音楽を通して豊かな人生を

 えもとピアノ教室 へようこそWelcome to Emoto Piano School

コンセプトConcept

サンプルイメージ

千葉県松戸市八柱にあるピアノ教室です。
ピアノが初めてのお子様から趣味の大人の方まで1人1人丁寧に分かりやすく指導します。また、コンクール・受験にも対応。ピアノ指導者や音楽教室の指導者の方にも指導しています。

ピアノの上達には保護者の方のご協力が欠かせません。
具体的にどのような方法で練習すべきかお伝えしますので、次のレッスンの時に反映されると円滑にレッスンが進んでいきます。

レッスン中のビデオを撮影も許可しております。教室では様々なイベントを通して、保護者の方同士で練習のことをお互いに相談するなどわきあいあいとした雰囲気ですので、楽しい雰囲気でピアノを始めてみませんか。
ピアノが初めての方も基礎から丁寧に指導させていただきますので、どうぞ、お気軽に無料体験レッスンにお越しください。

<教室の特徴>
- 発表会・グレード・ピティナステップ・コンクールなど勉強会・演奏イベントを多数用意しています。
- グランドピアノ・防音室という環境で集中してレッスンにのぞめます。
‐ 指導者・演奏家としての専門性を活かしつつ、初歩の方から音大生まで幅広く指導いたします。
‐ 趣味の大人の方も大歓迎。

ムジカ・ノーヴァ2014年9月号「ムジカばーばのハローワーク」
当教室も載っていますので是非ご覧ください。

2014年6月20日<ピティナ 音楽大学で学ぶピアノ指導>
先輩指導者としてインタビューを受けました。是非ご覧ください。
先輩指導者からのメッセージ

ピアノ指導は経験値が大切です。指導の現場でさまざまな工夫を積み重ねてこられた先生方からメッセージを頂きました。育児・大学院通い・指導の3つを両立させ、今日では音大生に指導法を伝授している江本先生、30年のキャリアの中でご自身の指導法を転換させた矢ノ下先生、社会人になってから留学生活を経て、指導に専念されてきた江夏先生の3名にお話を伺いました。


江本先生・岡沢先生
指導の仕事は「人間形成」
江本純子先生

どんなに自分がピアノを好きでも、その気持ちだけで指導はできるものではありません。実際に「先生」になると、演奏技術や音楽の知識以外に必要なことがたくさんあることに気がつきます。たとえば私自身が大切にしている視点は「生徒の親の気持ち」です。親御さんは子どもの成長を願って音楽教室にやってきます。演奏の技術のみならず、豊かな情緒、こつこつ練習する忍耐力、目標や自信などを身に付けてほしいのです。私もピアノ教育の意義は人間形成にあると考えていますので、子どもに伝わる言葉掛け、夢中になれる練習法などを模索・実践する毎日です。また、子どもたちの会話の中には指導につながるヒントが隠れていますし、その子の身体の発達に留意するとスムーズな指導ができたりします。現在、音大4年の岡沢茜さんが私のもとで指導法を学び、レッスンで実践しています。現場で吸収できることをたっぷり学び、素晴らしい指導者になって欲しいですね。

2014年3月より<日曜日 岡沢先生クラス開講>

岡沢先生は、やさしく丁寧に指導してくださいます。是非、この春体験してみませんか
 
「生徒を伸ばす!ピアノ教室運営大研究」
(ヤマハミュージックメディア)が発売されました。

当教室について載っていますので、是非手にとってごらんください。

♪2013年4月28日(日)ピティナ・ピアノ指導セミナーで講演!!
江本純子先生
江本純子先生(松戸コアラの森ステーション代表)
江本純子先生
ピアノ指導者、ピアノ演奏者、またステーション代表、一児の母(7月には二児の母)と様々な顔をお持ちの江本先生。楽譜が読めることが音楽を続ける楽しさにつながる読譜に関する指導を中心にお話をされました。

『読めて弾けるようにするには、たくさんの曲をこなすことです。
ピアノ演奏のための下地ができたら、より多くの曲を演奏することができるように、初見指導をします。初見で大事なことは自信をつけさせることなので、最初は練習してきてもらったり、前の曲に戻ったりして、読める・弾ける自信をもたせるようにしています。
すらすら楽譜をよめるとピアノが楽しくなって、自らすすんで演奏をするようになります』