ワタン=ヤカオラン・ポストカードプロジェクト
〜せんだい・みやぎの学生たちが日本とアフガニスタンをむすびます〜

それは1編のドキュメンタリーからはじまりました
ドキュメンタリー「ヤカオランの春 あるアフガン家族の肖像」(2004)は、川崎けい子・中津義人両監督が、「9・11」以前から現地入りし、5年の歳月をかけて編み上げたものです。2004年11月、せんだい上映委員会によってこのドキュメンタリーが仙台で上映され、好評のうちに終了。その後も仙台の地で何かできないかと考えた結果、上映会にボランティア・スタッフとして参加したせんだい・みやぎの学生たちを主体として、ひとつのプロジェクトを始動させることにしました。

ポストカードプロジェクト
「ワタン=ヤカオラン・ポストカードプロジェクト」は、日本とアフガニスタンを結ぶ掛け橋です。パキスタンにあるアフガン難民のための孤児院「ワタン孤児院」(運営:RAWAアフガニスタン女性革命協会)の子どもたちが描いた絵に、せんだいに住む子どもたちが書いた詩をそえた3種類のカード。収益金は、購入くださったあなたの気持ちといっしょに海をこえ、現地の孤児院へと贈られます。うまくいけば、第二弾、第三弾へとつなげていけることでしょう。

ワタン? ヤカオラン?
プロジェクト名に使われている「ワタン」も「ヤカオラン」も、アフガニスタンの言葉のひとつであるダリ語です。「ワタン」は孤児院の名前であるとともに「祖国」を、「ヤカオラン」はドキュメンタリーの取材場所であるとともに「美しき大地」を意味します。「祖国」をいつくしみ、それが「美しき大地」たることを願うこと。そこからこの言葉を選びました。

学生たちの活動について
ポストカードプロジェクトのほか、学生たち独自の企画も進んでいきます。情報はこのサイトやメンバーもちまわりで進めているブログ(こちら)のほか、ご希望の方には直接お知らせいたします。右の問合せ先までメール等でご連絡ください。いっしょに活動してくださるメンバーや、連携できる団体、後援・協賛くださる方も随時募集しております。


表カラー、裏モノクロ、大判(110×230o)

ポストカードの購入方法
3種類各1枚、計3枚1セット(資料入り)で500円になります。
郵便振込みにて、ポストカード代金と送料をお振込ください。
  口座番号 02290−4−42773
  口座名義 ヤカオラン=せんだい学生グループ
※通信欄に「ポストカード○○セット購入」と明記ください。
※送料:1セット→140円 2セット→200円 3セット→240円4〜6セット→390円 7〜10セット→580円 11セット以上→700円
※依頼人住所とご郵送先住所が異なる場合には、そのむね通信欄にお書きになり、ご郵送先住所を明記ください。

 

お問合せ・連絡先
「ヤカオラン=せんだい学生グループ」
〒980-0014仙台市青葉区本町2丁目8-15
市民活動サポートセンター内レターケース51番
Tel 090-5833-5678(小原)
090-2845-3757(福澤)
Fax:022-268-4042 (Fax送信の際には、
「レターケース51番」と必ずご記入ください)
sendai_yakaolang@yahoo.co.jp
http://www.geocities.jp/sendai_yakaolang6/

 

 

home

 

関連リンク