計算機システムのマネジメント のトップページへ
仕事に有用なソフトウェア のトップページへ

Elie_World 無料ソフト : スケジュール管理

  ガントチャート Excel

Elie_Schedule Ver 5.5.0

 Ver 5.5.0 2009/01/18 入力規則のシェイプ削除防止
 Ver 5.0.0 2007/06/28
 Ver 4.5.0 2006/09/23
 Ver 4.0.0 2006/06/22
 Ver 3.0.0 2006/02/19
 Ver 2.0.5 2005/12/08
 Ver 2.0.0 2005/11/04
 Ver 1.7.0 2005/10/22
 Ver 1.5.0 2005/04/15
 Ver 1.0.0 2004/10/14

Elie_Schedule とは


 Elie_Schedule は、プロジェクトのスケジュール管理ツールで、ガントチャート (線表)を表示します。Ver 4.0.0 以前は主として長期プロジェクトを対象としていましたが、Ver 4.0.0 からは短期プロジェクトもターゲットにしています。

 Elie_Schedule は、作業項目 (WBS) ごとに予定されている開始日時、終了日時から予定線を描画し、進捗率 (%) から進捗線 (イナズマ線) を描画します。指定によって、実際の開始や終了日時から実績線を描画することもできます。この場合、作業の終了を予測することも可能です。


 Version 4.5.0 では、日数ベースで予定を立てる場合のために、休日を除いた日数を足した日を返す関数を追加しました。セルに式”=addDateExceptHoliday(日を足すセル, 足す日数のセル)”を入力します。ただし、この機能はマクロとスケジュールシートが同じブック内になければなりません違うブックであってもかまいませんが、同時に立ち上がっている必要があります(この場合の式は"=Elie_Schedule.xls!addDateExceptHoliday(日のセル, 足す日数のセル)")。


 Version 3.0.0 からは過去と進捗具合を比較するために、過去のイナズマ線も描画できるようにしました。

Version 3.0.0 (イナズマ線)
ガントチャート(稲妻線)


 Ver 2.0.0 ではガントチャートシートのデータを使い、マクロで ToDo リストを作成できるようにしました。
 Ver 2.0.5 では ToDoリストに元セルの書式やコメントをコピーするかしないか設定するようにしました。

Version 2.0.0 で追加 ( ToDoリスト )
ToDoリスト

 日を指定して予定作業をリストアップしたり、未完了作業をリストアップしたりすることができます。表示する項目はガントチャートシートの列を指定することで選択できます。

 この機能を使えば、ある期間における作業予定(ガントチャート)とその日の作業リスト(ToDoリスト)を別々にメンテナンスする必要がなくなり、スケジューリング作業の効率がよくなります。


 Ver 1.7.0 では横軸 (時間軸) の目盛りに一週間を指定できるようにしました。この場合、指定した曜日の場所に目盛り線を引きます。ただし、目盛りに日にちを表示したい場合は、手作業でテキストボックスなどを追加してください。


 Ver 1.5.0 ではイナズマ線ではなく、実績をそのまま表示することもできるようにしました。この場合、進捗率と現在までの所要時間から、作業ペースに変化がないとした場合の予測も表示することができます。

 下図では、予定線が緑色、実績線が青色となっています。実線の実績線が完了している作業、破線が未完了の作業を表しています。

Version 1.5.0 で追加 ( 実績線 )
ガントチャート(実績線)


Version 4.0.0 で短期プロジェクトのスケジュール

作業リストの一部
短期作業リスト
上記作業のガントチャート
短期ガントチャート

短期の場合、カレンダー機能も付いています。祝日は任意で追加することができます。
カレンダーマスター


Elie_Schedule の特徴


 Elie_Schedule は、フォーマットへの依存性は強くなく、汎用性があります。各プロジェクトそれぞれにおいてスケジュール以外に管理すべき項目やメモしたい項目があります。整合性や一覧性の観点から、これらの項目を同じ画面、同じ帳票上で入力、確認したいとの要望があるはずです。そのため、Elie_Schedule では決められたフォーマット上にガントを表示するのではなく、フォーマットに合わせてガントチャートを表示します。この実現は、描画環境のシートに、各設定値を指定することで実現します。

