山梨ラーメン紀行 > 閉店・移転情報

山梨ラーメン紀行


閉店・移転情報

更新日:'18/04/04

閉店・移転したお店を本編より移動しています。順不同。地域もバラバラです。
ここに記載があるお店でも、チェーン店などは県内の他の場所で営業している可能性もありますのであらかじめご了承ください。
また、屋号が変わったお店もその内容を確認するまで一旦ここに移します。

店 名 情 報 食べた品名 感 想 評価 訪問日
円熟屋
長塚店
甲斐市長塚6-3

定休日:木曜日

駐車場:店の前に8台

人手不足との理由で閉店。近所だけに残念。
肉しょう油らーめん
590円
場所は、飯田通り長塚中交差点からほど近い。細田眼科医院と喫茶加牟那の間。既に中央市の円熟屋本店を紹介しているが、近所にこの長塚店がオープンしたので記事に加える事にした。 2009年の春オープン。美容院を改装した店内は暗い色を基調にしていることと採光箇所が少ないことで黄色い外観と対照的に昼でも薄暗い印象を受ける。落ち着いた雰囲気。カウンターとテーブルで25席。カウンター席からは真新しく衛生的な厨房が見渡せる。 基本的に二人の男性店員で切り盛りしている。入って右側にある券売機で食券を買う。普通のラーメンもあるが僕はいつも券売機左上の筆頭メニュー(?)肉しょう油らーめんを注文する。尚、注文の際、野菜、ニンニク、脂を増量することができ、全て増量の場合は『全部増しで』と言う。 スープは豚骨ベースの醤油味。褐色で透明度は低い。独特の甘しょっぱい味。トッピングのニンニクに負けない力強さを持っている。 麺は太直。硬茹ででゴワっとした食感。麺自体の風味が高くスープとの相性も良い。 具は、山のように盛られたモヤシとキャベツ、大きく厚く切られた豚バラチャーシュー、みじん切りされたニンニク、そして背脂。軟らかく煮込まれたチャーシューは、自体への味付けは殆どされていないが肉そのもの味を楽しむことができ、また濃厚なスープと絡む事で更に美味しさが増す。麺のモチモチゴワっと感、野菜のシャキシャキ感、チャーシューのムッチリジュワっと感。濃厚スープの喉越し。 これらを交互に行えば口の中はもう祭りである。僕にとっては他のメニューを試す気にならないほどハマってしまう一品。 SA '17/06/11
日曜日
閉店確認日
'17/12/31
とんとん 中央市大田和1301-1

定休日:月曜日

駐車場:約10台(路駐も可能)

2017年12月末県民に惜しまれつつ閉店。
とんとん麺
630円
場所は地元の人でないと分かりにくいかも。甲府方面からだと田富の中心を突っ切り、桃林橋を渡ると右側に見える。道が新しく敷かれぐるっと回り込まないと到達できないが建物がオレンジ色で目立つので見失わないはず。 店内はカウンター8席、テーブル2掛け3卓、小上がり4人掛け3卓。男性(店主?)とおばさん2人で切り盛り。 12時前に着。平日なのに駐車場は満車。路駐の車もあり。 すぐ座れたがほぼ満席状態。小上がりなどは相席だ。客層はお昼休み中の会社員など…人気の高さを伺わせる。 とんとん麺を注文。 スープは鶏ガラ中心のあっさり醤油味。琥珀色に澄んでいる。いい塩梅で甘みは殆ど感じられず。表面にキラキラ油が浮いている。 ただし麺に比べると特徴は少ない。ソツのない作り。 麺は太縮れ。固茹で。平たくてかなり太い。自家製だとのこと。 ゴワッモチッとした独特の食感。そして太く平たい縮れ麺がスープを引っ張ってくる。よく噛みそして飲み込む。…旨い。食する愉しみを実感できる。 具はチャーシュー2枚、シナチク、刻みネギ。 チャーシューは豚のバラを蒸したもので、大きく、そして厚い。それが2枚デローンと乗せられている。 調味料による味付けがされておらず正に肉の味だが、食べているうちにスープと馴染み美味しさが増してくる。最初あっさりのスープだが、肉の脂がスープに溶け出し徐々にコッテリ感を生み出す。これは面白い。 このお肉はとんとん麺のトッピングでありチャーシュー麺では、”いわゆるチャーシュー”が乗ってくる筈なので注意だ。 餃子(399円税込価格)は薄皮で噛むと中で具がプリプリして美味しかった。 とんとん肉、そしてユニークな麺。売りの要素が明確だから(途中ブランクがあったものの)長年親しまれ、遠方からも訪れる客がいるのだろと思う。 メニューが少ないのも自信の表れと考えられる。 今回久しぶりに伺ったが、近所だったら通うだろうな。 '13/04/24
水曜日
閉店確認日
'17/12/31
らーめんや蘭 甲府市飯田4-11

定休日:不明

駐車場:店の前に数台

「麺処 笑」に変わっていました。
煮干しそば
750円
しばらく空きテナントだった筈の場所にある日気が付いたらお店が入っていた。開店してそんなに日は経っていないはずだ。場所は飯田通り沿い。長松寺橋の東側。甲府市中心に向かって右側。 店内はカウンターのみで10席。12時に入店。先客7人。あとから入れ替わりで3人。意外に(失礼!)賑わっていた。店員さんは男性1人。とても感じが良い。筆頭メニューは「潮煮干しそば」(塩味)だったが僕は塩ラーメンを食す習慣がないのでここは正攻法で「煮干しそば」(醤油味)を注文。 スープは褐色で濁。煮干しの風味がガツンと来る醤油味。ダシに甲州地鶏を使用しているとの事だが甲州地鶏は実にクセの無い自然なダシが出て、ブロイラーにみられるいわゆる鶏臭さがない(僕はクッサい鶏ガラ臭も好きなのだが)。醤油ダレも尖った感じがなく優しい味。 麺は中細、縮れ弱。ゴワッ、ザクザクといった噛む度に官能の食感。好きです。スープとの相性も良い。製麺所は東京の菅野製麺。 具は、チャーシュー、赤玉ねぎみじん切り、シナチク、刻みネギ。チャーシューは豚バラ部で箸でつまむとホロホロっと崩れるほど煮込んである。味付けは濃すぎず薄すぎずちょうど良い。太いシナチクは存在感あり、味付け甘く良いアクセントになっている。 玉ねぎも適度な清涼感を与えてくれる。 ちょっと強気な価格と思われたが食べ終わってみて納得。惜しむらくは、具材の彩りが後退色で器を前にした時のワクワク感が弱いこと。でもその位かな。 この店舗は以前「一兆」というラーメン屋が入っていたが短命だったと記憶。駐車場が狭く立地的になかなかやりにくい面はあると思うが味と店主の人柄でカバーだ。 '16/03/12
土曜日
閉店確認日
'16/12/02
ジャンクガレッジ 中巨摩郡昭和町飯喰417-1イオンモール甲府昭和店3F

定休日:月曜日

駐車場:3300台(イオンモール共用)

ラーメン
730円
2011年3月、イオンモール甲府昭和店開店と同時に出来たお店。もう落ち着いているだろうと会社の帰りに入店。爆色ワイルド系という同店の噂はかねてから耳にしていたので、おしゃれなイオンモールのなかでさぞかし異色を放っているだろうと思っていたが、平日の19時、しかも台風12号接近に伴う暴雨の最中ということもあってイオンモール自体が空いていたせいもあるだろうか、フードコートの一部として普通に溶け込んでいた。もしかしたら休日のお昼などはこの周辺だけジャンキーで溢れ返っているのかもしれない。 前置きが長くなった。店舗は3階のフードコートの一部。先も書いたがイオンモール自体が空いていて並ぶことなく注文。初めてなのでラーメンにした。並と中盛が同じ値段なので中盛。またこの際、野菜、ニンニク、背脂の量を指定できる。僕は『全部増し』にした。店内はいわゆるフードコートで座席は他店(中華料理やイタリアンなど)と共用で800席となっている。注文から受け取りまでのシステムも同じで会計を済ませるとブザーを渡され、これが鳴ると出来上がりで品物を取りに行く。10分ほど待ちブザーが鳴った。受け取りの際、野菜、ニンニク、脂の量について『この程度でよいか』確認される。少ないと感じたらこの時申し出れば更に増量してくれる。僕の場合は既に多く感じたのでそのままで。お好みで野菜にタレをかけるよう薦められる。 スープは甘しょっぱく濃厚。動物系出汁を煮詰め完全に乳化。不透明。…いや、出汁がどうの、隠し味がどうした、とか論議するのが憚れる。『様々な素材がお互いを殺すことなく引き立てあっている』お店がある一方で、こちらは一歩間違えれば殺し合い。戦力の均衡で保たれている平和とでも言おうか。途中からニンニクが参戦し冷戦に拍車をかける。とにかく力強いスープ。 麺は太く縮れ。ゴワッと硬く強い歯ごたえ。最後まで伸びない。濃厚スープをガッチリ受け止める麺。 具はモヤシを中心とした山盛り野菜、軟らかく煮込まれたバラチャーシューが一枚デローンと乗っている。そしてタラの白子のような脂、細かくミンチされたニンニク。野菜は、湯通ししてあり味付けはしていない。最初は量に圧倒されるが食べ進んでいくうちに箸休めになっている事に気が付く。またモヤシに埋没してキャベツも少し入っていた。トッピングの脂は、既にスープに醤油色に染みた背脂が浮いているのに更にトッピングされるのでコッテリに拍車をかける。 後半ピッチが落ちたが何とか完食。のんびりメールやおしゃべりなどしていると食べきれない。集中して勢いで食すべし。同店はよくラーメン二郎と比較される。しかしオーダーの際、独特の呪文(?)が必要で庶民的であるようでいて、その実敷居が高い二郎に対し、同店はそうした形式が不要で安心。味、というかコンセプトについても二郎の良し悪しを昇華させ開き直った感じが好きである。こういう店を待っていた。どうか長続きしてほしい。 '11/09/02
金曜日
閉店確認日
'15/10/01
味一麺 甲府市中央1-9

