超パソコン入門 ホーム > トラブル対処法
リンク
超パソコン入門 Homeへ 詳細メニュー このサイトについて このサイトの掲示板へ サイトマップ PCブログ「パソパソしましょ!」へ フリー素材リンク集 パソコン便利リンク集
トラブル対処法
パソコンのトラブルに関する関するページです。困った〜???
下のメニューから閲覧したい項目をクリックしてください
メニュー
 
ちょっと困ったときのおすすめサイト インターネットの接続が不安定
フリーズ対処法 ホームページ・メールの文字化けを直す
パソコンが起動しない、どうしたらいいの? トラブル対処法をインターネットで検索する
パソコンの起動が遅い フォントやアイコンの表示がおかしくなった
ウィンドウを開いたりソフトが起動するのが遅い
文字が小さくて見にくいときは、閲覧ソフト「インターネット・エクスプローラー」の場合
画面上の「表示」メニューから「文字のサイズ」の中の「最大」をクリックすると文字が大きく表示されます

ちょっと困ったときのおすすめサイト

デスクトップにあったマイコンピュータアイコンがなくなった?とかちょっとした困ったについては、ページを準備中ですが、いつになるか分からないので、こちらのサイトをおすすめします
「丸投げかよ?!」 「まあ〜そうとも言います・・・」(^^ゞ
趣味のパソコン → パソコンで困ったときのページ

フリーズ対処法

パソコンを使っていると、突然フリーズ!マウスは全然動かないし、どうしようもなくなってしまう・・・な〜んてことありませんか?あなた自身もフリーズしたりして・・・どうしますか?
■ Ctrl キー + Alt キー + Delete キー
<Windows XP の場合>
Ctrl キー + Alt キー + Delete キー この3つのキーを順番に押します
左手で   Ctrl キー + Alt キー  右手で   Delete キー
     下向き矢印
<「タスクマネージャー」が表示>

起動していたソフトをクリックして選択する
     下向き矢印
「タスクの終了」をクリック

タスクマネージャー画面の図

     下向き矢印
「タスクマネージャー」を × ボタンで閉じる
なにか他の画面が表示されたら、「プログラムの終了」などをクリック
     下向き矢印
念のため、パソコンを再起動する
<再起動:「スタート」→「終了オプション」→「再起動」をクリック>
     下向き矢印
再起動する
●  「ワード」ソフトなどを使っていた場合

ソフトを起動する
     下向き矢印
「修復されたファイル」として開く
     下向き矢印
左の細長いウィンドウ下にある「保存する」をクリックして保存する
<Windows 98・Me の場合>
Ctrl キー + Alt キー + Delete キー
上の3つのキーを順番に押す

左手で   Ctrl キー + Alt キー  右手で   Delete キー
     下向き矢印
一覧表示の項目の中で (応答なし) と表示されているアプリケーションやフォルダ等をクリックして選択
(↓↑キーで移動可能)

プログラムの強制終了
例えば、    Microsoft Word   (応答なし)

     下向き矢印
「終了()」を実行するので、 Eキー を押す
※ この場合、選択したアプリケーション上で保存していないデータはすべて失われてしまいます
マウスカーソルも動かなくなってしまった時は、キーボードの矢印キー →↓←↑ と Enter キー  ( )内に書いてあるアルファベットキーを押して実行します
     下向き矢印
<なお、(応答なし)と表示されているアプリケーションやフォルダ等が複数ある場合は、同操作を繰り返し行います>
     下向き矢印
「プログラムの終了」画面が表示されたら、「すぐに終了」を実行する

「キャンセル」 が選択されていたら ←キ ーで 「すぐに終了」 へ移動して Enter キーを押す
      下向き矢印
プログラムの終了画面の図

<終了させるようにしましょう>

フリーズした場合は必ずパソコンを再起動する
     下向き矢印
<再起動:「スタート」→「終了オプション」→「再起動」をクリック>
     下向き矢印
再起動したら、先ほど使っていたソフトをスタートボタンから起動させる
     下向き矢印
「ワード」の場合など
運がよければ、「修復されたファイル」として開きますので、保存しましょう

