久刀神社
くどじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】久刀神社 美作国 大庭郡鎮座

   【現社名】久刀神社
   【住所】岡山県真庭市社654
       北緯35度10分57秒、東経133度45分3秒
   【祭神】久那止神
   【例祭】10月9日 秋季大祭
   【社格】旧村社
   【由緒】貞観6年(864)従五位上
       康和3年(1101)11月造営
       正嘉元年(1254)4月造営
       元禄年中造営

   【関係氏族】
   【鎮座地】もとは横田郷にあった
        その後現在の地に

   【祭祀対象】
   【祭祀】
   【社殿】本殿流造銅板葺
       拝殿

   【境内社】

二タ宮(フタミヤ)の地に4社並んで鎮座している社の東(向かって右)端の社。
「美作国内神社記」に、在横田郷とあるが元の所在地の横田郷の所在は現在のどであるか不明である。
美作国大庭郡の式内社8座はこの狭い地区に集中して鎮座している。佐波良神社と形部神社は「形部神社 佐波良神社」として合祭されており、壱栗神社(2座)・久刀神社・菟上神社・長田神社の4社は下流の二タ宮(フタミヤ)に鎮座し、残る横見神社だけが4社の西南100mの位置に鎮座している。
この8座は元來大庭郡のあちこちの郷に散在していたものをこの地に統合したものであると思われる。


久刀神社

この神社は、壱粟神杜、菟上神社と同じ境内地の、東(向かって右)端にある。もと村社。
地元では、この神社を“くど神社”とも、通称“八の宮”とも呼んでいる。
もと横田郷にあったともされるが、横田郷が現在のどの地域に当たるのかは不明である。『岡山県通史』(昭和5年=1930)は、現・真庭郡中和村下和の久那止神社が、この神社の前の鎮座地ではないかとの見解を示している。
祭神は、久那止神とされているが、古い諸書には祭神名をあげていないものもある。
本殿は、一間社・流れ造り・銅板葺き(もとは柿葺き)で、菟上神社よりはやや大きめなものである。
『三代実録』貞観6年(864)の条に、神階が従五位下から、従五位上へ進んだとある。



美作国INDEXへ        TOPページへ



順悠社