定休日:日曜日

駐車場:無

お店の入り口に閉店の告知あり。'14年12月を以て閉店とのこと。
中華そば
550円
場所を甲府地方裁判所の東側、エル西銀座に移した。ホカ弁の2件隣。昼前に入店。最初は僕一人だったが次第に昼休みのサラリーマンが訪れ始めた。店内はテール主で20人ほど収容可。大き目の器に入れられた「中華そば」は、スープは明るい褐色でやや濁。鶏ガラベースの醤油味。鰹香りのするスープは和風を意識させる。他にもホタテやカキに見られる貝系っぽい風味がした。あっさりしている様だが鶏の油が浮きコッテリ感を高めている。どことなく甲府の「上田屋」のスープに似ている。麺は太さ中細、縮れ強。茹で加減もやや硬めで僕好み。具はチャーシュー、シナチク、ノリ、ナルト、刻みネギ。チャーシューは大きく厚く、ジュワーと柔らかく美味しく作ってある。これでチャーシュー麺を食べてみたい。残念なのは食べているうちにノリがバラバラになってしまった。同品は以前「下町ラーメン」と呼ばれていた筈だが同じ物と考えてよいだろう。下町ラーメンとは昔ながらの様であって意外とパンチの効いた味のするラーメンであった。
[記事が古いので内容にご注意願います]
'07/01/11
木曜日
閉店確認日
'15/01/01
あゆみ 韮崎市中田町中條1733-2

定休日:火曜日

駐車場:店の左右に約10台以上

'14/9/24の掲示板情報より。確認のため電話を掛けたところ『現在使われておりません』のアナウンス。
正油ラーメン
450円
R141沿い。甲府方面から清里方面に向かって右側。ゆ〜ぷるにらさきの手前。アルプス食堂も近い。何気に時々利用している。 佇まい、および店内の様子からしてかなり以前からこの場所にあると想像できる。テーブルと小上がりで30席弱。年季は入っているが清潔感がある。椅子に落ち着くと、醤油の香ばしい香りが漂っているのが印象的だった。店主とその奥さん2人で切り盛り中。 18:30入店。この日は天候も悪く客は僕だけだった。もっともピークはこれからだろう。 正油ラーメンを注文。 スープは茶褐色で濁りはないが透明度は低い。醤油の香りが立っている。突出した出汁は感じられない。味は見た目の印象ほど濃くはなく醤油ダレで上手くまとめている感じ。 麺は太さ中、縮れ弱、調度良い茹で加減。 具は、チャーシュー、シナチク、コーン、刻みネギ、ノリ、スナップエンドウ。クニュッとした弾力で味の乗った豚バラチャーシューが美味しかった。 コーンの黄色、エンドウの緑がスープに映え綺麗。 餃子(6個で400円)はパリッとした焼き上がり。既に味が付いているので何も付けなくてそのまま頂ける。焼きたての醤油せんべいのような…漂っていた醤油の香りは餃子を焼き上げていた匂いかな? 中の餡はよく練ってあって軟らかい。面白い餃子で好きだ。 お好みでラー油をスーッとかけるのも良い。なおこの餃子、4名以上でサービスになるらしい。 全体的に価格が庶民的なのは嬉しい。 '13/06/21
金曜日
閉店確認日
'14/09/30
麺や純 甲府市徳行2-8-15 A03

定休日:月曜日

駐車場:沢山あり

'14/6/29を以て長期休業だそうです。facebookの自らの記事で確認。
こくうまラーメン
690円
替玉
110円
甲府市徳行に今年できたグルメモール「ウェルネスゾーン」に入ったお店。向かって左から3番目の店舗となる。ちなみに左隣はチャンピオンカレー。店内はモダンで明るい感じ。カウンターとテーブルで30席弱。18時半に入店。カウンターに一人お客が、帰りがけに一組きた。混み出すのはこれからだろう。厨房では男性二人が調理。 明るく背の高い笑顔の素敵な女性店員が注文を訊きに来てくれる。 席に着くとまず、サービスでサラダボウルが運ばれてくる。これには意表を突かれ思わず笑ってしまった。サービスにしては量が多く嬉しい。 こくうまラーメンを注文。醤油と塩が選べるが醤油にした。 スープは褐色で不透明。節の香りが立ち昇る。時間を掛けて炊き出したと思われる豚骨ベース。獣臭はなくサラッとし粘性は殆ど無い。丹念に手を加えていると思われる。お店の印象からは豚骨っぽいのを連想させるが、むしろ節が主役で豚骨は主役をしっかりサポートする脇役に回っている。それらを醤油ダレで纏めている。 節からだろうか、最初やや酸味を感じたが、後味は甘く優しい。 計算か、偶然か、スープがぬる目だったので熱々だと飛んでしまうような僅かな香りまで楽しめた。 麺は直細。やや硬茹で。白い色が印象的。この手の麺は纏めて口の中に放り込みザクザク食べるのが大好きである。食べ終わるや迷わず替玉を注文。何というか、替玉の時はあまりいろいろ考えずに食べる。麺は自家製とのこと。スープとの相性は良い。 具は、チャーシュー、穂先メンマ(流行りか?)、刻み青ネギ。チャーシューはロースの部位。適度な軟らかさでしっかりと味が染み込んでいる。 “こく”というのは奥行きのある旨みのことをだが、コクがあって美味い本品については商品名に偽りなしと言える。したがって博多・長浜ラーメンなどにに見られる乱暴な獣臭を期待してはいけない。 '12/08/08
水曜日
閉店確認日
'14/07/03
めん麺 南アルプス市下今井348−2

定休日:木曜日

駐車場:10数台(多店舗と共有)

'14/5/25を以て閉店したそうです。Twitterの記事で確認。
正油らあめん
550円
県道5号線上(この道はよく通るのだがなんて説明したらよいか?)、櫛形方面に向かって右側の集合店舗の中の一店で一番道路側。赤い看板がよく目立つ。ご夫婦で経営している様子。日曜のお昼過ぎに入店。ピークは過ぎた頃かお客さんは3名ほどだった。店内はカウンター、小上がり、テーブルがあり30人弱収容。かつてはガキ大将(?)だった店舗を居抜きで使っている。その為か、同店は営業してそう長くはない筈だが既に一定の年季が感じられる。 スープは琥珀色でやや濁。鶏ガラと煮干の出汁。煮干しの香りがほんのり芳しい。醤油の風味も前に来るが尖った感じはなく円やかにまとめている。表面にスーッと油が浮きあっさりの中にコッテリ感を高めている。 麺は縮れ強の細麺。スープとの一体感があり相性はいい。 具は、チャーシュー、シナチク、味付け煮玉子半分、ノリ、刻みネギ。チャーシューは程良く味が染みていて美味しい。チャーシュー麺も期待できる。 ラーメンと半チャーハンが700円など14時までのランチセットがお得。 店主はTwitterを通じ営業情報などを配信している。県内ではユニークな試み。FM-FUJIの熱心なリスナー。 '12/04/01
日曜日
閉店確認日
'14/06/17
麺革 甲府市武田3-7-1

