MACHINE GUN ETIQUETTE

DAMNED / MACHINE GUN ETIQUETTE  vinyl LP album  SP18-5167  jacket - front
1982*japan*LP*(SP18-5167)


SIDE-A
01. LOVE SONG
02. MACHINE GUN ETIQUETTE
03. I JUST CAN'T BE HAPPY TODAY
04. MELODY LEE
05. ANTI POPE
06. THESE HANDS


SIDE-B
01. PLAN 9 CHANNEL 7
02. NOISE NOISE NOISE
03. LOOKING AT YOU
04. LIAR
05. SAMSH IT UP (Parts 1)
06. SAMSH IT UP (Parts 2)



ロンドン・パンク初のレコードとなった1stアルバム『
DAMNED DAMNED DAMNED 』は衝動を掻き立てられ衝撃的に迎えられた金字塔的作品となった。 しかし、前作から僅か9ヶ月でリリースされた2ndアルバム『MUSIC FOR PLEASURE 』がセールス的に振るわずメンバーの脱退や不和により78年に呆気なく解散してしまう。 ところがリユニオンギグを挟みその年の末に再結成。 ディヴ・ヴァニアン、ラット・スキャビーズにキャプテン・センシブルがベースからギターにチェンジ、ベースにアルジー・ワード (後にTANK を結成) が加わった新生DAMNED は79年4月に”LOVE SONG / SUICIDE / NOISE NOISE NOISE” (正式リリースを前にB面に”BURGLAR”を配したものが79年1月のロンドンでのライブで無料配布されている〜デモ・ヴァージョン〜) をリリース。 全英20位を記録したそれは加速度を増幅させる荒々しいベースから始まるヘヴィ&ワイルド&ファストにキャッチィさが同居した屈指の代表曲となった。
スティッフ・レコードを離れインディーズ・レーベル”チズウィック”のもとでもともとシングルのみの契約にオプションでアルバムの契約が含まれていた当時の彼らの立場であったが
”LOVE SONG”のヒット(全英20位)を受け立て続けに”SMASH IT UP / BURGLAR”(全英35位)、”I JUST CAN'T BE HAPPY TODAY / BALLROOM BLITZ 〜BASS by LEMMY (MOTORHEAD)〜/ TURKEY SONG”(全英46位)とリリース。 そしてスピーディ&アグレッションに加え更なる音楽的なヴァラエティを垣間見せた3rdアルバム『MACHINE GUN ETIQUETTE 』(全英31位)への完成へと至った。


ドライヴ感あるアグレッシブなロック・チューンから
”SMASH IT UP”のようなキーボードを導入した柔軟なアプローチを見せるなど音楽的幅広さ、緩急を付けた楽曲が並ぶ。
”LOOKING AT YOU”はパンクの礎となった爆走バンドMC5 の曲をカヴァー。
洒落っ気の利いた彼ららしく「Ladies and gentlemen how do」 (”皆さんご機嫌いかが”) と再デビューらしいスタートを切る
”LOVE SONG”を収録しているだけでこのアルバムを不朽の傑作に仕立て上げている。 重くメタリックな疾走感ある”LOVE SONG”のサウンドは79年という時代背景を考えればその後のハードコア・パンク、クロスオーヴァー・シーンへの影響を少なからず感じずにはいられない。 僅か2分だけの最高級の快楽に浸る。

DAMNED / LOVE SONG 7" singles jacket - front DAMNED / SMASH IT UP 7" singles jacket - front DAMNED / I JUST CAN'T BE HAPPY TODAY 7" singles jacket - front

UPDATE 2006.10

INDEX

DISCOGRAPHY OF DAMNED

HOME