チェルノブイリの写真
Elenafilatova和訳

読者の皆様へ

これまでに翻訳したコンテンツが、このたび、集英社新書として発刊される運びとなりました。
エレナさんより新たに送っていただいた写真をふんだんに使用し、訳文の見直し、訳注など
多くの改稿を重ねました。

発売は9月16日の予定です。お手にとっていただければ幸いです。


2011年9月1日
訳者 こと 池田紫

ゴーストタウン チェルノブイリを走る

(集英社新書ノンフィクション)オール カラー
エレナ・ウラジーミロヴナ・フィラトワ (著), 池田 紫 (翻訳)
価格: ¥ 1,260(本体\1200)

チェルノブイリの事故の実相を伝える詩的文明批評 写真と文で伝える事故から20年後のチェルノブイリ。放射能汚染で移住を余儀 なくされた人々の、かつての生活のぬくもりの残骸を求める孤独なバイクの旅。 原発事故に揺らぐ日本人必読の詩的文明批評。
新書: 256ページ
出版社: 集英社
ISBN-13: 978-4087206081
発売日: 2011/9/16

 



目次


四季 2009年 (翻訳:2011/05/17)
2010年 四季 (翻訳:2011年5月)

以下のコンテンツは、新書発刊のため、しばらく非公開とさせていただきます。
ゴーストタウン 2003年 (改訳:2011年3月)
オオカミの大地 2005年(改訳:2011/05/18)
2007年 春  2007年(翻訳:2011/05/20)

冥王の国(プルート・レルム)2008年 (翻訳:2011年5月)



メール elena_ride@yahoo.co.jp
twitter yukarikeda

このページは、エレナさんの元ページを、日本語訳したものです。
上記のアドレスはエレナさんご本人には届きません。