■ 青い画面に白文字のエラーメッセージ
通称「ブルースクリーン」、これが表示される事があります
この種のエラーは対処が困難で、深刻な場合があります
表示された画面の指示に従って再起動したり、電源を落とすしかない場合もあります
ただし、再起動したらパソコンのチェックを行い、またこの画面が表示されるようでしたら「システムの復元」などを行いましょう
パソコンのチェック方法 → 「パソコンをチェックして整理整頓をしよう!」の「スキャンディスク(チェックディスク)」項目を参照
■ 最終手段
なにをやってもダメなら、仕方ありません、強制終了を行います
電源ボタンを電源が落ちるまで、長く押してください(あるいはコンセントを抜く)
でも、そんなに簡単にはパソコンは壊れませんので、ムリかもしれませんが、フリーズしてもむやみにあわてないでくださいね〜♪
深呼吸!深呼吸!フリーズを経験することによって、ひとつ前進したと思ってください
フリーズを経験したことのないパソコンユーザーがいたら、お目にかかってみたいです〜それはまるで生きた化石シーラカンスかも?

このページのトップへ


パソコンが起動しない

考えただけでも、ゾッとしますが、電源ボタンを押してもパソコンが起動しない、黒い画面のままカーソルが点滅?どうします?
ただし以下の方法で起動したらといって、安心してはいけません、間に合わせ、ただ起動しただけです
起動しなかったのは (フロッピィが入っていた以外は) 必ず原因があり、そのまま使うのはあまり賢い選択とはいえません
原因が分からないのは仕方ありませんが、せめてパソコンのお掃除をして、正常な状態に戻す努力を行いましょう
ただし機械(ハードディスクなど)自体が壊れている場合もありますので、その場合は専門の方にお任せしましょう
参考ページ →  「どうしてパソコンを掃除するの?」
■ プロッピィドライブ搭載のパソコンの場合
フロッピィが入ったままになっていませんか?フロッピィが入ったままになっていると、壊れたわけではないのですが、パソコンは起動しません
フロッピィを抜いて、電源ボタンを押して、電源を切って、もう一度起動させてみましょう
あるいは画面に英語で「何かボタンを押してください」と表示されていたら、どのキーでもいいから押す
■ 「セーフモード」で起動させる
◆ セーフモードとは?
Safe mode 最低限の機能だけを働かしてパソコンを起動する方法
デスクトップのアイコンが大きくて、画質も荒い感じで立ち上がり、マウスが使えなかったりします(USB接続の場合)
キーボードで操作したり、ノートパソコンの場合、タッチパッド(キーボードの手前にある凹んだ小さな板)で操作をおこないます
選択項目を移動させるときは、キーボード右下にあるの → ← ↑ ↓キーで移動させましょう
実行させるときは項目を選択して Enterキー を押します
◆ どういうときにセーフモードで起動するの?
通常の起動が行われないときなどに、セーフモードで立ち上げて対処したり、デフラグ (最適化) がいつまでたっても終わらないとき、セーフモードで起動させて行います
※ セーフモードでは常駐ソフトが起動しません
常駐ソフトが起動していることで、デフラグが正常に終らないことがあります
◆ セーフモードで起動させる方法
パソコンの電源ボタンを押したら、「F8」 (または「Ctrlキー」) を何回か押す
     下向き矢印
<黒い画面が表示>
     下向き矢印
起動メニューの Safe Mode を選択
     下向き矢印
「Enterキー」を押す
■ 「システムの復元」をする
◆ システムの復元とは?
Windowsがトラブルなどで不安定になったとき正常に起動したシステムの状態に戻して起動を可能にする機能
<Windows ME・XPのみ>
1. まず上項目「セーフモード」でパソコンを起動させてから行います
     下向き矢印
「セーフモード」で立ち上げたとき「Windows はセーフモードで実行されています。」と表示されたら
    ↓
“[システムの復元]を使ってコンピュータを以前の状態に復元する場合は「いいえ」” を実行します
    ↓
下図のように、「はい」が選択されていたら → キー で「いいえ」に移動し Enter キー を押す
    ↓
下記の 3. へ
セーフモードで実行されています画面の図
2. 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」「システムツール」「システムの復元」をクリック
マウスが使えない場合
Windowsの旗マークキーを押す→Pキーを押す→あとは矢印キーで移動していき、「システムの復元」が選択されたら Enterキー を押します

