加佐美神社
かさみじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】加佐美神社 美濃国 各務郡鎮座

   【現社名】加佐美神社
   【住所】岐阜県各務原市蘇原古市場5丁目1番地
       北緯35度25分20秒,東経136度51分56秒
   【祭神】蘇我倉山田石川麻呂 加佐美神 応神天皇
   【例祭】10月15日近い日曜日 例大祭
   【社格】旧郷社
   【由緒】貞観6年(864)8月15日従五位上『三代実録』
       文禄3年(1593)八幡宮に25石の寄進
       正徳5年(1715)造営

   【関係氏族】蘇我氏
   【鎮座地】移転の記録はない

   【祭祀対象】
   【祭祀】江戸時代は「八幡大神社」と称していた
   【社殿】本殿八幡造
       渡殿・祭文殿・社務所・幣殿・舞殿・神輿庫

   【境内社】神明神社・加佐美稲荷神社・御鍬神社・秋葉神社

蘇我石川麿公は往古曽原の県主であり、崩御後神霊を祭祀という。「蘇原」の地名は、蘇我氏の領有に由来するといわれている。10月第2土曜日の加佐美神社の例祭には、花御輿(はなみこし)がくりだされる。



由緒

元郷社 加佐美神社は昭和50年9月16日岐阜県神社長指定第76号を以て金幣社に列す。
三代実録曰清和天皇貞観6甲申年(864)8月15日美濃國従五位下加佐美大神に従五位上を贈る。(旧暦)
美濃雑事記加佐美神社は廷喜5乙丑年(905)各務郡曽原荘古市場にあり八幡宮と称す廷喜式明細帳曰美濃國各務郡七座の内、加佐美神社は廷喜8成辰年(908)式内社に列す美濃神名帳曰加佐美神社は二十二社の内、正四位下笠見明神とあり。
蘇我石川麿公は往古曽原の県主たりし時百姓を撫綏、勧励老少大懷、因而、薨去後神霊、崇敬、し祭祀奉るとあり、「蘇原」の地名は、蘇我氏の領有に由来するといわれており、この蘇原に在住この地域を治めました。後に大和朝廷の財務を握り、帰化人氏族を統治し(境内に阿弥陀堂)また今の西側駐車場に根本寺が有ったように、進んで仏教を取り入れるなど、当時の進歩的派の代表であり、大化改新後右大臣となり大化5(649)年没。
墳墓(当神社西に蘇原宮代町二丁目)の丘にあり宮塚と呼ばれています。山田寺大寺院跡礎石郡(当神社南西に蘇原寺島町)現在の山田寺地内、白鳳時代(大化5)年建立とあり、大和の山田寺に関係深いことから、石川麿公の菩提寺として石川麿公の子興志が建てたとされ、その艮に飛鳥田神を鎮守として祀ったとされています。
なお、近くに(清住町)式内社飛鳥田神社(正三位下飛鳥田大神)があり、蘇我氏との深い関係が伺えます。

全国神社祭祀祭礼総合調査 神社本庁 平成7年




鬼瓦の由緒

拝殿は、現存する棟札によると、延享3年(今から244年前)に再建されたものと思われますが、その後、幾度か修理が行われ文政2年(今から171年前)7月、それまで萱葺きであった屋根を瓦葺に葺直した時に取り付けられた鬼瓦です。
さらに明治34年(今から90年前)9月にも、拝殿の修理が行われた記録がありますが、昭和62年に、屋根の葺き替えを行った際、屋根瓦を新調したために取り外した鬼瓦を、ここに保存したものです。
又、この鬼瓦の上部には、作者の氏名が、「文政2年卯9月岩田村丹羽久七作」と刻まれています。
平成2年3月吉日 記

社頭掲示板



木造狛犬

市指定重要文化財
木造狛犬
高さ115cmを有する木彫りの一対です。阿形・吽形ともに顎をひき、頭髪後毛は背中まで垂れ下がっています。彫刻は木目細かく、逞しい体躯が表現されています。製作年代は江戸時代前期と推定されます。

社頭掲示板



美濃国INDEXへ        TOPページへ



順悠社