鳳凰三山
ほうおうさんざん 2840m

 南アルプスの北岳東部に聳える鳳凰三山は地蔵岳(2764m)、観音岳(2840.4m)、薬師岳(2780m)の三峰からなり、古くから山岳信仰の対象となっている。
 鳳凰小屋に到着と同時に雨が激しく降り出し風も強く吹くため小屋で昼食を摂る。一時風雨が止むが地蔵岳往復は時間的に無理と判断、このまま小屋で休息となった。その後夜半から風雨がさらに強くなり激しく屋根を打つ。朝になっても雨がのこり、帰途の時刻に下山するには頂上は無理と判断同じコースを下山となった。残念!再度挑戦しかない。
 [行程] 御座石温泉前市営無料駐車場出発(5:22)〜尾根道(5:50)〜西ノ平(6:27朝食)〜旭岳七合目(8:11)〜八合目祠(8:21)〜旭岳頂上(8:50)〜燕頭山(2104.5m 9:45)〜地蔵岳が見える場所(10:08)〜鳳凰小屋(11:50) 経過タイム6:22 (コースタイム5:30)  下山 鳳凰小屋(6:45)〜燕頭山経由〜駐車場(11:45)花々を見ながらゆっくりと降る。経過タイム5:00 (コースタイム3:30)   (06.6.30〜7.1 山交観光)
    「鳳凰三山の花々」は下の方に。
                注意 画像の下に説明文を付けています
 地蔵岳のオベリスク(方尖柱)。古くから大日如来に擬して拝んだという。
御座石温泉前市営駐車場 尾根道 西ノ平。周りは広葉樹林
旭岳の七合目。風化花崗岩の道 旭岳頂上の祠 旭岳頂上からの富士山
八ヶ岳が木々の間から 燕頭山頂上。笹原の中に 水はけの良い山道
   
樹間に見える地蔵岳 桟橋の道が多くあった 近づいてきた地蔵岳
小屋直下の登山道案内標識 鳳凰小屋入口 鳳凰小屋と水場

       [ 出合った花々 ]

カモメラン(鴎蘭) カモメランの花 イチヨウラン(一葉蘭) イチヨウランの花
コイワカガミ(小岩鏡) コイワカガミの花 オサバクサ(筬葉草) オサバクサの花
シロバナエンレイソウ
(白花延齢草)
タカネグンナイフウロ
(高嶺郡内風露)
ミヤマキンバイ
(深山金梅)
キバナノコマノツメ
(黄花の駒の爪)
キソチドリ(木曾千鳥) ヤグルマソウ(矢車草) ゴゼンタチバナ(御前橘) マイヅルソウ(舞鶴草)

その他の花 レンゲショウマ、エチゴキジムシロ、ノウゴウイチゴ、クルマユリ、ミヤマナルコユリ、ギンリョウソウ等