定休日:月曜日

駐車場:店の裏に2台

飲食店以外の店舗(公文塾?)になっていました。
しょうゆそば
680円
武田通り、武田の交差点を300mほど神社の方に向かうと右側にある。むつみ屋、一心を経て今年5月に現在の麺革となった。 会社帰りの13時頃に入店。家族連れが数組。近くに大学があるが土曜日という事もあり学生らしき姿は無かった。 店内はカウンター10席、小上り6人掛け2卓、テーブル4人掛け2卓。女性スタッフが多いのが特徴的。 「麺革しょうゆそば」を注文。680円と多少値が張るが大盛りがサービスという。お腹が空いていたので大盛りにした。 更に麺類注文の場合はライスが付く。セルフサービスなので自分で好きなだけ盛り付けられる。がっつり食べたい人にはお勧め。ご飯のふりかけも数種類選べる。僕はタラコふりかけにした。 スープは琥珀色で透明度は低い。鶏ガラベースで背脂は浮いているが意外とあっさり。特徴を押さえた大人しい薄めの味付け。背脂の為か後味がほんのり甘い。 麺は中細、縮れ弱。加水高めでチュルチュルトした食感。茹で加減は軟らか目。大盛りにすると2玉くらい入っている。 具は、チャーシュー、シナチク、ノリ、刻みネギ、味付け煮玉子(半分)。チャーシューは軟らかく煮込まれた豚バラの大きいのが乗ってくる。これは美味だ。 先も述べたが、ラーメンを大盛りにしてライスを食べるとお腹いっぱいで苦しくなる。『同じ値段なら食べておこうか…』という貧乏性の僕みたいな人は注意が必要だ。 あと、メニューの順番からして、つけ麺に重きを置いていると思われる。つけ麺の好きな人はチェック。 '11/06/18
土曜日
閉店確認日
'13/12/29
地どりそば
いち○(いちまる)
甲府市徳行2-8-15 A01

定休日:水曜日

駐車場:沢山あり

徳行ウェルネスゾーン店舗を閉め移転するとの情報。移転先が分かるまで一旦ここに退避。
丸鶏醤油
650円
甲府市徳行に今年できたグルメモール「ウェルネスゾーン」に入ったお店。向かって一番左の店舗となる。ちなみに隣はチャンピオンカレー。店内はシックで小洒落た感じ。カウンターとテーブルで30席弱。昼過ぎに入店。男女一組のお客がいた。厨房では男性二人が調理。明るく笑顔の素敵な女性店員が注文を訊きに来てくれる。 筆頭メニューのいち○ラーメンにしようか迷ったが、無難に(?)3番目に書かれていた丸鶏醤油にした。 スープは褐色で透明度低。表面にスーッと油が浮いている。甲州地どりの出汁を使っているというが、これが雑味がなくいわゆるガラらしさが完全に排除されていてとても澄み切った味となっている。もちろんそうなるだけの下処理も行なっているのだろう。しかも醤油の尖った感じはなく、円やかに、ふくよかに仕上がっている。一方で『これ!』といった突出した出汁の主張はないので野趣好みの人には物足りないかも。優等生的なスープ。 麺は中細縮れ弱。独特の弾力があり歯応えが楽しい。 具は、チャーシュー、穂先メンマ、ノリ×2枚、ほうれん草、刻みネギ。チャーシューはロースの部位。厚目に切られている。肉そのものの味を楽しませるためだろう。薄い味付けとなっている。表面は片側炙ってあるが、脂身が少ないので敢えて炙りを入れなくても良いかなと感じた。なが〜い穂先メンマの投入は味も見た目も斬新。ほうれん草の緑が映える。食べ終わった後も口の中に美味しさがしばらく滞在していた。会計の時飴をもらったが、口の中の余韻が勿体無いのですぐに口に入れなかった。 同店は「ガラ炊き鳥白湯」などのメニューもあるので次回はそちらを食べてみたい。 '12/08/05
日曜日
閉店確認日
'13/10/29
中華一番 甲府市美咲2-10-15
国立甲府病院前

定休日:日曜日・祝日

駐車場:未確認

閉店。リフォームし普通の住宅になっていました。
ラーメン
500円

広東麺
650円

店内は小上がりカウンター4席、4人掛け×2卓、テーブル4人掛け×4卓。 スープは醤油味で鶏ガラが前面に来る。野菜出汁、特にショウガ、ネギなどの風味がスープを力強いものにしている。ほのかに甘味もある。 麺は太さ中、縮れ弱…というか殆ど直麺。シコシコ感が高い。 具はチャーシュー、ウズラの卵、シナチク、カイワレ、刻みネギ。駐車場は店の周囲には見当たらない。向かいの国立甲府病院から歩き客、もしくは出前が多いのだろう。同店は広東麺も美味しく、はくさいを中心として、たけのこ、さやえんどう、豚肉、エビなど具沢山で普通盛りでも食べ応えがある。おすすめ。 '04/08/02
閉店確認日
'13/08/16
食為天 南アルプス市野牛島2334-24

定休日:未確認(なし?)

駐車場:10数台

屋号が「福源」に変わりました。一旦ここに退避。
醤油ラーメン
480円
山梨中央銀行八田支店隣、コメリの向かい、旧ローソンの店舗を改装して今年オープンした。外観はいかにもコンビニを塗り直した感がある。それが理由か分からないが当初は『なんか入りにくいお店』という感じが強かった。 休日の昼食時に入店。駐車場は満車で店内もほぼ満席。繁盛の理由がメニューを見てわかった。後でも述べるが価格が全て安いのだ。 店内はコンビニのバックヤードも開放した為、思いのほか広い。テーブルと小上がりで60席以上はあろう。 醤油ラーメンを注文。スープは褐色でやや濁。豚骨ベースの醤油味。甘しょっぱい…というか味濃い目。麺は中細。縮れ弱。加水率低めで硬茹で。具はチャーシュー2枚、キクラゲ、シナチク、刻みネギ。甘じょっぱい味が染み込んだバラチャーシューはおつまみでもいけそう。細く切ったキクラゲが食感のアクセントになっていて効果的。 餃子6個280円、五目中華そば680円、五目チャーハン480円でしかも2人分はあろうかという量。一品料理も充実。お得なセットメニューもある。バーミャンより安い!?中華料理が安価で腹いっぱい食べられ、特に家族連れには財布に優しいお店といえる。これが混雑の理由だろう。 店員さんが中国台湾系の人なので日本語の会話にやや難あり。難しい言い回しは避けた方がいい。 開店して現在までそう経っていないと思うが、早くも近隣住民の支持を得ていると感じた。 実はこの日、連れも一緒だったが、麺類とチャーハンが出てくるまで30分程ひらきがあった。客席数に厨房の能力が追い付いていないと思われる。こうした混雑時の対応が今後の課題といえるだろう。一番手っ取り早い対策は“客席を減らす事”である。 '10/06/20
日曜日
閉店確認日
'13/06/18
めん組 中巨摩郡昭和町西条1683-4

駐車場:他店と共用

閉店→
居酒屋えがお屋

らあめん
650円
最近オープンしたと思われるお店。お好み焼き屋“道頓堀”の隣。昔、ラーメン花月があった店舗を居抜きで使っている。店内はカウンター10席、テーブル4人掛け×5席。黒が基調のシックな雰囲気だ。ラーメンを頼むと醤油か塩か訊かれる。僕は醤油を選んだ。スープは茶褐色で透明度は低い。いきなりカツオの香りがこみ上げてくる。同店はカツオ節のダシが売りだというが、これがクドい。出すぎて酸味が感じられる。これはダシというよりもカツオを粉にしてスープに溶いているようだ。もう少しさりげなくてもよいと思う。他の動物系のダシさえ埋没してしまう。コッテリ感を出すためか表面には多めに油が浮いている。麺は中細、縮れ弱。具はチャーシュー、シナチク、ノリ、刻みネギ。個性的で面白いと思うがすこしガチャガチャしていると感じた。 '06/03/26
日曜日
閉店確認日
'13/05/13
国界 甲府市国母6-4-1

定休日:未確認

駐車場:専用駐車場は無いと思われる。今回は路駐。

閉店

チャーシュー麺
750円
以前から訪問したかったお店。甲府市中央卸売市場の西側。店舗は通路を入った建物の奥にあるので外部から様子は見えない。長野県富士見町R20沿いにある国界と屋号のロゴ(?)デザインが同じ事から、その暖簾分けと解る。13時過ぎに入店。客は一人だけ(後でも述べるが一般のお店とは最繁時が異なる)。店内は広く、カウンター、テーブル、小上がりで40名は収容可。厨房も広い。この時間帯は男性店主が一人で切り盛り。タバコをよく吸う。チャーシュー麺を注文。器が黒で解り難いがスープは琥珀色で透明度が高い。鶏ガラベースの醤油味。野菜出汁的な甘味は感じられない。柚の風味の清涼感と、表面に浮く油のこってり感とが相まってスープの個性となっている。麺は中細縮れ弱。丁度良い茹で加減。具はチャーシュー4枚、シナチク、刻みネギ。チャーシューは長いのが4枚デローンと載っている。豚バラの部位でとても柔らかく煮込まれている。肉への味付けは薄い。 市場で働く人をターゲットにしているので営業時間は7時〜14時。日曜祭日は午前中のみ。朝からラーメンが食べられるなんて羨ましいが、勿論ラーメン以外のメニューも充実している。“山梨県の台所”の台所、と言える貴重なお店。 '10/02/20
土曜日
閉店確認日
'13/03/21
めんてぼ 甲府市住吉5-3-6

