小口神社
おおぐちじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】小口神社 尾張国 丹羽郡鎮座

   【現社名】小口神社
   【住所】愛知県丹羽郡大口町小口城屋敷 11
       北緯35度20分29秒,東経136度54分55秒
   【祭神】小口天神
       (合祀)天照大神 豊受大神 品陀和気命 息長帶姫命 建速須佐之男尊

       本来の祭神は、未詳

   【例祭】10月第2日曜日 例祭
   【社格】旧村社
   【由緒】創立年月不詳
       文治2年(1186)小口天神『尾張国内神名牒』
       明治5年5月村社
       昭和5年1月31日神饌幣帛供進神社

   【関係氏族】
   【鎮座地】元は妙徳寺西・宮之前地区にあった
        明治43年現在地に遷

   【祭祀対象】
   【祭祀】江戸時代は「天神社」と称していた
   【社殿】本殿流造銅板葺
       社務所・拝殿・祭文殿・渡廊

   【境内社】

大口北小学校西に鎮座する。
道路をはさんで東側に、織田遠江守広近が長禄3年(1459)に築城し、信長によつて攻略され廃城となつた小口城(城跡は古墳で、鏡と須恵器が出土している)がある。
創立年代不詳であるが、神階は従三位上(貞治3年=1364)、従一位(天文4年=1535)と鎌倉から室町時代にかけて昇叙した。
中世所在不詳となり、織田広近が小口村に築城した際、城内の鎭守社としていた天神社が、式内小口神社にあてられた。


尾張国INDEXへ        TOPページへ


認定こども園