堅田神社
かただじんじゃ 所在地 社名















   【延喜式神名帳】弥賀多多神社 播磨国 明石郡鎮座

   【現社名】堅田神社
   【住所】兵庫県神戸市西区平野町堅田491
       北緯34度43分36秒、東経135度0分30秒
   【祭神】猿田彦命 素盞嗚尊 大己貴命 皇大神
   【例祭】10月10日 秋季例祭
   【社格】
   【由緒】天元2年(979)正月11日創祀
       寛文4年(1664)造営

   【関係氏族】
   【鎮座地】移転の記録はない

   【祭祀対象】
   【祭祀】江戸時代は「大梵天王宮」と称していた
   【社殿】本殿流造
       拝殿・長納屋

   【境内社】稻荷社

天元2年(979)正月11日神戸市垂水区(旧明石郡)櫨谷町長谷75番地鎮座郷社諏訪神社より勧請したと伝えられる。
堅田神社に隣接する旧別当寺院宝珠寺の大師堂に奉祀する金幣の幣串に「大梵天王」の金字が記されている。この金幣は、明治初年堅田神社から奉遷したもので、この時村人数十人に夢のお告げがあつて、再び神社に帰りたくないとのことであつたと伝える。恐らくは旧御神体であつたのであろう。


播磨国INDEXへ        TOPページへ



順悠社