定休日:未確認

駐車場:いわし亭と共用 店の前に10台。裏にも未舗装だが駐車場がある。

閉店

醤油ラーメン
650円
小瀬スポーツ公園の北東側。いわし亭と同じ敷地内にある。13時頃入店。店内はカウンターと小上りで20席ほど。昼休みに食事を摂る会社員が数名いた。夫婦で切り盛り。まずは入口右側の食券を買う。醤油ラーメンを選んだ。麺の硬さ、スープの濃さ、脂の加減を訊かれるが全て『普通』にした。スープは茶褐色で透明度は低い。豚骨と煮干カツオ節など魚介系の出汁。やや酸味を感じる。醤油ダレが魚介系動物系の風味を上手くまとめている。表面に脂が浮きコッテリ感を強めている。麺は細縮れ。やや硬めの茹で加減。加水率低目の細麺を箸でまとめて口の中に放り込んだときのザックリとした食感が楽しい。具は、チャーシュー、シナチク、ナルト、ノリ、刻みネギ。大き目のバラチャーシューは柔らかく味が染み込んでおり美味しい。個性的で美味しいラーメンと感じました。千塚のあんどう亭と同じカテゴリーかな。近所だったら通ったろう。補足情報として、ラーメンにセットでモツ丼、カレーライスなどプラス280円で提供される。この日はカレーライスを頼んだが量があり満足。同店の店主のブログ。とても熱心に更新されている。お得な情報のお知らせがあるのでチェックだ。 '10/02/03
水曜日
閉店確認日
'13/03/21
成宝 韮崎市穴山町7640-3

定休日:月火

駐車場:約10台

閉店

ラーメン
500円
R20沿い、みどりやよりやや甲府よりに位置する。『手打ちラーメン』と書かれたカンバンが目立つ。店内への入り口が普通の家っぽくて分かりにくかった。店内はテーブルと小上りで25人は収容可。平日というのに近所の人で賑わっていた。スープは醤油味。琥珀色。醤油直球勝負といった感じ。甘味は排除してある。鶏ガラベース。麺は太さ中で平べったい。縮れ強。色白が印象的。手打ちの為か不揃いだがそこが良い。食感は最初の口当たりはゴワっと硬い感じだったが噛むと弾力がある。スープとの相性も良く食べていて楽しい。県内では珍しいタイプの麺。具はチャーシュー2枚、シナチク、ナルト、ノリ、刻みネギ。後半はやや単調気味で醤油の酸味が気になった。これだけ絡みのよい麺だったらもっと薄味のスープでもいけると思う。メニューが読みやすくイラストが入ってかわいらしい。甲府市の老舗“独立軒”の進化形といった印象。面白いお店を見つけた。 '06/03/01
水曜日
閉店確認日
'13/03/21
麺屋 勝 中央市布施2356-4

定休日:未確認

駐車場:他の店舗と共用。閉めているテナントもあるため無理なく停められると思う。

屋号が「ばりとん」に変わりました。一旦ここに退避。

牛骨ラーメン しょうゆ
650円
2011年5月オープン。会社帰りの20時半頃入店。席はお客さんで半分くらい埋まっていた。店内は明るく内装も真新しい。若くて元気のいい男性店員2人で切り盛り。カウンター12席、テーブル8席(2人掛け×2卓、4人掛け×1卓)。カウンターからは厨房が見渡せる。店内入って右側の券売機で食券を買う。最初なので牛骨ラーメンしょうゆ味を選択。 スープは褐色で透明度は低い。表面にキラキラ油が浮いている。“牛骨”と言う事で、牛は牛なのだが、独特の野趣は抑えられ適度な個性となっている。牛テールスープっぽいのを期待していくとちょっと違う。魚介系は感じなかったがニンニク/ショウガなど使っているかな。醤油タレとの相性がよく醤油の塩分とスープのほんのりした甘さが上手く調和している。 麺は中細縮れ強。軟らかめの茹で加減。あっさりとしたスープに合う。 ちなみに麺の硬さ、スープの濃さなど注文の際に言えば好みに調節してくれる。 具は、チャーシュー、シナチク、青ネギ、水菜、ノリ。豚バラのチャーシューは厚く大きく乗せられ存在感あり。軟らかく煮込まれている。スープとの喧嘩を避けるためか、薄味で作りこまれている。大きなノリが印象的。水菜は清涼感を高める。 ありそうでなかった牛骨出汁のラーメンだが、鳥取県ではご当地ラーメンとして歴史がある。山梨でも、現在は閉めてしまったが石和健康ランド入口に牛骨ラーメンを出した店があった。 ユニークな店が登場した。オペレーションは未だ不慣れのようだが、今後の活躍が楽しみである。 '11/05/12
木曜日
閉店確認日
'13/03/20
ロンドン貢川店 甲府市貢川本町18-4

駐車場:店の前に1台

閉店

ラーメン
450円
カウンターのみ約10席の小さなお店。おじさん一人で切り盛りしている為か店内は雑然としている。21時頃入店したが常連と思しき客がいい具合に出来上がっていた。酔っ払を相手に話をしている割には動きがキビキビしていてそんなところに『職人』を感じた。とくに炒飯を作る姿は見事。スープはコクのある醤油味。見た目以上に醤油の味が力強いが決して煩くない。ほのかに昆布の風味を感じる以外突出したダシはなく程よく調和がとれている。麺は太さ中、縮れ弱。絶妙の茹で加減。具はチャーシュー、ホウレンソウ、シナチク、ナルト、ノリ、刻みネギ。チャーシューはややボソっとした感じだ。あまり期待していなかった分美味しく感じた。 03/05/29
閉店確認日
'13/03/20
麺屋 けんしろう 甲府市中央1-13-9

定休日:日

駐車場:なし

閉店

けんしろうらーめん
750円(麺大盛りサービス)
春日あべにゅーのアーケードの中にある。入り口に“無化調”を謳う貼り紙。店内は奥に長く10席ほど。店内は明るく真新しい。奥に鉢巻を巻いた男達の写真が飾ってある。若いお兄さんが一人で切り盛りしていた。18時頃入店。客はまだ僕だけ。 けんしろうらーめんを注文。あっさりとこってりが選べるが“あっさり”にてした。スープは茶褐色で透明度は低い。魚介系の出汁の風味が前に来る。表面に魚粉が浮いている。そして、なんだろう?野菜じゃないな、味醂?砂糖?先ず甘みが強く、後味に煮干から出た酸味がくる。 麺は縮れ弱。中太でコシが強い。加水率低目かな。弾力のある食感で美味しい。 具は、チャーシュー、シナチク(太いの2本)、あおさノリ、刻みネギ(青ネギ)。丸い豚バラチャーシューは一枚厚く切られている。箸でつまむと崩れるほど軟らかく煮込まれている。 総評として、スープがとっ散らかった味。未だ軸が定まっていない感じ。何かで纏めるか、逆に何かを引くかした方が良い。麺は美味しいと思う。あと、ラーメン一杯750円は自信の表れとも取れる額であり、容赦なく期待を抱かせる額であるが大丈夫だろうか?ここも激戦区。今後の活躍に期待。 '11/01/06
木曜日
閉店確認日
'13/03/16
くらま 甲斐市竜王79-1

駐車場:20台(ただし軽車両専用多し)

閉店

激うま醤油
870円
かつてこの場所には“とん太”があったはずだがいつの間にか新しいコンセプトで生まれ変わっていた。内装および外装は黒を基調とした落ち着いた雰囲気。だが日中外から入ると暗い印象を受ける。店内はカウンター、テーブル、小上がり合わせて30人以上は収容できる。値は張るが“激うま醤油”ラーメンを注文。スープは褐色で白濁している。表面に背脂が浮きこってり感を高めている。見た目豚骨ラーメンの印象を受けるがちゃんと醤油の味が立っている(これとは別に豚骨ラーメンもある)。出汁は豚骨ベースで煮干しなどの風味もした。コクがあり飲むほどに後を引く。麺はチュルチュルした食感の中細麺。縮れ弱。具はチャーシュー2枚、シナチク、半熟味付け卵1/2、キクラゲ、ノリ3枚、刻みネギ。なるほど『激うま』かもしれないが、この値段がどうにかならないものか。同店はその外観、メニュー、方法論から“炭や”などと同系列と思われる(チャーシューの断面まで同じ)。セントラルキッチンを持つ店としてはもう少し値下げできるのではないだろうか?家族向けではないな。 '06/04/02
日曜日
閉店確認日
'13/03/16
風来 甲府市善光寺1-12-5