スタートボタンをクリックの図

     下向き矢印
3. <システムの復元画面が表示される>
     下向き矢印
4. 「コンピュータを以前の状態に復元する」の先頭にクリックしてチェックを入れる
     下向き矢印
5. 右下の「次へ」をクリック

システムの復元の開始画面の図
     下向き矢印
6. 以前ちゃんと起動した日が太字になっていますので、その復元ポイントとなる太字の日付を選択して、「次へ」をクリック

復元ポイント選択画面の図

     下向き矢印
7. 内容を読んで「次へ」をクリック

復元ポイント選択の確認画面の図

     下向き矢印
8. システムの復元が始まる
時間が少しかかりますがパソコンの指示通りに行うと、最後にはパソコンが普通どおりに起動するはずですが、それでも起動しない場合は、もう一度他の日付を選んで「システムの復元」を行います
注1.)
システムの復元はシステムを元の状態に戻しますが、自分が保存した文書や画像データなどはそのままで、なくなることはありません
ただし、選択した日付以降にインストールしたソフトウェア・デバイスドライバ・ソフトウェアの更新などはなくなります (まずパソコンが起動することが重要なので、インストールしなおしてください)
それでも起動しない場合は、ご愁傷さまです「再インストール」を考えましょう
注2.)
Windows Meは「システムの復元」がうまく行かない場合があります
その場合は、下記の「レジストリの復元」を試してみましょう
このページのトップへ
■ レジストリの復元
レジストリとは?
レジストリとは、パソコンを動作させるために必要である重要なファイルの 1 つで、Windows やその他のソフトウェアを動作させるために必要な設定が保存されています
レジストリの内容を不用意に変更すると、パソコンが正常に動作しなくなる可能性があるため、通常はこのファイルの内容を表示したり、編集したりすることはありません
今は通常な状態ではないのでこのレジストリを利用します
Windowsは毎日1回その日最初の起動時に、レジストリのバックアップを作成・保存します
今日になって急に起動しなくなった場合、保存していたレジストリを復元して前の状態に戻して最悪の事態も復旧させることができます
◆ Windows 98
パソコンの電源ボタンを押したら「Ctrlキー」 (または「F8」) を何回か押す
     下向き矢印
<黒い画面が表示>
     下向き矢印
起動メニューの Command Prompt Only を選択
     下向き矢印
「Enterキー」を押す
     下向き矢印
<MS-DOSモードが表示される>
     下向き矢印
黒い画面に白い文字で C:\ WINDOOWS> と表示
     下向き矢印
そのあとに続いて「scanreg(半角スペース)/restore」と半角英数で入力
     下向き矢印
「Enterキー」を押す
     下向き矢印
バックアップファイルのリストが表示

レジストリチェッカの図

     下向き矢印
「起動済み」のファイルを選択し、<復元>を選択
     下向き矢印
「Enterキー」を押す
     下向き矢印
<再起動>を選択

再起動の図

     下向き矢印
「Enterキー」を押して、再起動する
(完了)

それでも起動しない場合は、ご愁傷さまです、「再インストール」を考えましょう
◆ Windows Me
まず「セーフモード」でパソコンを起動させます

パソコンの電源ボタンを押したら、「F8」 
(または「Ctrlキー」) を何回か押す
     下向き矢印
<黒い画面が表示>
     下向き矢印
起動メニューの Safe Mode を選択
     下向き矢印
「Enterキー」を押す
     下向き矢印
「セーフモード」で起動します
     下向き矢印
「スタート」ボタンから「ファイル名を指定して実行」をクリック

スタートボタンからファイル名を指定して実行の図

     下向き矢印
<「ファイル名を指定して実行」画面が表示>
     下向き矢印
「名前」の欄に「scanreg(半角スペース)/restore」と半角英数で入力
     下向き矢印
「OK」をクリック

ファイル名を指定して実行画面の図

     下向き矢印
バックアップファイルのリストが表示
     下向き矢印
「起動済み」のファイルを選択
     下向き矢印
「OK」をクリック
     下向き矢印

