鏡作麻気神社
かがみつくりまけじんじゃ 所在地ボタン 社名ボタン















   【延喜式神名帳】鏡作麻気神社 大和国 城下郡鎮座

   【現社名】鏡作麻気神社
   【住所】奈良県磯城郡田原本町小阪244
       北緯34度33分43秒,東経135度47分49秒
   【祭神】麻比都禰命
       『式内社調査報告』天麻比止都禰(アメノマヒトツネ)命
       『神名帳』頭注天糖戸命
       『磯城郡誌』天麻比止都禰命
       『大和名所旧蹟案内』麻比都禰命
       『大和名所図絵天糠戸命


       天麻比止都禰神、この神は天目一箇命のことで
       金工には片目を閉ぢ一つ目にて面・曲・直をしらベるものであるからこの名がある。倭鍛治等の祖である。

   【例祭】10月10日 例祭
   【社格】旧村社
   【由緒】創立沿革等不詳
       仁壽元年(851)正月正六位『文徳実録』
       永徳元年(1381)2月神位一階

   【関係氏族】鏡作部
   【鎮座地】移転の記録はない

   【祭祀対象】鏡作
   【祭祀】江戸時代は「子安社」「春日社」と称す
   【社殿】本殿春日造
       拝殿・社務所・御供所・藏

   【境内社】白山神社・的場神社

寺川東岸、国道24号沿にあり、社叢はよく目立つ。
東面する本殿の背後には竹が密集している。それ以外にも杉、楠などの大きい木が多い。
鏡作伊多神社で鏡作部が板の如く鍛えあげ、鏡作麻気神社はそれに磨きをかけた所願の神社であろう。境内の南に鏡池がある。


鏡作麻気神社

田原本歴史遺産 神々を訪ねて
延喜式内社 旧 城下郡 小阪 鏡作麻気神社
祭神 麻比止都称命
 祭神お麻比止都称命 は,日本書紀に「作金者」と記される「天目一箇神」であり,鍛冶に関わる神とされる。この事は,弥生時代,唐古・鍵遺跡で,銅鐸など,金属鋳造技術集団が,古墳時代になり,鏡作部に継承され,この鏡作郷の地で,金属鋳造が行われてきたのであろう。現在,大阪府の東大阪を中心とした小阪・今里・八尾で,金属加工業界が多いが,この金属加工の人々の先祖は,大和の田原本付近だと伝えられ,田原本町にこれら小阪・今里・八尾の地名が共通することと関係するかもしれない。
鏡作麻気神社の建築について
 元「子安大明神」であったが,神仏分離後の明治2年 (1869)社名を変更したと伝えられる。1間社 隅木入り春日造り 銅板葺,千木・勝男付の社である。
 基壇上に建ち,土台を廻し,身舎丸柱,柱上部粽付,大斗,三ッ斗組,向背,柱方柱面取り,柱天端大斗,連三ッ斗組,虹梁,象鼻,中備蟇股,身舎とは海老虹梁で繋ぐ。軒廻り1軒垂木,三方に縁を設け,背面に脇障子,跳高欄,昇高欄,宝珠柱付,木階9級,正面中央には,格子戸両開きの建具を用い,他面は板壁である。拝殿奥の一段高い所に建築されているが,隅木入り社殿は珍しく,全体に成りの高い社殿で,明治頃の建設かも知れない。
文 田原本町文化財
  保護審議委員会
  会長 林 清三郎

社頭掲示板



鏡作麻気神社

近鉄田原本駅の東北方1.5Kmに鎮座する。『和名抄』に城下郡鏡作郷とあり、鏡作坐天照御魂神社に近い。祭神の天麻比止都禰命は、天目一筒命のことで太玉命に隷属した神。天疎降臨の節、金工として従ったが、金工には片目を閉じて一つ目で面や曲や直を調べるのでこの名がある。倭鍛冶等の租神である。『延喜式』神名帳登載の式内社に比定されているが、その頭注に「鏡作麻気神ハ天糠戸命」とある。石凝姥命の親神である。『文徳実録』の仁寿元年(851)正月の詔で正六位上に叙せられたとみられる。創建年代は明らかでないがこの地方に住んだ鏡作部が祀った社と考えられる。
例祭は10月25日。境内の北方に神宮寺であったらしい観音堂がある。

奈良県史



大和国INDEXへ        TOPページへ