アンサンブル*コトカ

img1.gif

          

                                      home にもどる

 

      img6.gif  次回の演奏会予定  

 ライン

 

第29回 定期演奏会

 

   〜ラテン・アメリカのクラシック〜

 

今回は中南米の作曲家による作品を中心にプログ

ラムを組んでみました。「エストレリータ」などの

ギター作品で知られるメキシコの作曲家ポンセによ

る標題音楽、「ブラジル音楽の父」と称されるネポ

ムセーノによる小品、郷土の大自然と多様な文化を

独自の音楽で表現し西欧にも影響を与えたヴィラ=ロボス

の代表作「ブラジル風バッハ」、アフリカ系アメリ

カ人作曲家スティルによるパナマの舞踊音楽、ブエノ

スアイレスに生まれパリ音楽院でフランクに学んだ

ウィリアムスによるアルゼンチン民謡をテーマにし

た組曲を演奏します。仲夏のひと時をラテン・アメ

リカの調べとリズムでお楽しみください。

 

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

  

とき 2018年6月16日(土)14:30開演

 

                    (14:00開場)

 

ところ   府中の森芸術劇場 ウィーンホール

 

 

      京王線 東府中駅 北口より徒歩7分

 

 

        JR中央線 武蔵小金井駅 南口よりバス

 

        5番乗り場から「東府中駅」行きで約20分、東府中駅下車 徒歩7分

 

 

        または

 

 

        1番乗り場から「府中駅(一本木経由)」行きで約20分 第二小学校下車 徒歩10分

 

 

        (交通手段の詳細は こちら

  

 

          *親子室がありますので、お子様もご一緒にご鑑賞いただけます。

 

 

 

       当演奏会に関するお問い合わせは以下のメールアドレス宛へお願いします。

  

      ensemble_kotka@yahoo.co.jp

           入場無料

 

指揮   西内 荘一

 

  Program

 

     W. G. スティル:    パナマの舞踏

     H. ヴィラ=ロボス:  ブラジル風バッハ第9番

     A. ウィリアムス:   アルゼンチン組曲第1番

     M. ポンセ:      夜の印象

     A. ネポムセーノ:  アダージョ/セレナータ

                                home にもどる