1 solitary
2 circus
3 a whim
4 elfenlied
5 sircus
6 dazzle
7 redaze
8 fullcolors
9 celestial
10 lament
[ DOWNLOAD BUY ]
S e r p h
『accidental tourist』
ELECD-08
¥2,000+税
   







POP ELECTRONICAアーティスト Serphのデビュー・アルバム



POP ELECTRONICAアーティスト Serphのデビュー・アルバム
kettel、I Am Robot & Proud、DE DE MOUSE、fetic、Lupeuxなど若いエレクトロニカアーティストに顕著な「メロディー回帰」とも言うべきポップ・エレクトロニカシーンの動きに共鳴するようなSerphの1stアルバム。 好きなアーティストがdimlite(Sonar Kollektiv)という一風変わったバックグラウンドを持ち、ピアノと作曲を始めたのもわずか3年前(2008年当時)という東京郊外在住年齢20代半ばの男性ひとりユニット。下記の影響を受けたアーティストからも伺えるとおり、ジャズとクラブジャズの区別もなく、エレクトロニカもポストロックもブレイクビーツもテクノもすでに”既存のいち音楽ジャンル”化している世代。そのメロディー重視のエレクトロニカ・サウンドはfetic、Lupeux、hirotec等と共に「POP ELECTRINICA」と呼ばれ、大手CDショップで異例の売上を記録するシーンへと成長しました。

プログレッシブロックを思わせる「ドラマティックな曲構成」
プログレッシブロックからの影響を感じさせる03 a whim、09.celectial、映画音楽からの影響を思わせる02.circus、07.redaze 10.lament、ジャズ/フュージョンからの影響が濃厚な01.soritary、05.sirkusなどあくまでSerphが感じるJAZZ像を膨らませたかのようなユニークさを持ち「空想上の宅録JAZZ」とも言えます。以前はDJもしていたが現在はただひたすら楽曲制作にのめりこむ姿勢は竹村延和を想像させます。 初期の竹村延和やspritual vibes、サイレントポエッツなど90年代のクラブジャズが好きだった人達にも是非聴いて欲しい一枚です。シンフォニックで幻想的な印象派ポップ・エレクトロニカの傑作!!

<摩訶不思議で幻想的なこのジャケットイラストは、feticのCDジャケットや小説『ピーターと影泥棒』、『ピーターと星の守護団』の装丁なども手掛ける新進気鋭の画家、谷口愛氏によるもの。>

Serph's favorite artists
dimlite,Herbert,caribou,steve reich,mice parade, four tet,jon brion,ryuichi sakamoto,pat metheny,yoko kanno, rainstick orchestra,clifford gilberto,max brennan,ian o'brien, the doobie brothers,hiromi uehara,hanna,max tundra,toy,mocky, erast,silent poets,akino arai,howie b,suzukiski,nobody,sade,primal scream, spritual vibes,domu,james holden,calm,omar sosa,soul flower union, bob james,nitin sawhney,susumu yokota,baden powell,coldcut,daedelus, max de wardener,haruka nakamura,keith jarrett,gontiti,haruomi hosono,rei harakami,nobukazu takemura...etc

comment :
かなり説明の難しい音楽を制作するあまりいないタイプのアーティストです。幻想的な雰囲気やメロディーやハーモニーの美しさから一瞬でファンになりました。   - Hidenobu Ito 【 Mo's ferry/ wimm/ Commune Disc



LINK :
MySpace by Serph>>
谷口愛webサイト>>
Serphインタビュー>>









このCDをお店で取扱い希望のお店様はこ右記までご連絡下さい。 Distributed by : 株式会社アートユニオン / NEWTOK



 Copyright (C) All Right Reserved elegantdisc