定休日:月

駐車場:道の反対側に砂利の駐車場あり。10台以上停められる。また正面の休業中のスーパー「おおもり」への駐車も可。

閉店

風来ラーメン
500円
割と最近開店したらしい。R411善光寺入口交差点角にある。奥に細長い店。中年のご夫婦で営まれている。カウンターと小上がりで25席前後。18時過ぎに入店。客はまだ僕だけ。夕方からの営業という事もあってピークはこれからだろう。 風来ラーメンを注文。 スープは褐色で不透明。動物、野菜、など様々な出汁で取られているようだが、とっ散らかった感じはなく、また、特定の素材が主張することも無い。醤油ダレで上手く纏めている。ほんのり甘く円やか。見た目の印象より大人しく上品である。これはこれで良いが、素材が遠慮し合っちゃっている感じ。逆に何かを際立たせた方が味に奥行きが出ると思う。 麺は中細縮れ。やや硬茹で。加水率低め。チュルチュルっとした感じ。 具はチャーシュー、シナチク、煮玉子半分、青ネギ。豚バラ肉のチャーシューは燻製のような独特の風味があり手が掛かっていると思われる。青ネギが器に映える。 定食類、丼物もある。また、店の雰囲気からも居酒屋的な利用も期待できる。信号待ちをしていたら下校中の高校生を多く見かけた。周囲は学生も多いようなので学生ウケしそうなパンチの効いた、例えば爆食ワイルド系的なメニューを揃えても需要があるかもしれない。 '12/04/20
金曜日
閉店確認日
'13/03/03
とりたけ 南アルプス市六科491

定休日:月

駐車場:隣接しているホームセンター(Jマート)と共用

閉店

昔ながらのラーメン
480円
かつては焼き鳥屋だったが改装してから定食など手広くやっていると思われる。ラーメンもその一つか?店内は広く座敷、小上り、テーブル、カウンターがあり大勢の客を収容できる。スープは薄醤油色のあっさり醤油味。鶏ガラを連想したが獣系の出汁はおとなしかった。むしろ煮干し系の香りと水菜の清涼感のある香りが見事に調和しありそうでなかった風味を出していた。麺は太さ中、縮れ普通。シコシコ感がある。具はチャーシュー、ゆで卵半分、ノリ、ワカメ、水菜、タマネギ、刻みネギ。チャーシューは自家製ではなくハムに似た加工品と思われ、いわゆるハム臭さが邪魔になり残念。ラーメンに水菜は斬新でスライスしたタマネギとの食感が楽しい。清涼感があり女性にも親しまれると思う。片手間で作るラーメンとしては秀作であると言える。 最終訪問日
04/06/01
閉店確認日
'13/03/05
なかよし食堂 韮崎市円野町上円井1628

定休日:木

駐車場:約15台

閉店

ラーメン
450円
R20沿い、みどりやよりやや長野よりに位置するお店。店内はテーブルと小上りで30人は収容可。スープは醤油味。明るい琥珀色。醤油の香りが断然良い。豚骨ベースでわずかに煮干しの風味がする。クドくない甘味。最後まで飽きない。麺は太さ中、縮れ普通。具はチャーシュー2枚、シナチク、ナルト、ノリ、ワカメ、刻みネギ。チャーシューは小振りながらも2枚入っている。土日祝日は昼の“準備中”がなく通しでやっているらしい。近所に強豪“みどり屋”があるが意識せずマイペースでやっているな、という印象を受けた。お得なセットメニューもあるので貼り紙をよく見ること。なお、同店は“すりばちラーメン”がお勧めという。味噌味で胡麻をふんだんに使っているらしい。次回はぜひ食べてみたい。 SA 最終訪問日
'06/03/01
水曜日
閉店確認日
'11/05/10
らーめん工房一心 甲府市武田3-7-1

定休日:月(月が休日の場合は火)

駐車場:店の裏に3台と銀行のうらに5台

閉店→麺革

ラーメン(こってり)
680円
武田通り、神社に向かう右側にある。店内はカウンター10席、小上り6人掛け2卓、テーブル4人掛け2卓。たまに足を運ぶたびにメニューに手が加えられている。去年は味噌系を推していたと思ったが今回は筆頭メニューがタンメンだった。未だ以って方向を模索中といった所だろうか。今回はサイクリングの帰り、14時過ぎに入店。準備中が無いのがうれしい。醤油ラーメンには「あっさり」と「こってり」があり、今回はこってりの方を注文。スープは豚骨ベースの醤油味。茶褐色でやや濁。コクがあり醤油の香りが立っている。魚系のダシもさりげなく全体的に調和が取れている。「こってり」と言っても特別脂っぽくなく、やや濃い目に作りこんであると感じた。これは「あっさり」を食べてみないと比較ができない。麺は中細、硬茹で縮れ弱。チュルチュル感が高く飲み込むときの食感が心地よい。具は、チャーシュー、シナチク、ナルト、ノリ、刻みネギ。全体的に器用にまとめていると感じた。メニューによって(なぜか醤油は対象外)大盛のサービスや学割50円引きがある。次回は「あっさり」やタンメンを食べてみたい。 '07/06/17
閉店確認日
'11/04/10
味千ラーメン 中央市浅利3574-1

定休日:火曜

駐車場:9台

閉店

味千ラーメン
525円
熊本ラーメンが食べられる全国チェーンのお店。昼過ぎに入ったが家族連れが多い。カウンター、小上がり、テーブルで40人以上収容可。豚骨スープが売りらしいが店内は豚骨臭は漂っていない。あのニオイが好きな人には物足りないかもしれないが女性や子供には良いだろう。家族連れが多いのもうなづける。“味千ラーメン”を注文。三分もしないうちに出てきて驚いた。スープは褐色に濁った豚骨ベース。表面にニンニクネギ油が浮き香ばしい香りを添えている。よくある黒いマー油ではない。甘くマイルドだが豚骨の野趣感と溶け込んだニンニクの存在感はある。でももっと力強さが欲しい。ファミリー向けだからこの辺が限界か?麺は加水率低めで中細。硬茹。縮れ弱。多めに箸に取り一気にズズズッとすすりザクッと噛む。ぜひダイナミックに頂きたい。喉越しもおいしい。具は、チャーシュー、味付け茹で卵半分、キクラゲ、刻みネギ。周囲にはバーミヤンやめん丸、少し行くととんとんがありちょっとした激戦区になっている。 最終訪問日
'07/07/29
日曜日

閉店確認日
'11/03/04

よし坊 南アルプス市六科1527-13

定休日:火

駐車場:店の前に数台、または斜向かいにクスリのサンロードへ

閉店

ラーメン
500円
19:30頃行ったら混んでいてほぼ満席状態。この地区での人気の高さをうかがわせる。ボトルキープがたくさん入っていて夜は居酒屋的に利用されている様子。つまみ類も充実している。広東麺がお勧めらしいが、ラーメンを食べたかったのでそれを注文する。麺は太さ中、縮れ普通。硬ゆでで私好み。スープは醤油味で豚骨ベース。昆布の風味を感じる。具はチャーシュー2枚、ホウレンソウ、シナチク、ノリ、刻みネギ。特筆すべきはここの『激辛ラーメン』一見普通の醤油ラーメンに見えるが食べてみると辛い。辛味を出すのに青唐辛子を使っているので色となって現れない。だから“激辛=赤いスープ”という先入観で食べると意表を突かれる。豆板醤や赤唐辛子とまた違った清々しい辛さを体験できる。 '02/04/12

閉店確認日
'11/03/01

風風ラーメン 甲府市貢川本町12-1

駐車場:いちやまと共用困ることはない

閉店

パーコー麺(醤油)
700円(大盛100円増し)
いちやまマート貢川店の道をはさんだ南側。近くに朗月堂もある。店内はスペースの割に席数が多く、50人近く座れると感じた。背もたれのやたらと高いイスに圧倒される。豚骨が筆頭メニューだったが、醤油味のパーコー麺にした。パーコーとは豚ロースに衣をつけて揚げたもので、から揚げに似ている。衣に味がついていてカリコリして食感も良くそのまま食べてもおいしいが、ラーメンのスープを吸っても相性がいい。スープは醤油味で突出したダシはなくあっさりしているが、パーコーが程よいコッテリ感と香ばしさを与えている。麺は太さ中、縮れ弱で硬茹。蕎麦に揚げ玉が合うようにラーメンにパーコーの相性は実にいいと感じた。逆にいえばある一定の味のラーメンであればワンランク上にしてしまう、女のお化粧みたいにズルイ具とも言える(笑)具は、パーコー以外にチャーシュー3枚(小さい)、シナチク、ノリ、刻みネギ。パーコーの印象が強すぎチャーシューの存在感が埋没してしまう。無くして値下げは出来ないか?おそるべしパーコー… '03/03/20