パソコンが正常に起動したら、必ず再起動する

それでも起動しない場合は、ご愁傷さまです、「再インストール」を考えましょう
■ 最終手段 「パソコンの再インストール」
パソコンを買ったときの状態に戻します
パソコン内にあるすべてのデータはなくなります、あなたが作成したワードの文書、デジカメ画像、友人から届いたメールなどもすべてです
再インストールの詳しい手順はお手持ちのパソコン付属のマニュアル本に詳しく書いてあります
機種によって異なりますので、マニュアル本にある「再インストール」項目を必ず参考にして、同じく購入時に用意してある「バックアップCD」を利用して行います
◆ バックアップCD <リカバリーCD >
メーカーによっては「リカバリーCD」と呼ぶところもあります
プリインストール(利用者の便宜を図り人気ソフトや周辺機器などを組み込んだ状態)のパソコンではOSのウィンドウズのほか、さまざまなアプリケーションソフトを本体にインストール済みの形で提供しています
それらのOS (基本ソフト) とアプリケーションすべてを含むソフトを、パソコン購入時と同じ状態に戻すときに使うのがリカバリーCDです
このCDのなかにはプリインストールされているすべてのソフトのデータが記録されていて、簡単にハードディスクの内容を購入時の状態に戻すことができます
最近では、このバックアップCDの内容がCDとして付属されず、パソコン内にデータとして付属されているパソコンもあります
このようなパソコンの多くは、リカバリーデータをCDやDVDに書き出す機能を備えています
手元にあるパソコンの説明書などにもその方法は書いてあるはずなので、必ず、事前にリカバリーディスクを作成しておきましょう!
◆ データのバックアップ
パソコンがおかしくなっても困らないよう、前もって、パソコン内のデータ (デジカメ画像やワードファイルなど) の外部メディア (USBメモリやCDディスク) へのバックアップ(コピー)、メールのアカウント、アドレス帳のバックアップ (コピー) などは行っておきましょう
パソコンがおかしくなったときにあわててもダメ!!!どんなに「カムバッ〜〜〜ク!!」 と叫んでも、データはもう取り戻せません
このページのトップへ

パソコンが起動するのが遅い

パソコンの電源を入れて、起動するまでに時間がかかってしまう・・・普通は1、2分
■ デスクトップのお掃除
考えられる原因は・・・デスクトップの半分ぐらいいっぱいアイコンが並んでいませんか?
アイコンが並ぶのは、左一列ぐらいがベストです
◆ 使わないソフトのショートカットアイコンを削除する
ショートカットアイコンの図

ショートカットアイコンの削除の仕方
「デスクトップの大掃除をしよう!」ページの「デスクトップにあるショートカットの削除」項目を参照してください
ショートカットアイコンの意味が分からない
「パソコンを理解しよう!」ページの「ショートカットアイコンとは?」項目を参照してください
◆ デスクトップ上その他のファイルを整理する
たくさんのファイルがそのまま並べてある場合は、フォルダをひとつ作成して、そのなかに移動させましょう
フォルダの作成とファイルの移動の方法が分からない
「知っておくと便利なパソコン操作」ページの「新規フォルダの作成」「ファイル・フォルダの移動」項目を参照してください
下記項目「ウィンドウが開くのやソフトの起動が遅い」も参照してください
◆ 常駐ソフトを削除する
常駐ソフトは、パソコンが起動している間、ずっと働き続けているソフトです

あなたが起動しなくても勝手に動作します

例えば、「ウィルス対策ソフト」などです

「ウィルス対策ソフト」のように不可欠な常駐ソフトもありますが、必要性の低いものは常駐させないようにすることもできます
「パソコンを気持ちよく使うコツ」ページの「常駐ソフトを減らす」項目を参照してください

ウィンドウが開くのやソフトの起動が遅い

普通は数秒で開くところが、30秒以上からもっとかかる・・・何をしても遅い・・・

これは正常な状態ではありません
■ プログラムの追加と削除
考えられる、よくある原因の一つは・・・

ウィルス対策ソフトが2つインストールされていませんか?

