up date: 2006/10/4
   EMC関連LINK集、規格入手先、ノウハウ、文献 (References)

 

目次 

    EMCLINK集のある(大学などの)サイト

    EMC関連規格入手先

    EMCノウハウ・文献・データ

    EMC関連図書

    EMCセミナー、講習会

 

     EMCのページ TOPページ へ

 


EMCLINK集のある(大学などの)サイト  

充実したEMC LINK集のある(大学などの)サイト コメント(comments)

 EMC/安全適合性に関する情報源 (日本語)

英国のBill Lyons氏が保守するEMCのFAQをまとめたもの。英語の原文はこちら。和訳は佐藤さん。(2006/3リンクアドレス更新。2001/6/14相互リンクしていただきました。)
ハンブルグ工科大EMCページ (英語) 主にEU中心にEMC関連がリンクされている。
ミズリローラ大EMCリンク (英語) 主にUSAのEMC関連が良くリンクされている。
 

EMC関連規格入手先 (EMC standards) 

EMC関連規格入手先
コメント
CENELEC最新規格 (ヨーロッパ、英語) CENELEC関連の最新規格集(2000年版)の説明と購入法のページ。 
Cenelec以外にEUの規格を入手できるEU委員会 のページもある。CENELEC関連の規格リスト(pdf)
CE指令原文(CE directive、英語) EMC指令などがダウンロードできる(無料)。EU委員会のCE指令のページ
 IEC規格 (英語) CISPRやIEC61000-xxシリーズなどIEC規格の最新版がオンラインで入手できる。ただし有料で指定の銀行口座に振り込む。 
スイスにあるIEC本部のHome Page。価格はスイスフランで表示。1スイスフラン=約70円。
KEC(関西電子工業振興センター) 米国関係の規格、CISPR規格などの邦訳と販売。Home pageで出版物の案内の項を選ぶ。有料測定サイトもあり( 測定サイトの表参照)。
日本規格協会 IEC規格、EN規格など海外規格の翻訳および販売。原本および翻訳の販売。HomePageで海外規格を選ぶ。 EN規格でリストにない場合、BS規格(英国基準)のリストの中にENの前にBSをつけた番号で収録 されている場合があります。
FCC規則原文 (英語) FCCの最新規則原文。無料ダウンロード可。USAのFCCサイト。出てくる表の中でPartと書かれて いるところが日本で呼ぶ"章"にあたる。 IT機器はPart15、ISM機器はPart18が含まれるところを選択する。 

blue27_up.gif 目次(page top)へ戻る

EMCノウハウ・文献・データ (EMC references, know-how) 

EMCノウハウ・文献・データ
コメント
EMC(ミマツ) 日本のEMC専門雑誌のH.P.(アドレス変更のご指摘がEMC編集者の堀さまよりあり修正2000/8/3)
EMC+Compliance Journal (英語) 英国のEMC雑誌

ノイズ対策WEB講座

CQ出版の雑誌、本などで多く執筆されている宮崎さんがWEB上で開いているEMC講座。詳しいノイズ用語の索引もあり。(2001/12)

EMC FAQ(よくある質問)

イギリスのEMC情報ページ(EMC+Compliance Journal)内のページ和訳

EMC のための設計テクニック Keith Armstrong 氏 が UKのEMC+Compliance Journalのページに掲載している EMC 設計テクニックの和訳

アセンブリにおけるEMCテクニック

 Keith Armstrong 氏 が UKのEMC+Compliance Journalのページに掲載している。EMC 設計テクニックの和訳

EMCとは

EMCとはの解説など(情報通信研究機構EMCセンターのページ)

EMC用語集 日本ジッパーチュービングのHP
EMCノウハウ 川崎の電子機器設計請負会社アルスマグナダイナミックスのHomePage。ノウハウを具体的に示している
VCCIがまとめたEMC文献紹介 EMC関連文献についてよくまとめられている。電気雑誌のEMC記事のリストもあり。top pageでインフォメーション-文献リストを選択。2002/11現在会員以外はアクセスできなくなっています。 (富士通、田上様より改定についてご指摘ありコメント修正。00/2)(00/10 アドレス再修正)

EMCのページ 

EMC施設に勤務されるNさんがEMC測定ノウハウについて情報を提供しているページ。相互リンク。

アマチュア無線リンク(Latch up) 高周波(主にアマチュア無線)関係のリンク集。(このHP管理のKato様からこのEMCLINKページにリンク相互予定とe-mailを戴いています。)
高周波技術屋から見たEMC設計 高周波の技術屋さんからみたEMCノウハウが詳しく説明されている。 
無線局周波数検索 日本国内で公に認められた周波数割り当て表。総務省郵政事業庁の電波利用ホームページ内。
村田製作所公開EMC情報 フィルタなどの計算がオンラインで可能。その他詳しいフィルタ設計資料がPDFで提供されている。
TDKなるほどノイズ(EMC)入門 EMCの基礎的な項目について解説。TDKのページ

TDK部品特性表示ツール(SEAT)

TDKのEMC関連部品の特性を表示するSEATというソフト

blue27_up.gif 目次(page top)へ戻る

EMC関連図書 (あいうえお順, EMC reference books)

書名

著者

発行年

出版社

価格

コメント

EMC概論(第1版)

クレイトン・ポール、桜井他訳

1994

 ミマツ

 26,000円

EMCの基礎理論など幅広く記述。EMC一般の理論的な説明のほかに、SPICEでパターン伝送波形、クロストーク波形を求める方法をモデルも提示して解説。

EMCの基礎と実践 -電磁波障害とノイズ対策-

木下敏雄

1997
日刊工業新聞社
2,800円
電磁波の原理から広く(比較的軽く)EMCが説明されている。

イラストでよむアースとノイズのはなし

伊藤健一

2002

日刊工業新聞社

1900円

ノイズ対策では昔から有名な"イトケン"さんが最近のノイズ対策ノウハウも網羅したイラスト本.