閉店確認日
'11/01/06

こくぼ家 甲府市国母8-29-3

定休日:月

駐車場:店前に4、5台。裏にも駐車場があるがこの店の物かは未確認

閉店

ラーメン
600円
山梨で食べられる家系ラーメンの草分け的存在。店内はカウンターのみ。およそ30席。先ず食券を買う。スープは褐色で透明度は低い。醤油味で豚骨のダシがガツンと効いていて独特の獣臭が食欲をそそる。麺は縮れ弱で中太。モチモチ弾力がありチュルチュルとした食感で喉越しがよく美味しい。なお麺の硬さ(ゆで具合)、スープの濃さ、油の量をオーダーの際に選ばせてくれる。僕は。『全て普通』が合っているようだ。具はチャーシュー、のり3枚ホウレンソウ、刻みネギ。 '01/07/20

閉店確認日
'11/01/05

喜多方ラーメン升亭(ますてい) 甲斐市下今井2960

駐車場:約10台

閉店→山亭

醤油ラーメン
525円
店内は天井まで所狭しとおつまみメニューが貼られていて居酒屋さん状態。実際飲み客ばかりでラーメンだけ食べに来る人は少ないように思えた。小上がり6人掛け×5席、カウンター4席。スープは鶏ガラ豚骨ダシ。醤油色で透明度は低い。塩分やや高め。後半は酸味も感じた。麺はやや太で縮れ弱。やや硬いゆで加減。喜多方ラーメンと言うのでもう少し平べったくモチモチっとした食感の面を期待したが普通であった。具はチャーシュー、ナルト、シナチク、ノリ、刻みネギ。居酒屋として、また2次会に良いと感じた。 '05/02/08

閉店確認日
'10/12/23

いっぽん 甲府市千塚3-2-48

定休日:不定休

駐車場:店の裏にあるが何台停められるかは未確認。夜間なら向かいのauのお店に停められる

店主急逝による閉店。

ラーメン
580円
今年10月、屋号は“ガキ大将”から“いっぽん”に変わったがメニューも店員さんも全く同じ。もともと独立して営業していたので本部倒産の煽りは受けなかったという。せっかくなので改めて紹介する。店内はカウンター5席、テーブル4人掛け4卓。いつも“味噌野菜ラーメン”や“激辛ラーメン”しか食べないのでこの日は普通のラーメンを注文。スープは豚骨ダシの醤油味。透明度の低い琥珀色。表面に背油がスーっと浮いていてコッテリ感を高めている。甘味はほとんど無く醤油の塩分が主張してくる。呑んだ後のシメの一杯にはちょうどよい。(午前3時まで営業!)麺は太さ中、縮れ普通。柔らかい茹で加減。フニフニした食感。もう少し硬茹でが良い。味噌系に使用する太目の麺の方が私には良い。具はチャーシュー、味付き茹で卵半分、ノリ、ナルト、シナチク、刻みネギ。やはり同店は味噌系がお勧め。今でこそ珍しくなくなったが初めてここの味噌野菜ラーメンを食べたときの衝撃は忘れられない。屋号が変わったといえ今年でまる10年。この間“花月”“らーめん太郎”が姿を消している。なにか“キメ手”がある店は強いのだろう。一番近いラーメン屋さんとしてこれからも頑張って欲しい。 '10/09/22
水曜日

閉店確認日
'10/11/04

ラーメン屋aya 甲斐市玉川253-1

駐車場:店の周りに約4、5台

閉店

しょうゆラーメン
580円
かつて同店は田富にあったが近年竜王に移転したと思われる。甲府方面から南下する場合はほうとうの小作を過ぎて直ぐ右側にありよく目立つ。昼過ぎに入店。ピークを過ぎた為か客は3人ほどで空いていた。店内はカウンター、小上がり、テーブルで25席ほど。初めてなので筆頭の“しょうゆラーメン”を注文。スープは茶褐色。鶏ガラ豚骨ベース。深みのある醤油の味。見た目は味が濃そうだが食べてみるとスッキリしている。表面に背脂が浮きこってり感を出している。やや酸味あり。麺は中細で縮れあり。やや硬茹で。加水率低め。スープとの相性は良い。具はチャーシュー、シナチク、ナルト、味付け玉子半分、ノリ、刻みネギ。チャーシューは弾力があり厚目に切られている。軽い味付けで肉本来の味が楽しめる。ネギがシャコシャコして美味しかった。味付け玉子も嬉しい。食事としても良し、飲んだ後の一杯としても良し、バランスの取れたラーメン。 '07/10/01

月曜日

閉店確認日
'10/10/02

しきしまラーメン 甲斐市中下条1232-1

定休日:水、各週で木も

駐車場:店前に他テナントとの共用

閉店→
あじはなラーメン

しょうゆラーメン
500円
敷島西町交差点を南に200m下った付近。何気に界隈では古い店となっている。店は駐車場を挟んで奥まっているが看板がよく目立つ。店内はカウンター、テーブル合わせて30人は収容できる。鉢巻姿の店主が鍋を振る。山小屋の管理人風だ。スープは豚骨ベースの醤油味。琥珀色に明るい。甘味は無く干しシイタケ的な風味有り。麺は太さ中〜細、縮れ強でスープによく絡まる。細麺なのにチュルチュルモチモチとした食感で美味い。具はチャーシュー、シナチク、ナルト、ノリ、刻みネギ。チャーシューは厚く切られており程よい食感。駐車場は時間にもよるが無理なく停められる。ミソラーメンもお勧め。 '09/02/14
土曜日

閉店確認日
'10/03/01

麺めん 甲府市古上条町1-1

駐車場:他店と共用最大8台

定休日:火曜日

屋号が変わりました。一旦ここに退避。

正油ラーメン
550円
通りすがりにたまたま見つけたお店。最近出来たのだろうか?昼はラーメン中心、夜は居酒屋としても機能する。店内は良い意味で古びておりアジがある。もともとあったお店を居抜きで始めたのかもしれない。(後でわかったが以前は“上海食堂”というお店だった)カウンターとテーブルで30人弱収容できる。初回なので醤油ラーメンを注文。どことなく“えなりかずき”風の店員さんが訊きに来てくれる。スープは茶褐色。透明度は低い。豚骨ベースでカツオの香りが立つ。見た感じ濃い味の印象だがバランスの良いあっさり目のスープ。既にこれで『和風』を感じさせるが別にある“支那そば”(600円)は更に和風でさっぱりしているらしい。麺は細縮れ弱。適度に芯が残る茹で加減は絶妙。細麺を箸でまとめてつまんで口の中でザックリ噛む時の感触がたまらない。非常にスープにあった麺。具は、チャーシュー、半熟卵、シナチク、ナルト、ノリ、刻みネギ。器の口径が小さく小振りな印象を受けるが意外と深さがあり食べ終ってみると全体量としては普通だった。 '06/11/20
月曜日

閉店確認日
'10/02/24

ラーメン時間 甲府市徳行3-13-22

定休日:無

駐車場:店のウラに約10台

閉店

タイムラーメン
500円
大盛100円増
税別
スープは醤油のとがった感じがあり、やや濃い目。麺は太さ中、縮れ普通。具はチャーシュー、シナチク、ナルト、ノリ、刻みネギ。チャーシューの3/4がアブラ身で占められていたこと以外これと言って特筆すべきものは無いが、正月三箇日(正しくは4日だが)の深夜3時に営業しているというのはすごい。実は突然辛いものが食べたくなり、ラーメンショップの地獄ラーメンが目当てで深夜に車を出したのだがシャッターが下りていた。そこで、ふと斜向かい見ると照明が点いたので入ってみたというわけ。『ラーメンを食べたい』という人の欲求を、何時いかなる時でも満たす。ここは何時でも『ラーメン時間』だということだ。 '01/01/03

閉店確認日
'10/02/20

支那そばや和光 甲府市下石田2-20-21

定休日:火、第3水

駐車場:15台

閉店→
台湾料理吉祥

醤油ラーメン
680円
あの『支那そばや』の甲府支店。'04/11/25にオープンした。店内は明るく清潔感がある。カウンター10席、小上り4人掛け×2卓。すべての席から厨房の様子が見渡せる点は本店と同じである。『醤油ラーメン』を注文。スープはやや濁った琥珀色。鶏ガラの風味が前に出る。最初だけ醤油の尖った感じがした。野菜などの甘みは意識して排除しているみたいで、鶏の旨みと醤油の香ばしさが際立っていた。表面には脂が浮いていてそれが効果的にコッテリ感を高めている。見た目よりパンチの効いたスープ。それでいて鶏臭さというかエグ味がなく抜けの良い味。代わりに何かは分からないが、独特の燻製臭のような香りがスープから昇ってくる。本店も確かそうだった。麺は、細目で縮れ弱。やや硬茹で。以前藤沢市の本店で食べたときより歯ごたえを感じた。私にはこちら(甲府)の方が好み。具はチャーシュー、シナチク、ノリ、刻みネギ。チャーシューの味付けは素朴で肉本来の味を活かしている。でしゃばることなく、あくまで主役は麺とスープである事を物静かに語っている気がした。(最近はチャーシューを乗せるためのラーメンが多いと思う。)ネギは瑞々しい九条ネギが入り彩りも鮮やかだった。美味しいけどちょっと値段が高いかなぁ '06/03/31
金曜日

