>>トップへ

機動新世紀 舞-乙HiME X 〜次回予告集

かつて、戦争があった。
それは母なる惑星エアルを滅ぼす愚かな戦争だった。
荒野となった大地に、生きるために戦う少女がいた。
少女は主(マスター)と出会い、そして伝説の蒼き貴石へと導かれる。

新番組 舞-乙HiME

第一話「月は出ているか?」

生き延びた先には、何があるのか……。
第二話
マシロを守るためコーラルローブを纏ったアリカの前に、2体のスレイブと、彼女らを狙うアスワド達が立ち塞がった。
迫り来る無数のスレイブ。
ついにアリカは、蒼天の青玉での契約を迫った。

マシロ「そなたに、力を…」
第三話
多くの人の死が、マシロの心にショックを与えた。
ラドは、鮮やかにマシロを奪回すると、蒼天の青玉と共にアリカを拘束する。
しかし、少女の純情は不屈だった。

ナツキ「私の愛犬は凶暴です」
第四話
容態が急変したマシロを救うため、ラドは設備の整ったカルデアの再襲撃を考える。
だが、アスワドのメンバー達は、マシロにこだわる理由を求めた。
アリカは、明かされたラドの、重い過去に衝撃を受ける。

ラド「作戦は一刻を争う!」
第五話
アスワドは、謎のオトメの猛攻を受け、窮地に陥った。
さらに、シュバルツのオトメ殲滅作戦が、スレイブ『グランディーネ』の砲撃を連続させる。
ラドは、アリカとマシロの力を借りて、一か八かの賭けに出た。

ラド「銃爪はおまえが引け」
第六話
孤独に生きてきたニナは、マイスターオトメの生活になじめず、また、セルゲイとのかかわりにも自信を失っていた。
その心の焦りが、新たな危機を呼ぶ。

トモエ「不愉快だわ…」
第七話
自らが招いた取り返しのつかない事態に、ミーヤは心を大きく痛めた。
傷ついたヤヨイも、彼女を思いやる余裕は無い。
傷心と孤独に苛まれたミーヤは、驚くべき行動に出るのだった。

ミーヤ「制服、売るよ!」
第八話
ガルデローベを捨てたアリカの前に、復讐に燃えるニナ・ウォンが現れる。
時を同じく、トモエ・マルグリットは、アリカをおびき出すために、アスワド襲撃を決断するのだった。

トモエ「あの子、許さない!」
第九話
アスワドに帰還したアリカに、ニナとワルキューレ隊の総攻撃が迫る。
力を合わせて戦うアリカたちではあったが、ラドの不在が災いし、かつてない危機を迎えるのだった。

ルーメン「巷に雨の降るごとく」
第十話
その少女は雪に閉ざされた町にいた。
名も無き人々の心の支えとして。
町を守る大いなる力として。
少女の名はアリッサ・クルーガー。
ラドが探し求めていた、マイスターオトメである。

アリッサ「私が金狼の月長石よ」
第十一話
皮肉にも、求めていたオトメ、アリッサはアリカに牙をむいた。
その戦いの裏側で、復讐に燃える者たちが暗躍する。
追い詰められたアリカに、ラドはある決意を固めるのだった。

ラド「何も考えずに走れ!」
第十二話
囚われのマシロを救うため、アリカは単身フォートセバーンに潜入する。
そこで彼女を待っていたのは、かつての戦争が生み出した歪んだ憎悪とアリッサに秘められた驚くべき現実だった。

ジョセフ「私の最高傑作です」
第十三話
アリッサは、真実を知った。
同じ仲間と信じたアリカが、自分とは別の存在である事に。
その驚愕は血塗られた過去への後悔を招く。
アリッサはアリカに戦いを挑む。
己の贖罪を果たすために。

アリッサ「愚かな私を撃って」
第十四話
人ならざる力を求めた者たちが、新たなる戦いを呼び起こした。
フォートセバーンに眠るスレイブ『パトゥーリア』が、15年の時を越えて復活。
アリカとアリッサ、二人の少女に最後の戦いの時が迫る。

アリカ「私の声が聞こえる!?」
第十五話
人は誰でも、帰る場所がある。
何処かで待っている人がいる。
ガルデローベを離れ故郷へ帰ったニナとエルスティンを待っていたのは、いとおしく、そして、切なく悲しい再会であった。

エルスティン「天国なんてあるのかな」
第十六話
マシロ・ヴィントブルームが、新たな未来を予見する。
その言葉に従い、海へと向かうアスワドを待っていたのは、一時の安息と、命懸けの戦い。 そして、心を持った優しい海の住人たちであった。

マシロ「妾も人間だから」
第十七話
禁断の月光は、水平線の彼方に消えた。
その果てに何があるのか。
ラドは、事実を見極めるべく、陸上戦艦アルテミスを出航させる。
だが、そんな彼らを待ち受けていたのは、海の悪魔・ドーザ一味であった。

マシロ「そなた自身が確かめて」
第十八話
その海には、伝説があった。
海が黄金色に染まるその時、この世ならざる少女が現れ、人々を戦いから救うという。 少女の名はレナ・セイヤーズ。
その名は、ラドにとって、思い出深い名前であった。

トモエ「Loreleiの海」
第十九話
永遠の時を生きるオトメ、レナ・セイヤーズを巡り、トモエ一味が動き出す。
彼女はマシロの身に宿り、蒼天の青玉に秘められた、もう一つのシステムを解き放つ。
それは多くの悲劇を生み出した、禁断のシステムであった。

マシロ(レナ)「まるで夢を見ているみたい」
第二十話
人には運命の出会いがある。
補給のために立ち寄ったその島で、マシロは、そんな運命の出会いを果たす。
一時の安らぎと友情を交わしたその相手は、かつて、ヴィントブルームに恨みを抱いていた。

