ある時、少年は別れを経験しました。
幼いころによくある、少し切ない別れ。
それは雪景色と共に、ずっと心に残っていました。

―そして、数年後。
田舎道の間をゆれる電車。
外には一面の白。
変わらない思いを胸に、
彼はなつかしの場所に帰ってきました。