更新:2014年7月19日(長久々)

http://www.e-gauge.net/のURLは使用できなくなりました。

また、携帯でもほとんど見られます。

なるべく初心者にわかりやすいサイトづくりを目指しています。

改軌法のみならず、トータルのシステムとして楽しむことに配慮してNゲージ製品やパーツの取り付け方も解説しています。

プチ情報満載!

新着情報(What's new?):

37,新製品情報:ロクハン製カント付線路new!

Nゲージ製品情報:

23,新製品情報:KATOのキハ181系

22,新製品情報:KATOの485系初期型雷鳥

17,KATOの24系寝台客車「ゆうづる」(型番10-811)

16,KATOのEF65-500番台P型(型番3060-1)

15,KATOのスハ43系客車(茶色)

14,KATOのDCC化ED75耐寒型

1/150,軌間9mm:

32,Tomix製気動車の車輪および集電スプリングの交換

12,Tomix常点灯システムにおけるKATO製車両の対応

10,ランプユニットの交換

7,KATOのNゲージ客車への白色室内灯(光源はLED)の取り付け

6,KATOのNゲージ車両へのナックルカプラーの取り付け

1/150,軌間9mm(欧州型):

33,KATO製Re4/4ⅠのDCC化

31,Fleischmann製の短い客車のLED室内灯化

30,Hobbytrain製Re6/6のDCC化

1/150,DCC:

34,DiGitrAx製DCS51の導入

29,KATOのNゲージ車両のDCC化 その9

28,KATOのNゲージ車両のDCC化 その8

21,KATOのNゲージ車両のDCC化 その4-7

13,KATOのDCCシステムによる運転

8,KATOのNゲージ車両のDCC化 その1-3

1/150,DC/DCCサウンド:

36,DiGitrAx製DCCサウンドデコーダーSDN144K0aの取り付け

35,DiGitrAx製DCCサウンドデコーダーSDN144K1Eの取り付け

27,DCCサウンド KATO D51-498:

26,DC/DCCサウンド MRC 0001025:

25,DCCサウンド KATO DF200-50:

1/150,軌間8mm:

4,KATO EF66後期型の改軌(8mmゲージ)

3,車輪幅の改軌(8mmゲージ)

2,線路幅の改軌(8mmゲージ) その1-2break!

1/150,軌間6.5mm:

24,6.5mmゲージへのお気楽改軌 その5,6

20,6.5mmゲージへのお気楽(?)改軌 その4

11,PROZ用コントローラーを使用した1/150,6.5mmゲージ車両の走行

5,6.5mmゲージへのお気楽改軌 その1-3

Zゲージ製品情報:

19,東京マルイのE231-0通勤型

18,ロクハンの線路

1,E-gauge (ゲージ)とは?

  

 車体の縮尺は1/150、線路幅は8mm。

英語で「8」を意味する「eight」の頭文字、Eをとって「E-gauge」と命名しました。

 本鉄道模型は従来の日本のNゲージ(1/150、軌間9mm)よりも狭軌という意味でNjゲージ のひとつとして位置付けています。


 すなわち、既存のNゲージ製品を利用することで成り立っている鉄道模型である。

 またひとつ、日本にファインスケールではない中途半端なスケールが出来てしまった。

 ファインスケールがなかなか受け入れられない日本。

 HOjは高価な金属製品しかなく、16番の金属製品よりもさらに高価に感じられる。

 13mmはプラスチック製の16番製品が利用可能であるが、それでもやや高価である。

 tt-9もあるが、高価であり一部商品の値上げが決行され、新製品のアナウンスが待ち遠しい。

 車体1/150、線路幅6.5mmという鉄道模型(Njゲージ)も存在するが、Nゲージ用台車をそこまで改造するにはそれなりの工作力が 必要であります(線路は市販品を使えますが)。*興味のある方はビバン模型製作所 を訪問してみて下さい。

(*新着情報(2008/4/26):ところが、幣鉄においても2008年4月25日に、お気楽改軌派の私でも接着剤やネジを使わずに 1/150、6.5mmゲージ第1号機が入線してしまいました。)


日本らしい独特のスケールがもっと受け入れられても良いのではないか?

 お高い鉄道模型は手が出ないので、何とか安く、できるだけお気楽に狭軌(狂気?)感を楽しむ試みを始めました。

 幣鉄Njゲージの始まりは2008年2月19日に8mm幅の線路上を1/150のEF58が通電走行を開始したことによります。

 上記画像で狭軌感を味わっていただけたでしょうか?解説しますとエンドウ製Nゲージ24系25型客車オハネフ25をE-ゲージ用 に改造した物です。

 1/150、軌間6.5mmではやや狭いと思われる方は軌間7.1mmまたは8.0mmはいかがでしょうか。KATO製品の軌間8.0mmへの改軌 では元の台車構造をなるべく残すことが出来、走行は安定している様子です(注:C62東海道型等では8.0mmへ改軌する場合でも構造上、 それなりの工作力が要求されるかもしれません)。KATO製品の車輪幅を6.5または7.1mmに狭める場合、手間はほとんど変わらない 様子です。軌間6.5mmを選択される場合はZゲージ用の線路が利用可能です。軌間7.1mmまたは8.0mmを選択される場合は、線路が 市販されていない様子ですので、何とかする必要があります。旧国鉄在来線では1/150、軌間7.1mmがファインスケールとなります。

 ご興味のある方々に、ちょっとでも楽しんで頂けたらと思います。

 Nゲージの軌間8mmまたは6.5mmへの改軌の取り組みをちょっとずつアップしていきます。

9,リンク集

開設:2008年3月17日