Introduction to Electromagnetic Compaibility (第2版)

Clayton Paul

2006

JohnWiley & Sons, Inc

〜$100 (amazon. com)

jEMC概論の原本ですが2006年に第二版が出ました。シグナルインテグリティーにより力を入れた構成になっているようです。

高速ディジタル回路実装ノウハウ

久保寺 忠

2002

 CQ出版社

2,600円

 トランジスタ技術で連載されたノイズ対策の内容に加筆してまとめられたもの。

図解EMC用語早わかり

不要電波問題対策協議会編

1999
オーム社
2,500円
EMC全般について現場に詳しい各分野のメンバーが執筆していてわかりやすい

 ディジタル回路のEMC

 山崎弘郎編、仁田周一他

 2002

オーム社

3200円

 ディジタル回路面のEMC設計を中心にEMC試験法も含め5人の専門家が分担執筆。p102のAは上記碓井さんの本のp13の主張と異なる。

電磁妨害と防止対策

荒木康夫

1977

東京電機大学出版局

3300円

著者のご子息、荒木純夫様から実践的な本として紹介頂きました。ただし、2002/10現在出版元のリストにはもう見られないようです.→荒木純夫様による本の説明。

High-Speed Digital Design

Howard Johnson

1993

Prentice Hall

$90 (amazon. com)

ディジタル系のノイズ対策や測定の具体的なノウハウが満載。

プリント回路のEMC設計

Mark I. Montrose、山口他訳

1997
オーム社
3,900円
基板内グランドの分離など実践的に書かれている

ボード設計者のための分布定数回路のすべて

碓井有三

2000

自費出版

3500円

+ 輸送費

ディジタル回路基板設計に役立つ分布定数計算法。入手は筆者のホームページからの申込みのみ可。

blue27_up.gif 目次(page top)へ戻る

EMCセミナー、講習会など ( EMC seminer、済んだものも参考のため載せています。 )  

テーマ 開催日 講師 主催 コメント
電磁環境シンポジウム

2004/11/18

-

日本建築学会 電磁環境小委員会 築と電磁環境(電磁波シールド、磁気シールド、電波吸収等) に関 した講演
EMCセミナー2003 A European trend 2003/4/23 R&TTE CA Chaiman ヤン クンラッズ氏 EMCシステムズ 場所: 新横浜国際ホテル 桜の間
概要: 欧州における無線の市場動向、規格情報等 
参加費: 8000円(要事前予約4/10まで)
EMCシステムズ 今津様他の要望で掲載 

EMCノイズ対策技術シンポジウム

2003/4/16-18

徳田正満 武蔵工大教授、碓井有三氏他 (社)日本能率協会

場所:幕張メッセ。 テクノフロンティアウイークのEMCノイズ対策技術展とタイアップ

ノイズフォーラム2003

2003/2/26

九州大庄山氏、碓井有三氏他

日経ボード情報

場所:都市センターホール。
参加費:2/17までの申し込みで29800円(以降3.5万)

電磁ノイズ測定と対策技術課程

2002/12/9-13

東京理科大学理工学部
教授・工学博士
 
越地 耕二

日本フェンオール(株)
 
久保寺 忠氏ほか

(財)千葉県産業振興センター  場所 :東葛テクノプラザ(柏市柏の葉5-4-6)
受講料:座学のみ場合は、5,000円
東葛テクノプラザの名和様(セミナーの実習の講師)よりリンク依頼あり掲載
 大阪府電磁波利用技術研究会 第10回定例研究会  2002/12/5(木)  -  大阪府電磁波利用技術研究会 場所: 大阪府立産業技術総合研究所
受講料:3000円
田中@TRI大阪さまより掲載依頼あり
         
セミナー、講習会は本ページ管理者が気がついたもの、管理者に連絡を戴いたものをメインに掲載しています。セミナーは各所で随時開催されているため抜けが多いと思います。EMC掲示板に最新の情報が書込まれている場合があります。
 

blue27_up.gif 目次(page top)へ戻る


  EMC関連のページ( Local EMC pages, 本サイト内)

EMCのページ TOPページ (top page)

EMC当局、コンサルタント、関連団体、研究機関 (EMC consultants)

EMCリンク集、規格入手先、文献、ノウハウ (EMC know how)

 EMC部品 (EMC parts)

 EMC機器 (EMC test instruments)

EMC測定サイト (EMC test sites in Japan)

EMC試験サイト(電波暗室など)用材・建設 (EMC site constructors, material suppliers)

 

  その他 (related pages, etc)

高周波のページ(RF engeneer's page)

検索エンジン集(search engines)

 


リンクが切れているものや間違い、付け加えたほうが良いリンク先、ご要望などがありましたらご連絡いただけますとありがたいです→ご連絡方法は top pageの最後を参照ください。