ウィルス対策ソフトが元々パソコンに入っていたのに、買ってきてもうひとつウィルスソフトをそのまま何も (元々組み込まれていたソフトを削除) せずにインストールしてしまった

もしそうであるなら、元々組み込まれていたウィルス対策ソフトを削除しなくてはいけません
◆ ソフトウェアの削除の仕方
「ハードディスクの大掃除をしよう!」「プログラム(ソフト)の追加と削除<大型ゴミを捨てる>」項目を参照してください
◆ セキュリティソフトのスケジューラーを確認する
ウィルスソフトなどでパソコン全体のスキャンが定期的に行う設定になっている場合などに、自動でバックグラウンドでずーとスキャンしているとパソコンの動作が極端に遅くなる場合があります

その場合は、ウィルスソフトを起動させて、スケジューラーの設定を外し、手動で定期的にスキャンするようにしましょう
◆ その他の原因
パソコンに搭載してあるメモリが少なかったり、CPUの速度が遅い、ハードディスクが一杯になっている、断片化を起こしているなどさまざまな原因が考えられます

これらの原因を解消するには、メモリは物理的に増やし、ハードディスクの要らないファイルは削除し、デフラグを行うなどをします
「パソコンをチェックして整理整頓をしよう!」ページを参照してください
あるいはレジストリの肥大がパソコンを圧迫しているかもしれません
レジストリとは?
レジストリは自分で削除するのは難しいので、Windowsのツールでレジストリを最適化したり、レジストリをクリーンアップしてくれるフリーソフトもありますので、インストールして利用するのがよいでしょう
Windows高速化の道 → Windows Live OneCare PC セーフティでレジストリを最適化する
レジストリダウンロード案内サイト → フリーソフト レジストリー
このページのトップへ

インターネットの接続が不安定

インターネットをしているときにページが表示されるのを遅く感じたり、メールの送受信の途中で接続が切れたりすることありませんか?そんなときにはこんな方法を試してみてください
■ インターネット・エクスプローラーの一時ファイルを削除する
ホームページを表示させるのに便利な一時ファイルのキャッシュと呼ばれているファイルを削除して、ページが表示されるのがなんだか遅いな〜と感じている場合などは、行ってみてください

定期的に行うのもおすすめです
一時ファイルの削除 → インターネット一時ファイルの削除
■ ルーターあるいはモデムの電源をいったん切る
さまざまな要因が考えられますが、まずそんなときにはルーターあるいはモデムの電源を切って、リフレッシュさせましょう
ルーター インターネットに接続するための通信機器です
ルーターの図
モデム アナログ信号をデジタル信号に変えてパソコンへ送ったり、逆にデジタル信号をアナログ信号に変えて電話回線へ送る通信機器です
ルーターとモデムが一緒になっているものもあります
■ 重複しているファイアー・ウォール機能を切る
ファイアーウォールとは?
外部からの不正な通信の進入を遮断する機能です
最近は、ルーター、WindowsXPにそれぞれに機能として付いていて、場合によってはセキュリティ対策ソフトにもファイアーウォール機能が付いているものもあります

それがかち合って、接続が不安定になることがあるようです

セキュリティソフトあるいはWindowsXPのファイアーウォール機能を切って、接続を安定させます

セキュリティソフトにもファイアーウォール機能が付いている場合、どちらを切るかは自己の判断に任せます
◆ セキュリティ<ウィルス>ソフトのファイアーウォール機能を切る
セキュリティソフトを起動させる
     下向き矢印
「スタート」→「すべてのプログラム」→例えば、「ウィルスバスター」または「アンチウィルス」「インターネットセキュリティスィート」などをクリック
     下向き矢印
ソフトが起動します
     下向き矢印
「ファイアーウォール」項目を「無効」にして、「OK」をクリックします
◆WindowsXP のファイアーウォール機能を切る
「スタート」→「コントロールパネル」をクリック
     下向き矢印

