乎加神社
おかじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】乎加神社 近江国 神崎郡鎮座

   【現社名】乎加神社
   【住所】滋賀県東近江市神郷 9
       北緯35度10分36秒,東経136度11分4秒
   【祭神】豊遠迦比売命 (配祀)白山比売命
   【例祭】4月9日近い日曜日
   【社格】旧県社
   【由緒】創立年月不詳
       天智天皇の御宇勅宣で創立という
       明治2年乎加神社と改称
       明治9年10月郷社
       大正5年県社

   【関係氏族】
   【鎮座地】移転の記録はない

   【祭祀対象】古代湖東地方の王
   【祭祀】江戸時代は「宇賀神社」「宇賀大明神」と称していた
   【社殿】本殿神明造檜皮葺
       本殿は明治22年の伊勢神宮遷宮時に譲り受けたもの
       幣殿・拝殿・神輿庫・水鳳舎・社務所

   【境内社】日吉神社・熊野神社・野上神社

隣接して神郷亀塚古墳があり、古代湖東地方の王の墳墓とされ、平成12年12月からの第2次調査で3世紀前半の最古級の古墳で前方後方墳とされた。古墳は邪馬台国と対立していた狗奴国(くなこく)の王墓とする説がある。
明治22年(1889年)の伊勢の神宮(伊勢神宮)遷宮時に別宮の社殿を譲り受け、明治25年(1892年)に移築された本殿や、拝殿・幣殿・祝詞殿・手水舎・玉垣が国の登録有形文化財に登録されている。


乎加神社

当社は豊遠迦比売命、白山比売命を祀る。抑もこの御神は神代に五穀蚕麻の原種を授け給ひし神なれば世の人その恩頼を蒙らざるはなかるべし当社は延喜式なる神崎郡二座の一にして人皇第十九代允恭天皇の勅によりてここに奉斉せられしと伝えられ古来皇室を始め領主の崇敬厚く郡名を神前と称え郷名を神主といひ村名を神郷と呼ぶこと何れも本宮のこの地に鎮座あるより起れりと云う。

社頭掲示板



神郷亀塚古墳

滋賀県能登川町・神郷亀塚古墳
最古の前方後方墳で木槨墓確認
●滋賀県能登川町 神郷亀塚古墳
●2003年2月15日 現地説明会/能登川町教育委員会
 3世紀前半、最古の前方後方墳とされる神郷亀塚古墳の主体部が調査され、木槨2基が東西に並んで確認されました。東槨は幅1.3m、長さ4.6m、高さ1.2m、西槨は幅1.15m、長さ3.5m、高さ1.1mで、板材を積み上げた側壁に蓋板がのっていた様子が土層から観察されます。また、盛り土と墓穴からは小さく砕かれた土器片が数百点出土しました。古墳の西側には祭祀跡と見られる柱穴群や土壙、また墓守の家と見られる竪穴住居も見つかりました。周濠埋没後、隣接して式内社である乎加神社が築かれており、この一帯が支配者一族の祖先をおまつりした聖域であると見られます。
墳丘西側の柱穴群と土壙
隣接する式内社・乎加神社。本殿は伊勢神宮遷宮の払い下げで古い様式である棟持柱が残る。

http://obito3.hp.infoseek.co.jp/zingoukame2.html



乎加神社

允恭天皇の皇妃衣通姫の祈願奉請によって鎮祭されたものと伝えられ、延喜式小社に列している。天智天皇より神領を賜はり嵯峨天皇は神宮寺を建てられ社寺領三百石を賜ったという。江戸時代には太田氏の崇敬篤く、社殿造営のことがあった。大正5年県社に加列する。

滋賀県神社庁



近江国INDEXへ        TOPページへ


学校情報