閉店確認日
'09/12/26

花梨 富士川町長沢508-2

定休日:火

駐車場:店の前に3台。一杯だったら近所にヤマザキデイリーストアがある

店主急逝による閉店。

しょうゆラーメン
600円
店内は居酒屋風だが店主は『ラーメン屋』だと主張する。とは言え、おつまみ類が充実していて、きょうざ、野菜いため、砂肝は絶品。串に刺さない焼き鳥も美味しい。気さくな店主で感じが良い。さて肝心のラーメンだが、スープは数ミリ先が見えない濃い醤油色で、味も醤油とコショウが濃い。具はひき肉、にんじん、玉ねぎ、ニラ、モヤシ。これらをジュと炒めて鍋の中でスープと合わせる。ひき肉からダシが出てコショウがガツーンと効いてこれが良い意味で個性になっている。麺は太さ中、縮れ強。シコシコチュルチュルした食感の麺。コシもある。スープとの絡みが良いのでパンチに拍車をかけている。太麺の方が相性がいいかも。『お酒の後はさっぱり味のラーメン』という“お約束”を完全に打破している。『つべこべ言わず食え』と聞えてきそうな、むなぐらつかんでくる味。ヤミツキになりそう。店内は約20名収容、言い忘れたが餃子のタレは店主が調合してくれるのでまずはそれをそのまま使おう。勝手に醤油を足すと怒られる。 SA '03/07/03

閉店確認日
'09/08/17

麺屋黒船 甲斐市島上条187

駐車場:店の前と後ろに10台以上

閉店→
ネイルサロン

醤油麺
600円
もとセブンイレブンのあったところに出来たお店。平成17年8月4日に開店した。混雑するだろうと、落ち着いた頃行こうと思ったが意外と空いていたので寄ってみた。5分ほどの待ちで座れた。店内はカウンター14席、テーブル4人掛け×2卓。全体的に黒を基調とした造りで落ち着いた大人っぽい雰囲気。ジャズ音楽が流れていた。先ず食券を買う。“醤油麺”を選択。スープは豚骨ベースの濃い醤油味。色は茶褐色。醤油の香りが立っていて焦がしたネギチップの香りも食欲をそそる。見た目ほどしょっぱくなく昆布のようなまろやかなダシも感じた。麺は太さ中位でやや平べったい。縮れ中。硬ゆでで歯ごたえのある食感。麺と相性がよく喉越しもよい。でもしばらく食べているとプラスチックを食べているような無機質さを感じた。具はチャーシュー、モヤシ、ノリ、刻みネギ、焦がしたネギチップ。シナチクは入っていない。とても美味しいが少しボリュームに欠ける気がした。チャーシューも大きさ味共に全く存在感がない。ところでこの焦がしネギ、醤油と味噌には入っているが、塩に入った場合は香りが邪魔になるのではないかと思い、ある日“塩麺”を食べてみた。ところがこれには焦がしネギは入っておらず、代わりにオレガノと思われるハーブと、ニンニクの風味とがあいまって、私の不安をよそに、塩にとって非常に相性の良い組み合わせが図られていた。これには脱帽。同店は“ちゃぶ屋”の森住氏がプロデュースしFC展開している店という。かなりのラーメン激戦区である敷島のこの地で、同店は本当の『黒船』となり得ることができるか、今後の成り行きが楽しみである。 '06/01/15
日曜日

閉店確認日
'09/04/25

蔵芸 甲府市千塚1-9-14

定休日:オギノと一緒

駐車場:オギノと共通

閉店

醤油らーめん

490円(税別)
蔵芸と書いて『くらげ』とよむ。オギノ湯村ショッピングセンターの2Fにある。以前は『直球醤油ラーメン』というのがいわゆる基本のラーメンであったが、いつしか名称を『醤油ラーメン』変え値段も580円から90円値下げした。スープは褐色でやや濁。鶏ガラ豚骨ベースであっさり醤油味。かなり甘く感じる。麺は太さ中、縮れ強。スープとの相性は良い。具はチャーシュー、シナチク、ノリ、刻みネギ、ゴマ。かつてはチャーシューから桂皮や八角などの風味がスープへ溶け出し個性となっていたが、今度の『醤油ラーメン』は香りがおとなしくなっていた。チャーシュー自体も以前よりやや小さくなり(それでも存在感はあるが)、これらは値下げの波及と考えられる。スーパーマーケットのフードコーナーにありがちなラーメン屋とは明らかに一線を画している。座席はすべてテーブル。他店舗と共用。 '06/12/03
水曜日

閉店確認日
'09/04/25

みだい食堂 韮崎市

閉店

しょうゆラーメン
400円、大盛600円
客はトラックの運ちゃんが多い。おばさん一人で切り盛りしていて他の注文もこなしていたせいか若干麺が伸びていた。縮れ強で麺でスープの絡みがよい。スープは吉野屋に近くなつかしい味がする。大盛を頼んだからかチャーシューが2枚入っていた。これと言って特徴はないが季節はずれの雪の降る寒い日に頂いたラーメンは気持ちも暖まった。 '00/03/31

閉店確認日
'09/04/01

ラーメンハウスれん 甲斐市中下条729-4

定休日:水曜日

駐車場:店の向かって右側に3台ほど。

閉店

醤油ラーメン
500円
もと焼き鳥屋さんがあった場所。21時過ぎに入店。3人客が居た。基本的におばちゃんが1人らしいがこの日はお手伝いの女性が来ていた。店内はカウンターと小上がりで15名ほど。リフォーム後で明るく綺麗。醤油ラーメンを注文。小皿(福神漬け)のサービスあり。スープは琥珀色でやや濁。あっさり味。突出したダシはないが、スープに溶け込んだニンニクの風味が食欲を掻き立てる。麺は中細で縮れ弱。具はチャーシュー、シナチク、ワカメ、刻みネギ。チャーシューがとても薄かったがたまたまだろうか。具材こそシンプルではあったが、ふわっとニンニクの豊な風味の飽きの来ない一杯でした。居酒屋っぽいがアルコール類は無い(6/17現在)。昼間も営業しているラーメンをメインとした食事処である。他にも野菜ラーメン、肉丼などあるので試してみたい。 '08/06/17
火曜日

閉店確認日
'09/03/31

骨の湯 甲府市小瀬町68-6

定休日:火曜日

駐車場:他店と共用4、5台

閉店→南景食堂

醤油ラーメン
650円
ラーメン屋っぽくない屋号。信州白骨温泉にある宿かと思った。場所は小瀬スポーツ公園通り甲府商業高校の反対側。店内は細長く明かりが落としてあり落ち着く。カウンターが主で小さなテーブル2卓、10数名収容可。僕が入った18時過ぎにはカンフー映画に出てきそうな店主と思しき男性一人で切り盛りしていた。浅野忠信似。無口で愛想はないがそれが似合う。ラーメンを注文。スープは黒に近い茶褐色。透明度は低い。油がスーッと浮きルックス的に旭川ラーメンを連想したが違った。見た目通り味が濃い。かなりしょっぱくこのスープを延ばせば2杯分取れるんじゃないかと思うほど濃い。屋号からコッテリした豚骨スープを思い描いたがどちらかと言うと鶏ガラベース。カツオなど和風ダシも感じた。僅かだが柚みたいな柑橘系の清々しい風味も感じた。『なにが、どう…』とか言っていられないほど様々な要素が渾然一体となって口の中に押し寄せてくる。麺は縮れ強、太さ中細、硬い茹で加減。加水率低め。スープとは非常にマッチする。麺をフライパン(中華鍋ではない)で茹でているのが印象的だった。具はチャーシュー、シナチク、ナルト、ノリ、刻みネギ。ブ厚く切られたチャーシューは味が乗っていて適度な軟らかさでジューシー。とても美味しい。午後6時から深夜2時まで夜のみの営業。呑んだ後にはあの濃い味はたまらなく美味しく感じるだろう。また行ってみたい不思議なお店。 '06/11/24
金曜日

閉店確認日
'09/01/21

中華食堂いつみ家 甲府市国母7-1-8

定休日:未確認

駐車場:十数台(はっきり見ていない)