スタートボタンからコントロールパネルの図

「セキュリティセンター」をクリック
     下向き矢印

コントロールパネル画面の図

     下向き矢印
「Windowsファイアーウォール」をクリック

セキュリティセンター画面の図

     下向き矢印
「無効」をクリック
     下向き矢印
「OK」をクリックして閉じます


Windowsファイアーウォール画面の図

開いているウィンドウは × ボタンをクリックして全部閉じます

ホームページやメールの文字化け

ホームページやメールを開くと思わず「なんじゃこりゃ〜!」(松田優作風)となったら・・・(下の図A参照)
日本語のはずのホームページやメールを見ていたら、なんだか訳の分らない、全く意味のない文字列の表示になってしまったときの直し方です
文字コードの自動認識がうまくいかなかったようです
■ 文字化けした表示を直す
◆ インターネット・エクスプローラの場合
「表示」メニューから→「エンコード」→「日本語(自動選択)」をクリック
表示メニューからエンコードの図
それでもうまくいかないときは、「日本語(シフトJIS)」や「日本語(EUC)」をクリックする
◆ アウトルックエクスプレスの場合
文字化けしている受信メールを開く

「表示」メニューから→「エンコード」→「その他」→「日本語(自動選択)」をクリック
図A
表示メニューからエンコードからその他の図
「文字化け」とは?
文字が、わけの分らない、意味不明な記号に置き換わってしまうことを言います

トラブル対処法をインターネットで検索する

このページには簡単なトラブル対処しか掲載していませんが、パソコンではあらゆるトラブルと遭遇してしまいます
その対処法をインターネットで見つけることができます
■ トラブルの事象を直接キーワードとして入力する
例えば、ワードをしていて、図形描画ツールバーが表示されなくなった場合
Yahoo!やGoogleのホームページを開き、キーワードを入力するところへ、
ワード 図形描画ツールバー 表示
などと具体的に語句の間に空白<スペース>を入れて、検索します
もし、何もヒットしなかったら、他の語句に置きかえたり、語句の順番も重要になってきますので、いろいろと試行錯誤してみましょう
エラー表示が出た場合は、エラー表示の文言を全文でなくても構いませんので、最初の部分をそのままキーワードとして入力します
ヒットしたサイトの説明文から、一致していそうな内容のサイトを開いてみます
この方法でトラブル対処法をネットから見つけることができます
最初はうまく行かないかもしれませんが、数をこなすとコツが分かってきます
ぜひトライしてみてください!!!

フォントやアイコンの表示がおかしくなった

Windowsを長く使っていると、たまにデスクトップのアイコンが正常な表示をしなくなったり、フォントが化けたような状態になってしまうことがあります
これは、Windows のアイコンやフォント情報を一時的に記録しているキャッシュファイルが破損しているためです
次の手順に従って、キャッシュファイルを削除してから再起動させます
再起動するとキャッシュファイルが自動的に再構築され表示が元に戻り、不具合が解消されます
1.どのフォルダでも良いので、フォルダを開く
2. 「表示」(または 「ツール」)メニューから「フォルダオプション」をクリック
<フォルダオプション画面が表示されます>
3. 「表示」タブをクリック
4. 詳細設定で「すべてのファイルを表示する」にチェックして「OK」をクリック
5. パソコンを再起動して、起動したら F8キー を何回か押して、まずはWindowsをセーフモードで起動
再起動の仕方 「スタート」ボタンをクリック→「終了オプション」をクリック→「再起動」をクリック
参考サイト → マイクロソフト「セーフモードの起動のさせ方」を参照してください
6. エクスプローラを起動
デスクトップの「マイコンピュータ」を右クリック→「プロパティ」をクリック
 キーボード操作での仕方 (マウスが使えない場合)
Windows旗マーク キーを押しながら、Eキーを押す
<「エクスプローラー」が表示されます>
7. エクスプローラで WINDOWS (全部大文字)フォルダを開く
■ WINDOWS フォルダを開く方法
エクスプローラーの左ウィンドウにあるWindows 98(C:)またはWindows Me(C:)などと書いてある先頭の + をクリックしてフォルダを展開させる

