靴の裏側

equさんのホームページトップ


靴の裏側:アシックス・ソーティ/2004.11.03

 最近の走り具合を足の裏から見てみましょう。
 ソーティはトラックかレース用の、薄い靴ですが、 ちょっと古くなった今では普段の練習にも使っています。

(ソーティの裏側)

 右足で減っているのは、まず「かかと」外側。かかと着地なので左右ともよく減っています。
 目立ちませんが「土踏まず」外側も減っています。 「かかと」から着地してここまで前へ転がっているようです。
 最後に「中指・薬指付け根」。推進力伝達のスィートスポットです。 力点が小さくまとまっています。我ながらほれぼれします。

 左足も一見似ています。
 しかし、よく見ると違いがあります。「かかと」外の着地点が広く平たくなっています。
 「かかと」の着地点は前へ延びていません。
 足指付け根は、親指下から全ての足指付け根まで広く減っています。
 左足はべたりと着地し、一呼吸おいて力を伝えるので力点がぶれているような気がします。

 どうも左足の動きに問題があるようです。
 左足親指の付け根、中指付け根、そして最近小指付け根にも魚の目ができるようになってきました。


靴の裏側:アシックス・スカイセンサー/2010.11.23

 お世話になった靴です。
 捨てがたいのですが、これだけ走れば十分でしょう。

(靴三足)
靴の甲はまだ使えそうですが・・・
(スカイセンサー1)
踏み付けに孔があいてしまっています。かかとのゲルも抜けてしまって。
(スカイセンサー2)
かかとのソールが無くなっています。固目のソール面が剥げて千切れました。
(スカイセンサー3)
これもソールがありません。同じように剥げてしまったものです。

 私はスカイセンサーのソフトな感触が好きです。
 この三足は、ほぼ同時期に買ったスカイセンサーです。
 左のものが少し古く、寸法もぴたり目の25.5cm。 タングが無いかわりにアッパーが左右から伸びた形で、ホールドが良かったこともあってあちこちのレースで使いました。(スプリットアッパー、なぜ今は無いのかな)
 残り二足は26cmで、どちらかと言うと練習用に買ったものです。そのうち3つとも日常練習用になり、交互に使っていたので、同じくらい減ってしまいました。


靴の裏側:ナイキAIR ALARIS2+/2014.09.28

 よく走りました。練習用に、5、6年は走ったはずです。

(ナイキエア)
これも靴の甲は使えそうでが・・・
(ナイキエア)
踵のアウトソールが剥がれ、前も浮いています。

 練習用に買った、ナイキのバーゲン品。
 そのぶん、惜しみなく使いました。舗装路も、砂利道も、山道も。
 三宮で走り、大阪の淀川区で走り、本町に引っ越してからも走りました。小野に変ってからは、小野アルプスも結構走りました。
 アウトソールが割合早くに剥がれだしてしまい、思い切って剥ぎ取って走っていると、今度はラバースポンジも楔形に割れてしまいました。
 それでもフルエアーソールなので、何とか使えました。
 インドネシア製で品質的には難ありかな。


ここをクリックすると、ページトップへ戻る

ランニング三昧

equさんのホームページトップ