分のこと、あまり喋らないから」
瞳子「そういや、可南子が誰かと話したり、笑うたりしとんの見たことないなあ」

由乃「何よ、これ」
祐巳「カレーよぉ」
由乃「相変わらずインスタントな食事ね」
祐巳「お呼ばれされといて、文句言わない」
可南子「お姉さまは?」
祐巳「私はね、へっへーん、じゃーん。ここに入れちゃってどっばーっと」

祐巳、カップラーメンを祐巳に差し出す。

可南子「本気ですか?……」
祐巳「やあねえ、いけるのよ」
可南子「じゃあ……」
祐巳「最初っからカレー味のカップ麺じゃねー、この味は出ないのよ。いっただっきまーす」

可南子、由乃もカレーを食べ始めるが、その味に絶句する。

由乃「これ作ったの、祐巳さんね」
祐巳「わっかるぅ」
由乃「味でね……レトルトを原料に、よくぞここまで」

祐巳「どーしちゃったの? 瞳子ちゃんの写真をジィッと見ちゃったりして」
祐麒「あ……いや……」
祐巳「ひょっとして祐麒」
祐麒「違うよ」
祐巳「またまた照れちゃったりしてさ。瞳子ちゃんの家に行くオフィシャルな口実ができて、チャンスじゃない」
祐麒「からかうなよ! もう!」
祐巳「ははは、すぐムキになるんだから。からかいがいのあるヤツ」
由乃「祐巳さんと同じね」
祐巳「がっ」
祐麒「俺はただ……同じ山百合会の劇に出てるのに、瞳子さんのこと、よくわからなくて」
由乃「いい子よ……とても。あなたのお姉さんに似て、とても不器用だけど」
祐麒「不器用って……何がですか」
由乃「生きることが」