ホームへ電動車椅子サッカーとはスケジュール試合日程・結果プロフィールアクセス募集掲示板お問合せ
トップページ > 電動車椅子サッカー > 歴史
電動車椅子サッカー
電動車椅子サッカーとは
歴史
競技規則
電動車椅子サッカーについて
■電動車椅子サッカーの歴史
1982年   アメリカやカナダなどで行われていた「パワーサッカー」をヒントに、大阪市長居障害者スポーツセンターにおいて、現連盟顧問・山下義則氏によって「電動車椅子サッカー」が考案され、そして秋、「電動車椅子サッカー同好会」を発足。
1989年   現連盟顧問・辰巳晃一氏によって愛知県名古屋でチームを発足。
1991年  4月 名古屋において、大阪・名古屋チームで初の交流試合を行う。
以後、毎年春と秋に定期大会として第10回まで続ける。
その間、東京に2チーム、横浜、埼玉、奈良とチームが発足。
※この間に辰巳氏が現サッカーボールをパキスタンより購入。
チーム普及に大きな要因となる。
1995年  6月 第1回電動車椅子サッカー全国大会 in 名古屋」を開催。
   9月 「電動車椅子サッカー連絡会」を発足。(登録8チーム)
1996年   「日本電動車椅子サッカー連絡会」と改名。(登録16チーム)
    日本身体障害者スポーツ協会のオブザーバー登録団体として加盟。
   6月 「第2回電動車椅子サッカー全国大会 名古屋大会」を開催。
1997年  5月 「第3回日本電動車椅子サッカー選手権大阪大会」を開催。
   9月 「日本電動車椅子サッカー連盟」と改名。(登録20チーム)
1998年  4月 全国ブロック化を開始。行政8区分とする。(登録29チーム)
   8月 「第4回日本電動車椅子サッカー選手権横浜大会」を開催。
   9月 日本サッカー協会Jリーグとの懇談会。
1999年  8月 「日本電動車椅子サッカー全国ブロック対抗トーナメント大会」を開催。
  11月 「第5回日本電動車椅子サッカー選手権熊本大会」を開催。
  12月 スズキ株式会社との懇談会。今後の電動車椅子開発に向けて要望提出。
(登録36チーム)
2000年 11月 「第6回日本電動車椅子サッカー選手権大阪大会」を開催。
(登録41チーム)
2001年  8月 「第2回日本電動車椅子サッカーブロック選抜大会」を開催。
  10月 イギリスにおいて「Japan2001電動車椅子サッカー体験・交流ツアー」を実施。
  11月 「第7回日本電動車椅子サッカー選手権名古屋大会」を開催。
(登録43チーム)
2002年  8月 「第3回日本電動車椅子サッカーブロック選抜大会」を開催。
  10月 横浜にて「第8回日本電動車椅子サッカー選手権大会」を開催。
(登録48チーム)
2003年  8月 大阪にて「第4回日本電動車椅子サッカーブロック選抜大会」を開催。
  10月 大阪にて「第9回日本電動車椅子サッカー選手権大会」を開催。
2004年  4月 「日本電動車椅子サッカー協会」と改名。
   8月 横浜にて「第5回日本電動車椅子サッカーブロック選抜大会」を開催。
  10月 名古屋にて「第10回日本電動車椅子サッカー選手権大会」を開催。
2005年  8月 岡山にて「第6回日本電動車椅子サッカーブロック選抜大会」を開催。
   9月 横浜にて「第11回日本電動車椅子サッカー選手権大会」を開催。
  10月 東京において「第1回電動車椅子サッカー日本・韓国親善試合」を開催。
2006年  7月 アメリカにて「パワーチェアフットボール プレ世界大会」を開催。
   8月 大阪にて「第7回日本電動車椅子サッカーブロック選抜大会」を開催。
  10月 富山にて「第12回日本電動車椅子サッカー選手権大会」を開催。
 

▲ページトップ

このサイトはInternet Explorer5.0以降、Netscape Navigator6.0以降でご覧になる事をお勧めいたします。
インターネットエクスプローラー ネットスケープナビゲーター
本サイトのデータを無断使用することを禁止します。