絶倫男に恋の願いを!?
2006年7月2日号




  6月頭、ピソを探しつつ、文化・伝統という言葉を聞くと黙っていられない私はついつい魔が差して勉強をさぼってプリンシペ・ピオに行ってきた。
 このプリンシペ・ピオには大きなショッピングモールがあり、そこには私の大好きなパン屋さんのPAULとやはり大好きな映画館、ワーナーブラザーズスタジオがある。ほとんど毎日ここに行ってコーヒーを飲むことにしている私はこのショッピングセンターで働く人の顔なじみである。

 そしてもう一つ、このプリンシペ・ピオにはもう一つ大切なものがある。エルミータ・デ・サン・アントンがそれである。

 天井画にそれはそれは見事なゴジャの作品を持つこの寺院はその作者であるゴジャ自身が眠っている場所でもある。
 少し話がそれるがこのゴジャの遺体は実は首がないことでも知られている。

 話は1808年、フランスのナポレオンがスペインに侵攻してきて始まる。フランスの侵攻に対抗して始まったスペイン独立戦争では、マドリー市民はナポレオンにいいように操られ、王権を奪われたカルロス4世の息子であるフェリペ7世に全ての思いを掛けた。ナポレオンを追い出し、フェリペ7世に戻ってきてもらい、自由主義国家を作ろう!こうしてスペイン独立戦争が幕を開けた。
 ナポレオンは最終的にロシア侵攻でドジを踏んだ影響でスペインから撤退を決める。そしていよいよ復帰したフェリペ7世は自由主義者に約束していた自由国家の設立の約束を反故にして自由主義者を弾圧し始める。こうしてゴジャはスペインに落胆し、フランスはボルドーへの亡命を決めるのである。

 こうしてフランスに亡命したゴヤは彼の地で息を引き取る。そのうちにスペインに返すことを前提に一時的にゴジャの遺体はフランスに埋められた。だがいよいよゴジャの遺体をフランスからスペインに返す段になって棺桶を開けてみると・・・、
 なんとゴジャの遺体から首が消えていたのである。  当時はやっていた骨相学なる怪しい学問の学者がゴジャの骨から天才の構造が分かるかもしれない、と骨を盗んだというのが通説的な見解だが確証を得るには至っていない。

 というわけでとにもかくにも遺体は首のないままスペインに帰国を果たし、その遺体が安置されたのがエルミータ・デ・サン・アントンというわけだ。

 だがここはもう一つの行事で知られているところでもある。それが恋人探しの行事である。
 これを時間があればちゃんと調べてここに載せられるのだが、何せ今は忙しい。ということで今回はどのようにやるかだけ、報告しておこう。
 とにもかくにもこのサン・アントニオさんは恋愛に何か関係があるのであろう。昔からここは女の子の恋人探しの伝統で有名なのだ。

 このエルミータの庭にある小さな噴水のような何とも表現しがたいものの中に縫い針を大量に入れる。その縫い針の山の中に手のひらを入れて、その手のひらに刺さった数だけその年に恋人が持てるというものだ。決して“拾えた”針の数ではなく、手のひらに刺さった針の数であることに注意しよう。

 もちろん今となってはこれを本気でやっている人などはいないだろうが、伝統行事、どう見てもおまえさん今年1年生きていけるかどうかも分からないだろう、と言うやつまでも針で遊んでいる。

 それにしても変な場所にあるものだな、と思う。実はフランシスコ・デ・ゴジャは希代の女狂いであったのだ。ホセーファと言うできた妻を持ちながら愛人を作りまくり、終りには自分は梅毒にかかってしまう。その影響であろう、ホセーファに20人ほどの子供をはらませて、まともに育った子供はわずかに1人であった。そんな希代の女狂いのゴジャが眠っているところで恋人作りの伝統行事が行われているのである。

 晩年、大病で耳を失ったゴジャは性格が根本的に変わり、傲慢だった頃を振り返り、「我が子を食らうサルトュヌス」と言う絵を自分のシンボルとして描く(堀田善衛「ゴジャ」より)。
 そんな男の眠るところで恋人を探したらどんな男が捕まるのか?

 それともこんな男の眠るところだからこそ、男が好きなだけ漁れるようにみんな願うのかな?だいたいがだ、針の刺さった数だけ恋人が出来るなんておかしいじゃないか?なんで本命の人と恋に落ちれる、なんて話じゃないんだ?

 そんなことを考えつつ、男の子用の恋人探しの伝統がないかどうかを調べている私がいるのである。


                         次号へ



 写真1 エルミ−タ・デ・サン・アントニオ
 プリンシペ・ピオと呼ばれる場所にあります。ここからは、王宮とその隣のカテドラルを臨むことができます。
 
 写真2 ゴヤの銅像
 彼は、今での自分の首を恋しく思っているのでしょうか・・・?
 エルミータと道路を挟んで向かい側、エルミータをにらむように位置しています。
 写真3 お祭りに配られる針袋
 比較に用いたのは日本の切符と同サイズの定期券。小さいので保管に気を使います
 写真4 針を器状のものの中に広げて・・・
 写真5 さあ、いくつ手のひらに刺さるでしょうか?
 刺さった数だけ恋人を持てます。痛さを耐える甲斐あり?
 写真6 サン・アントニオさん


年代別目次へ

テーマ別目次へ