小野神社
おのじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】小野神社 相模国 愛甲郡鎮座
          (旧地)秋葉神社

   【現社名】小野神社
   【住所】神奈川県厚木市小野 772
       北緯35度25分56秒,東経139度19分8秒
   【祭神】日本武命
        『相中留恩記略』『神社覈録』下春命

   【例祭】 4月21日 例祭
   【社格】旧郷社
   【由緒】霊亀2年(716)行基が藥師如來の像を奉安
       建久5年(1194)8月、社殿が再興
       天正19年(1591)徳川家康社領安堵
       慶長2年(1597)12月造営
       元和5年(1619)6月造営
       慶安2年(1649)12月21日造営
       元禄5年(1692)6月造営
       嘉永元年(1848)12月12日造営
       明治6年7月30日郷社

   【関係氏族】
   【鎮座地】旧社地は背後にある神の山
        嘉永初年頃(あるいは文政の終)現地に遷

   【祭祀対象】
   【祭祀】江戸時代は「閑香大明神」と称していた
   【社殿】本殿神明造
       拝殿・神樂殿

   【境内社】八坂・春日・淡島・阿羅波婆枳・日枝・古登比羅・稲荷
   【別当】別当大鏡院は明治初年に廃寺となつた

玉川中学北西に鎮座する。
小野神社の小野は地名を意味し、祭神は知々夫国造の祖、天下春命を祀つたと考えられる。
古事記に、「さねさし相摸の小野に燃ゆる火の火中に立ちて、問ひし君はも」とある「相摸の小野」は当地のことだと伝える。
中世「閑香大明神」と称していた。「カンカ」とも読まれるが本来は「アヰコウ」と訓み、 愛甲郡の明神の意味であろう。
日本武尊が祭神となるのは閑香大明神から小野神社へと社号を改めた明治の初年頃と考えられる。
もと南西400mの「神(上とも)の山」に鎮座していたといい、現在頂上に秋葉神社の小祠を祀つている。
嘉永初年頃(あるいは文政の終)に現在地に遷座。


由緒

この神社は創立年代は不明であるが、延喜式によれば、寒川阿夫利神社とともに相模十三座の中に数えられ、また小社に指定されているところから、非常に古社であると同時に社格の高いことがうかがわれる。記録によれば鎌倉時代に入って愛甲村に館を構え弓を執っては当代随一と称された愛甲三郎は、当社を心から崇敬した。この社の古い納札によると当社は建久5年8月12日、再興され、その時の願主として鎌倉幕府政所長官大江膳大夫廣元、並びに愛甲三郎季隆の名が挙げられている。その後鎮座地の移転があり、また近世に到り閑香大明神と称された時代もあったが、社殿はその後五回工を改めているが、明治6年7月30日、郷社に指定され、愛甲郡総鎮守として広く崇敬された。祭典に当たっては、県からの奉幣使各村代表の参列もあり厳粛盛大なものであった。

全国神社祭祀祭礼総合調査 神社本庁 平成7年




小野神社

祭神 日本武尊 下春命
由緒 鎮座の地は古く小野の里と称し、倭名抄所載愛甲郡の一つ玉川郷に属し其の中心地であった。社伝によると元正天皇の霊亀2年(716)僧行基が薬師如来の像を刻み奉安したという。愛甲郡の総社として崇敬篤く、建久5年(1194)領主大江広元、愛甲三郎季隆等が社殿を再興。また天正19年(1591)徳川家康は社領二石五斗を安堵し、当郡の総鎮守とした。現在社額に「閑香大明神」とあるように永く小野の「閑香さま」と呼ばれていた。
例祭 4月21日
交通小田急線本厚木駅下車神奈中バス「森の里」行「小野宮前」下車3分

参拝のしおり



相模国INDEXへ        TOPページへ


学校データ