ミミ「……また逢えたね」
第二十一話
アスワドの目的地が、ついに判明する。
その名は、ゾンダーエプタ。
そこは、新しき時代を求める者たちにとって、新たなる力を生み出す聖地であった。
彼女らは、接近するアスワドに対処するために、ある女性を呼び寄せた。

マリア「死んだお姉様の口癖です」
第二十二話
その怪物は、古き時代を生き続け、今、新たな奏者を得て、次なる歴史を紡ごうとしている。
かつて惑星エアルに死をもたらした力を、この時代にも解き放とうとしている。
『ハルモニウム』
それが、その怪物の名前であった。

スミス「15年目の亡霊」
第二十三話
捕らわれの身となったアスワドのメンバーは、明日に希望を求めて行動を開始する。
だが、今日と明日の境目で、マシロ・ヴィントブルームは夢を見た。
それは、未来を暗示する、悲しい夢であった。

マシロ「妾の夢は現実です」
第二十四話
マリアとアリカは、未来を変えるために動き出した。
二人は、形勢を一気に逆転させる為に、蒼天の青玉の奪取を企てる。
レナとマリア、旧世代からアリカへ、蒼天の青玉の真の力が受け継がれる。

アリカ「蒼天の青玉、起動!」
第二十五話
アルタイ新政府の樹立宣言によって、世界各地で紛争が巻き起こる。
アンナンに上陸を果たしたアスワドを待っていたのは、新たなる戦いであった。

アンナン「君たちは希望の星だ」
第二十六話
アスワドの参戦によって敗北したカルデア軍は、新たなる作戦を開始する。
コードネームは『サクリファイス』
『犠牲』を意味するその作戦の中で、アリカは、これまでにない敵と直面するのだった。

ダイン「何も喋るな」
第二十七話
戦争に正義も悪も無い。
ただ互いに正義がぶつかり合い、血を流すだけだ。
ノーザンベルの崩壊によって、民族紛争という新たな問題が浮上する。
アリカ達はまた一つ、凄惨なる現実を目の当たりにする。

アイン「おさらばで御座います」
第二十八話
歴史の大きなうねりの中で、滅び消えゆく者たちがいる。
彼らの流す血が時代を紡ぐというのなら、人の歩みはあまりに愚かだ。
だが、それでも人は、戦い続ける。

アリカ「撃つしかないの!?」
第二十九話
人は誰でも一人では生きて行けない。
世界に目を向けるアリカに対して、マシロは一人寂しさを感じていた。
少女の時代を生きる彼女は、内に秘めたる思いの丈を、まだ、夢の中でしか表せない。

マシロ「妾を見て」
第三十話
たとえ心が通い合っても、手の届かない場所がある。
シアーズ研究所に到達したアリカとマシロ。
二人を引き裂いたその男は、遠き世界からの使者でもあった。

マシロ「もう逢えない気がして」
第三十一話
想いの強さは、時として不可能を可能にする。
マシロを失ったアリカは、ただひたすらに再会を信じて、ジパングへと旅立ちを決意する。
仲間達の協力を得て、ついにアリカは天空へと舞う。

ラド「飛べ、アリカ!!」
第三十二話
ジパングに着いたアリカを待っていたのは、新たなる出会いであった。
かつての戦争を戦い抜いたその女性は、アリカにとっても、会うべくして会うものだった。
だが、アリカを待っていたのは、その女性だけではなかった。

舞衣「あれはミドリちゃん!」
第三十三話
アリカを救った少女の名は、ミドリ。
彼女は、アリカを反政府組織へと導く。
だが、ナギ・ダイ・アルタイ陛下は彼女らを抹殺すべく、新たな作戦を開始する。
その戦火の中で、アリカは運命の出会いを果たすのだった。

アリカ「どうして私を知っているの!?」
第三十四話
アルタイ軍の切り札、『ダリア作戦』がついに決行される。
禁断の力、ハルモニウムがいよいよ起動する。
そんな中、マシロの救出を求めるアリカとミドリは、『ダリア作戦』に正面から戦いを挑むのだった。

アリカ「媛星が見えた!」
第三十五話
トモエとアリカ。
宿命の戦いがエアリーズを舞台に繰り広げられる。
一方ヴィントブルームでは、新アルタイ政府によって拘束されていたガルデローベのオトメ達の前に、かつて心を通わせたあの少女がやってくる。

ナツキ「希望の灯は消さない」
第三十六話
ジョン・スミスの下を逃れたアリカ達は、ワルキューレ隊によって執拗な追跡を受けることとなる。
迎え撃つアリカは初めて、トモエの心の裏側に潜む邪悪な信念を垣間見るのだった。

ナギ「僕らが求めた戦争だ」
第三十七話
戦争を求めるナギの暗躍によって、新アルタイ政府が動き出した。
ルーテシア軍とフロリンス軍もそれに呼応し、武力衝突は時間の問題となる。
戦争という悲しい未来が迫る中、マシロは世界の根源に心を通わせる。

ハルカ「超弩級潜砂空母スズシロ発進せよ」
第三十八話
超弩級潜砂空母スズシロは、ヴィントブルームへと向かう。
そこは、新政府と解放軍が激突する戦場。
オトメの力の源。
そして、オトメの謎が秘められた霊廟のある場所。

ミコト「私はミコト……かつてHiMEと呼ばれた者」
第三十九話
15年前、私達はその戦争を体験した。
HiMEという存在に触れた。
そして大人になった今、私達はもう一度、それを見つめ直そう。
次の世代へ、次の時代を託す為にも。

「私の夢はここにある」