服織田神社
はとりだじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】服織田神社 遠江国 榛原郡鎮座

   【現社名】服織田神社
   【住所】静岡県牧之原市静波 1292
       北緯34度44分21秒,東経138度13分39秒
   【祭神】麻立比古命 天八千千比売命
       (合祀)蛭子命 天之忍穗耳命 市杵島姫命 木花咲夜比売命 速玉男命
       猿田彦命 石長比売命 大山祇命 少名比古命

   【例祭】11月2日 例祭
   【社格】旧郷社
   【由緒】景行天皇7年勧請
       明治6年3月郷社
       同40年3月神饌幣帛料供進神社指定

   【関係氏族】
   【鎮座地】移転の記録はない

   【祭祀対象】
   【祭祀】
   【社殿】本殿流造銅板葺
       拝殿・社務所・倉庫・手水舎

   【境内社】西宮神社・天満宮・八王子社・津島神社・招魂社

榛原高校東に鎮座する。
この地域は往古は服織田村と称したが、その後、柏原町と改められ、更に川崎町と改称し、現在は(旧)榛原町になつている。駿河湾に面した静波の街の住宅街の中に鎮座している。


服織田神社

神社名 服織田神社
鎮座地 榛原郡榛原町静波12920番地
祭神名 麻立比古命 天八千千比売命
配祀神 天之忍穗耳命 市杵島姫命 木花咲夜比売命
速玉男命 猿田彦命 蛭児命 石長比売命
大山祇命 少彦名命
境内社 稲荷神社 津島神社
例祭日 11月2日
神職 (宮司)川村五郎 (禰宜)川村忠司
由緒 服織田神社は延喜式神明帳に記載されており、景行天皇の7年に勧請され上古は圭田を賜った。往古は服織田村と言われたが柏原町と改められたと宝暦八年の検地帳に記載されている。安政元年の大地震直後建立、明治6年3月郷社に列せられた。
八王寺社・弁天神社・勝間田神社・猪鼻社・熊野社・西宮神社・白岩浅間神社・山神社・十二所社・蔵王社十社何れも明治7年5月当社に合祀された。明治40年3月15日神饌幣帛料供進社に指定される。
昭和44年10月23日明治百年記念事業として、拝殿幣殿が竣工した。
平成2年10月吉日 

社頭掲示板



服織田神社

服織田神社は延喜式神明帳に記載されており、 景行天皇の7年に勧請され上古は圭田を賜った。往古 は服織田村と言われたが柏原町と改められたと宝暦8年の検地帳に記載されている。安政元年の大地震直後 建立、明治6年3月郷社に列せられた。八王寺社・弁天神社・勝間田神社・猪鼻社・熊野社・ 西宮神社・白岩浅間神社・山神社・十二所社・蔵王社 十社何れも明治7年5月当社に合祀された。明治40年3月15日神饌幣帛料供進社に指定される。

静岡県神社庁




遠江国INDEXへ        TOPページへ

学校名簿