(展開した状態になると + が − になります)
エクスプローラーの図
 キーボード操作での仕方 (マウスが使えない場合)
下向き↓キーでWindows98(C:)などと書いてあるフォルダを選択し、右向き→キーを押すと、そのフォルダが展開します
     下向き矢印
展開した中から WINDOWS フォルダをクリックする
 キーボード操作での仕方 (マウスが使えない場合)
下向き↓キー で移動して、 WINDOWS フォルダを選択する
     下向き矢印
フォルダを選択すると、右画面にフォルダ内のファイル・フォルダが表示されるので、その中からお目当てのファイルを選択します
 キーボード操作での仕方 (マウスが使えない場合)
Tabキー を押すと右画面に移動します
ファイル名の頭文字のキー (ttfCasheならTキー)を何回か押すと、お目当てのファイルを選択することができます
8.指定されたファイルを右クリックして、一覧の「削除」をクリック
 キーボード操作でのファイル削除の仕方 (マウスが使えない場合
Altキー を押しながら、Fキー を押す
     ↓
メニューが表示されたら、Dキー を押す

確認画面が表示されたら、Yキー を押す
■ Windows 98・Meの場合
◆ フォントがおかしい場合は ttfCache ファイルを削除
◆ アイコンがおかしい場合は ShellIconCache ファイルを削除
■ Windows XP の場合
◆ フォントがおかしい場合は fntcache.dat ファイル
参考サイト → マイクロソフト「特定のフォントが表示されない場合の対処法」を参照してください
◆ アイコンがおかしい場合は IconCache.db ファイル
注) エクスプローラーから削除する方法(※ パスの意味の分かる方が行ってください)
fntcache.dat ファイル
パス(ファイルのある場所) C:\WINDOWS\system32
エクスプローラーを起動させて、system32 フォルダの中にあるfntcache.dat ファイルを削除します
IconCache.db ファイル
パス(ファイルのある場所)
C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Local Settings\ Application Data
エクスプローラーを起動させて、Application Data フォルダの中にある IconCache.db というファイルがありますので、削除します
■ 検索機能を利用してファイルを見つて削除する
「スタート」から「検索」をクリック
 キーボード操作でのファイル検索の仕方 (マウスが使えない場合)
Windows旗マークキー を押す→ Sキー を押す(選択された状態)→Enterキーを押す→<検索画面が開く>
スタートから検索の図

     下向き矢印
「ファイルとフォルダすべて」をクリック

検索結果の図
 キーボード操作でのファイル検索の仕方 (マウスが使えない場合
下向き↓キーで、移動して「ファイルとフォルダすべて」を選択し、Enterキーを押す
     下向き矢印
IconCache.db または IconCache.db と入力

「探す場所」のVをクリックして、一覧から「Windows XP(C:)」をクリック

検索結果の図
 キーボード操作でのファイル検索の仕方 (マウスが使えない場合)
表示された窓に fntcache.dat と入力して、Enterキーを押す
     下向き矢印
「検索」ボタンをクリック

検索ボタンの図

     下向き矢印
右画面にファイルが表示されます
 キーボード操作でのファイル削除の仕方 (マウスが使えない場合
右画面に見つかったファイルが表示されているので、Tabキー を押して右画面に移動し、矢印キーを押して、そのファイルを選択する
     下向き矢印
「ファイル」メニューから「削除」をクリック
 キーボード操作でのファイル削除の仕方 (マウスが使えない場合
Altキー を押しながら、Fキー を押す
     ↓
メニューが表示されたら、Dキー を押す
検索結果の図
確認画面が表示されたら「はい」をクリック
(または、Yキー を押す)
9.パソコンを再起動させて、確認します
「スタート」ボタンをクリック→「終了オプション」をクリック
     下向き矢印
終了画面が表示されたら「再起動」をクリック
 キーボード操作での仕方 (マウスが使えない場合)
Windows旗マーク キーを押す
<スタートメニュが表示される>
     ↓
Uキー を押す
<終了画面が表示される>
     ↓
Rキー を押す
※ 上記の1.〜4.で行った設定は、元に戻しておきましょう

このページのトップへ

超パソコン入門 ホーム > トラブル対処法
リンク
超パソコン入門 Homeへ 詳細メニュー このサイトについて このサイトの掲示板へ サイトマップ PCブログ「パソパソしましょ!」へ フリー素材リンク集 パソコン便利リンク集
草のライン
Copyright 2005年5月5日-2013年 エリゴンサイト All rights reserved.
2007年3月18日  4月1日 更新