韓神社
からじんじゃ 所在地ボタン 社名ボタン















   【延喜式神名帳】韓神社 宮内省坐神三座 並名神大。月次。新嘗。

   【現社名】宮中三殿 神殿
   【住所】東京都千代田区千代田1−1
       北緯35度40分54秒,東経139度44分59秒
   【祭神】大己貴命・少彦名命
   【例祭】春季神殿祭 春分日   秋季神殿祭 秋分日
   【社格】
   【由緒】嘉祥3年(850)従五位下
       貞観元年(859)正三位
       「神殿」の「天神地祇」中に祀られていると見るべきである

   【関係氏族】
   【鎮座地】当初は宮中に祀られる

   【祭祀対象】
   【祭祀】継続しているか不詳
   【社殿】本殿
       

   【境内社】

宮内省の図に、後庁の後方に「神院」と見える。これが園神社・韓神社の鎮座したところであろう。園神は南に、韓神は北に鎮座した。
「韓神」は、古事記(上)に、大年神の子として見える韓神とは恐らく別神であらう。
園神は大物主神、韓神は大己貴・少彦名二神で、疫を防ぐ神であるという。
延暦年中平安京を造る時、もとから坐した園・韓神を他所に遷そうとしたところ、託宣があつて、なおこの所にいて帝王を護り奉ろうと示されたので、そのまま鎮祭された。
八神以外の座摩巫祭神・御門巫祭神・生島巫祭神、宮内省・大膳職・造酒司・主水司に坐す神が、東京奠都後も宮中に祀られたかどうかについては、「祭紀録」等には徴すべきものがないが、「神殿」の「天神地祇」中に祀られていると見るべきである(元掌典川出清彦氏教示)。


宮中三殿 神殿

旧神祇官八神殿の祭神と天神地祇を祀る。
明治に再興された神祇官(のち神祇省)は付属の神殿を創建し、天神地祇および古代の律令制での神祇官の八神殿で祀られた八神を祀った。八神殿の八神とは延喜式によると「神産日神・高御産日神・玉積産日神・生産日神・足産日神・大宮売神・御食津神・事代主神」とされる。神祇省の廃止に伴い、宮中に遷座して、神殿と改称した。




詳細ボタン

宮中INDEXへ        TOPページへ



順悠社