Version 1.7.0 の環境設定画面
環境設定画面

 進捗の更新 ( ローリング ) の際に、新たに作業項目 (WBS) が増えた場合は、必要箇所に行を挿入し、各項目の値を入力、その後、「線の描画」マクロを実行するだけとなります。


 Elie_Schedule は表示シート(スケジュールシート)とVBAプロジェクトを別ファイルとして管理することができます。

 VBAプロジェクトを持つブック ( Elie_Schedule.xls (ファイル名を変更してもOK) )は描画環境のシート(environment)&カレンダーマスターシート(CalendarMaster)の2つがあれば十分であり、表示シートは別ブックでもかまいません。これは、ガントチャート描画以外のマクロが必要であれば、この表示シートを含むブックにマクロを保存しておくことで、Elie_Schedule のVBAプロジェクトに手を加えることなく、マクロを追加することが可能なことを意味します。


スケジュール、コスト、リソースやリスクの評価機能について


 Elie_Schedule はプロジェクト管理の機能の内、スケジュール管理をターゲットにしたツールであり、予定線から予定開始、終了日時を算出する機能も備えていますが、基本的には、線を描画するのみです。

 スケジュール、コスト、リソースのバランスの検討や、プロジェクトの進捗に伴うリスクの評価は機能の範囲外です。

 しかし、Elie_Schedule は Excel をプラットフォームにしており、これらの機能は、Excel の一般的な機能を使用することで、簡単に実現できます。例えば、リソース、つまり担当者や使用する機器の項目上で、フィルタ機能を適用し、該当のスケジュールを抽出することにより、予定の重複している時期がわかります。また、コスト管理においても、シート内に予算と実績の項目を準備し、予算超過した項目を色付き表示するなど、工夫することで実現できます。

 その他にも、例えば、Version 2.0.0 では、マクロで ToDo リストを作成できるようにしましたが、実は、マクロを使わなくても Excel のデータ・フィルタ(と copy & paste など)を使えば同様のことができるのです。


Elie_Schedule の使用について


 Elie_Schedule は無料です。自由にお使いください。
 なお、Elie_Schedule を使用した結果について責任を負うことはできません。
 まずは色々試されたうえで、使用してください。

 Elie_Schedule は Excel のマクロ言語で作成しており、Excel 97 以上で動作します。Excel 2007 では試していません。OS は Windows2000 と WindowsXP で確認しています。

 environment シートや VBA プロジェクトのパスワードを知りたい方、不備に気付かれた方は下記より連絡してください。
 (Ver 4.0.0 はそれ以前のものにモジュールを追加しており、environment シート、マクロのパスワードを変更しています)


Elie_Schedule の操作説明


 ダウンロード、解凍された Excel ファイル ( Elie_Schedule.xls ) 内に、操作説明やサンプルのシートがあります。そちらを参照してください。

 こちらでは、これまでいただいた質問と回答をあげています。ご覧ください。


Elie_Schedule のダウンロード

   Elie_Schedule_5.5.0 のダウンロード (約 150 KB)
 
関連ソフト

   Outlook 予定表をガントチャート形式で印刷 Elie_OutlookGantt

Outlook 予定表をガントチャート形式で印刷します。


   スケジュール管理 Outlookの仕事データを利用したガントチャート Excel

Outlook 仕事アイテムのデータを Excel シートに取り込みます。処理を Elie_Schedule に引き継いで、ガントチャートを作成することができます。


   スケジュール管理 ガントチャート OpenOffice.org Calc

Elie_Schedule の OpenOffice.org 版です。






計算機システムのマネジメント のトップページへ
仕事に有用なソフトウェア のトップページへ
Elie_i ソフトウェアへ

連絡はこちらへ 山村@Elie_World