須岐神社
すきじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】須岐神社 加賀国 加賀郡鎮座

   【現社名】須岐神社
   【住所】石川県金沢市東蚊爪町ホ100-甲
       北緯36度37分27秒、東経136度38分46秒
   【祭神】天児屋根命 誉田別天皇 息長帶姫命 比淘蜷_
       武甕槌命 経津主命 比淘蜷_

   【例祭】4月14日 春季例祭 7月19日 例大祭
   【社格】旧村社
   【由緒】宝亀2年(771)鎮座
       元和3年(1617)淺野川洪水社殿流亡
       正保2年(1645)前田利常より松樹350株を拝領
       明治40年赤浜八幡神社を合併

   【関係氏族】
   【鎮座地】当初鎮座の地不詳
        元和3年(1617)淺野川洪水社殿流亡
        赤浜八幡の境内社となっていた

   【祭祀対象】
   【祭祀】江戸時代は「赤馬場八幡宮」「赤浜八幡」と称していた
   【社殿】本殿流造鋼板葺
       拝殿・神輿庫・社務所

   【境内社】天照神社

「須岐」は「須佐岐」洲崎の意であろう。淺野川が河北潟にそそいで海ヘの出口という要地に守護神として奉祀されたのが起源であろう。
鎮座地は淺野川の河口に近いので、しばしば洪水に遭遇して社地が転変し、赤浜八幡の境内社となっていたが、須岐神社の名は継承されてきた。
明治40年赤浜八幡神社を合併し現在は本殿内の右に須岐神社、左に八幡宮を奉祀する。


加賀国INDEXへ        TOPページへ



順悠社