久留真神社
くるまじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】久留真神社 伊勢国 安芸郡鎮座

   【現社名】久留真神社
   【住所】三重県鈴鹿市白子1-15-15
       北緯34度49分46秒,東経136度35分16秒
   【祭神】大己貴尊 (配祀)須世理姫命 漢織姫命
       『神名帳考証』呉織
       『神名帳考証再考』伊勢衣縫の先なる弟姫

   【例祭】4月15日近い土曜日 例祭
   【社格】旧県社
   【由緒】第21代雄略天皇の御代に創祀という
       文政4年(1821)12月「福徳の宮久留真神社」と改称
       明治39年12月神饌幣帛料供進社
       昭和18年4月13日県社

   【関係氏族】
   【鎮座地】元は白子小学校の東「白子1-4」付近にあった
        寛永11年現在地に移転

   【祭祀対象】
   【祭祀】江戸時代は「福徳天王社」「春日」「勝手明神」と称していた
   【社殿】本殿神明造
       拝殿・神輿殿・神饌所・手水舎・社務所・末社殿

   【境内社】

白子小学校の南、海の近くの神社である。 元は福徳天王社と称し、白子小学校の東「白子1-4」付近にあった。
寛永11年、福徳天王社の地は白子代官所となり、神社は現在地に移転し、その跡には白子御殿が建てられた。
江戸期に和田の勝手明神との間に式内の本社を争う訴訟があったが、文政4年(1821)12月「福徳の宮久留真神社」と改称した。
寛永11年現在地に移転の際勝手明神を合祀。
第30代敏達天皇の御代(約580年頃)には 漢織姫命を淡路国(淡島)へ分祀し現在も淡路市久留麻町に別宮伊勢久留麻神社として鎮座されている。


由緒

古代
往昔は大已貴尊と須世理姫尊の二柱の神さまを通称伊勢の森(現在の白子・御殿町一帯)という神奈備(神域)にお祀りして福徳さんと称え奉りその周りには、御神木である樹齢一千年以上の福徳の松が、天に聳えていました。
合祀
第21代略天皇の御代に呉の国(中国)の漢織、呉織、衣縫兄姫、弟姫等来朝し勅命によって伊勢の国民に紡績や衣縫など文明技術を伝授した功績は実に偉大であり万民を感動せしめ永遠に称え偲び奉らんとして漢織姫命を当社に合祀して、福徳の女神と仰ぎ奉りました。
延喜式内社
延長五年に集大成された延喜式内社であって、遠近の崇敬を集めた古社でありその御神徳の崇高なることを物語っています。
特別御遷座
寛永11年3月徳川龍院御殿並びに執政別府(代官所)設立用地のため伊勢の森の境内を上地して現在地に御遷座いたしました。その時に、二代目・三代目の福徳の松が植樹され現在に至ります。

全国神社祭祀祭礼総合調査 神社本庁 平成7年




久留真神社

古代より当地の産土神として祀られ平安時代に定められた延喜式神名帳にも記載されている1300有余年の歴史をもつ格式高い神社です。当初、伊勢の森(現御殿町)に鎮座しておりましたが寛永11年(1634)紀州藩代官所設立用地のため大なる工費をもって現在地に移りました。その時、二代目、三代目と「福徳の松」も紀州候の命により植樹賜りました。
神社名は「福徳天皇社」と云っておりましたが、当地方一帯の地名を栗真荘と呼び、栗真荘で祀る福徳の車の女神様という故をもって文政4年(1821)12月「福徳の宮久留真神社」と改称し現在に至る。当社の前の道は伊勢参宮の旧街道です。明治天皇伊勢神宮参詣の砌参宮道筋の「総社」を持って勅使が立てられ幣帛料が奉られた由緒ある神社です。

社頭掲示板



白子代官所

郡奉行がおかれる前は「福徳神社」があったのを移転させ紀州城主の別邸を建て,代官所を併設した。
 現在の白子小学校の辺りが代官所で,それに隣接した北側に道路をはさんで堀と土塀に囲まれた御殿があった。
 福徳神社は移転して二つに分かれ,一つは久留真神社となり,もう一つが白子駅近くの勝速日神社となった。
 元の福徳神社の境内には直径が1一丈(3〜4m)ほどもあろうかと思える見事な老松があって,御殿の屋根においかぶさるようであったという。残念ながら明治13,14年頃に年老いて弱ったので伐(き)られたそうである。
(地図や配置図があり関係がわかりやすい)

http://www.pcs.jp/~sakura/siroko_daikan.html



久留真神社御由来

往昔は大国主尊と須世理姫尊の2柱を通称伊勢の森(現在の白子・御殿町一帯)という神奈備(神域)に「福徳さん」と崇め奉りその周りには、御神木である樹齢1千年以上の福徳の松が、天に聳えていました。
 第21代雄略天皇の御代に呉の国(中国)の漢織、呉織、衣縫兄姫等来朝したその際伊勢の国民に紡績や衣縫など文明技術を伝授された功績を永遠に称え偲び奉らんとして漢織姫命を福徳の女神と仰ぎ奉りました。
 文政4年12月、時代の移り変わるに従い益々尊称せられ当時の代表的産物「糸のべ車」の守護繁栄の神様(現在の車・交通安全の神様)と言えば栗真荘(当地方一帯の地名)で祭る福徳の車の女神様と言う故をもって「福徳天皇社」から「福徳之宮・車之総社・久留真神社」と社号を改称するにいたりました。

敬神会員作成HP



伊勢国INDEXへ        TOPページへ


学校データ