伊弉諾神社
いざなぎじんじゃ 所在地ボタン 社名ボタン

















   【延喜式神名帳】伊射奈岐神社(大 月次 新嘗) 大和国 添下郡鎮座

   【現社名】伊弉諾神社
   【住所】奈良県生駒市上町4447
       北緯34度43分6秒,東経135度43分40秒
   【祭神】伊弉諾尊 (配祀)素戔嗚尊 大己貴尊
   【例祭】10月10日 例大祭
   【社格】
   【由緒】貞観元年(859)正月27日には神階を従五位下から從五位上 『三代実録』
       寛文6年(1666)長弓寺の「側に鎮守八王子社あり」『和州寺社記』

   【関係氏族】
   【鎮座地】当初より長弓寺の鎮守としてあった

   【祭祀対象】
   【祭祀】江戸時代は「牛頭天王社」と称す
   【参考HP】 長弓寺薬師院
   【社殿】本殿
       拝殿・舞台・社務所・座小屋・地車庫

   【境内社】熊野神社・素盞鳴神社(相殿)と嚴嶋神社

長弓寺(長久寺)の鎮守社で、境内の本堂の上り口の右側にある、江戸期は牛頭天王社と称した。長弓寺では、古く、神仏合体の法会が多く行なはれており、牛頭天王社の神職は、寺僧の中の第一臈の人がこれを継承していた。


御由緒

当社は聖武天皇勅願による長弓寺の守護神として建立せられ牛頭天王の宮と称せられたが神仏分離の明治新政にあたり現在の社名に変更がありました。

全国神社祭祀祭礼総合調査 神社本庁 平成7年




大和国INDEXへ        TOPページへ