閉店

いつみ家ラーメン
450円
国母通り沿い。国母立体を市川大門方面にくぐると右側にある。運転中たまたま見つけた。店内は真新しく明るく清潔で洒落た感じ。女性だけで来ても違和感は無い。テーブルとカウンター席があり50人は収容可能。メニュー等に『オープントレーニング中』と書かれていることから正式な開店はまだ先の様子。とは言え客はそこそこ入っている。入るとすぐ券売機があるのでここで何を食べるか選択。広東麺500円という驚きの低価格の魅力に一瞬迷うが最初なのでラーメンを選ぶ。スープは褐色でやや濁。豚骨鶏ガラベースで若干カツオ節など和風ダシも感じた。醤油の風味が香ばしく鼻に抜ける。濃厚だがしつこくない。見た目の“醤油っぽい”ルックスも食欲をそそる。やや酸味あり。麺は縮れ強。独特の弾力のある中細麺。具はチャーシュー2枚、ホウレンソウ、シナチク、味付け半熟玉子半分、刻みネギ。チャーシューは小振りだが甘しょっぱく中華風の味が付いている。ただしラーメンとの一体感の点ではイマイチか。シナチクが沢山入っていた。この内容で450円(税込み)はお値打ち価格。次回は広東麺(500円)も食べてみたい。同店の母体はスーパー等に惣菜などの食材を卸している(株)いつみ家である。手の掛かるところは工場で加工し、店舗では必要最小限の調理で提供できる形にする事で価格に反映しているのだろう。…かと言って、下手なチェーン店的な安っぽさは無い。片手間では作る事はできない、良く練られたラーメンだと思う。あくまでアンテナショップ的な位置付けなのか、同店を足がかりに拡大していくのかは明らかでないが僕としてはどんどん増えて欲しい。今後の展開に注目したい。 '08/07/06
日曜日

閉店確認日
'08/12/08

さっぽろらーめんみその 甲斐市長塚147-1

火曜

定休日:未確認

駐車場:10台以上

閉店

みそらーめん
700円
'05年7月28に開店した新しいお店。長塚の東西に伸びる新しい道沿い(喫茶VEGAの向かい側)。店内はカウンター、小上がり、テーブル合わせ約30席。醤油味もあったが、屋号から、そして筆頭メニューが味噌であることから迷わず“みそらーめん”を注文。スープはまろやかでコクのある味噌味。豚骨など動物系のダシを感じたが味噌ラーメンの長所であり弱点でもある『味噌の強さ』に埋没し細かな判別が難しい。なのであまり気にせず楽しむ事にした。麺はチュルチュルとした食感、やや太目で縮れ強。ややゴワっとした硬いゆで加減。黄色が濃いのが印象的だった。加水率は低い。スープにはマッチしている。具は、チャーシュー、半熟タマゴ半分、シナチク、モヤシ、ノリ、タマネギ、ひき肉、刻みネギ。味噌ダレから出たと思われるゴマも少々。総じて美味しく感じたが、味噌を前面に押し出している割には普通に思えた。味噌ラーメンは味噌そのものが優れた調味料なので味が画一的になり、他との差別化が難しい。今後同店が同じコンセプトを通すのならもう一工夫必要だろう。一方、“醤油らーめん”は、スープは濁った茶色で一見すると『味噌ラーメン?』と思ってしまう。豚骨ダシで甘味がありコクがある。少々背脂浮きコッテリ感を高めている。煮込んで溶けたニンニクの風味がなんとも食欲をそそる。麺は味噌と同じでこちらもスープに良く合う。具もほぼ同じ。こちらは600円。11:00〜14:00まではライスがサービスとなる。新メニュー“黒しょうゆラーメン”は数ミリ先も見えない黒褐色のスープが印象的。しかし色とは裏腹に味は甘くまろやか。炒ったタマネギが出すような甘さに似ていて美味しい。 '06/08/18
木曜日
移転確認日
'08/05/10
もち月 甲斐市中下条729-4

駐車場:店の横に一台程度だが路肩が広く取ってあるので路駐も可

閉店

ラーメン
390円
18時前に入店したら客は誰もいなかった。それもそのはず、ここは焼き鳥を主とした居酒屋だった。店主も私が開口一番『ラーメン下さい』と言ったのに多少面食らった様子だった。バツが悪いのでビールも注文した。店内は小上がり2卓とカウンターで約20名収容。居酒屋で呑み客に出すラーメンというと薄しょう油色でアッサリ軽い味のラーメンを想像しがちだが、ここのラーメンはドス黒いスープにパンチの効いた味。スープは濃いしょう油色で数ミリ先が見えないほど。鶏ガラのダシの印象が薄れるほどの濃いしょう油ダレ。それでいてしょっぱ過ぎず後味はまろやかである。麺は太さ中、縮れ弱。程よいゆで加減。具はチャーシュー、ナルト、ホウレンソウ、刻みネギ。そう、シナチクが入っていなかったが、それで価格を抑えているのかな?それとも不意を付かれた客に入れ忘れ?ってことはないと思うけど…『居酒屋のラーメン』と思ってかかると裏切られるがこれはこれでアリかなとも思った。 '03/06/09

閉店確認日
'08/05/01

東麺房 甲府市国母1-21-17

定休日:第一第三月

駐車場:店の南側に2台と南側の焼肉屋さん借りているとのこと

屋号が「麺工房れんげ」に変わりました。南アルプス店など他店舗は在るようです。

やみつきラーメン
680円
大盛100円増
2年ほど前に出来たお店。全国にチェーン展開している。昼間の営業はなく、午後5時から開店、閉店は午前3時というから呑み客を意識している。カクテキのサービスがあってこれがなかなか美味い。さてラーメンの方はというと、スープは豚骨ベース。表面に僅かに豚の背油が浮いている。醤油のコクが深いスープ。スープを摂る際にニンニクを多用していると思われる。加熱されているのでいわゆるニンニク臭は失せているが、背脂と併せこの辺が『やみつき』の要だと考えられる。麺は太さ中、縮れ普通でモチモチっとした食感の美味しい麺。具は、チャーシュー、シナチク、ノリ、刻みネギ。大き目のチャーシューは燻製臭に似た独特の風味がし美味しい。適度な食感。全体的にはニンニクげんこつラーメンの花月を軽くした感じ。近所の麺喰にも似ている。値段は高めだが夜間営業と『カクテキサービス』を考えるとやむをえないところか。 '04/09/24
味水ラーメン 甲斐市篠原880-1

定休日:月

駐車場:店前約6台

閉店

ラーメン
550円
廃軌道沿いにあるこのお店、以前から気にはなっていたのだが、なかなかよる機会がなかった。ちなみに店のカンバンには屋号の上に『究極の…』と付く。午後2時頃入店するとピーク過ぎの為か客は私だけだった。初めてなのでラーメンを注文。『究極の…』とはいかなる物か… スープはアッサリ系のしょうゆ味。まろみがあり、野菜ダシの甘味が前に来る。僅かにシイタケの風味を感じた。麺は細く縮れ強でスープによく合う。具はチャーシュー、シナチク、キクラゲ、タマゴ半分、モヤシ、刻みネギ、ゴマ少々。店内は30人は収容可。ちょっとモヤシが傷んでいたのが残念。作り置きして回転が悪かったのかな?まあ全部いただきましたけどね… '03/01/11

閉店確認日
'08/03/16

宝来軒
山梨市上神内川1511

定休日:火曜日

駐車場:自転車の為未確認

閉店

ラーメン
600円
山梨市駅の近くに最近オープンしたと思われるお店。駅からR140号に向かって100mほどのところにある。大分県で実績のあるお店の暖簾分けだという。店内はカウンターとテーブルで20名ほど収容。明るく清潔感がある。ラーメンを注文。スープは白〜褐色で透明度は低い。色は豚骨しょうゆだが、しょうゆの風味は大人しく豚骨鶏ガラのエキスの味が前面に来る。ゼラチン質が溶け出していて食べていると上唇と下唇がくっつく感じがする。事実スープ自体にも僅かだが粘性がある。九州ラーメン独特の豚骨臭はさほど気にならない。塩分は控えてあり甘味の感じるスープだが麺との相性を考えての事だろう。麺は極細で縮れ弱。硬い茹で加減。加水率は低め。僕はこの手の麺は多めに箸でつかみザクザクと食べるのが好きで、呑みこんだときの喉越しもまた楽しい。具は、チャーシュー2枚、ノリ、刻みネギ、ゴマ。チャーシューは薄いがしっかり味が染みていて美味しい。全体的にバランスが良くコッテリが苦手な女性や老人の方にも楽しめるのではないだろうか?いろいろなタイプのラーメン屋さんが出ることは我々ラーメンファンにとって選択肢が増え非常に喜ばしい事である。そういう意味で同店には末永く活躍してほしいものだ。 SA '07/04/01
日曜日

閉店確認日
'08/03/16

甲斐市富竹新田

駐車場:約10台(多店舗と共用)

閉店

ラーメン
650円
新規のお店だが別なラーメン店が入っていた場所をほぼ居抜きで使っている。だから店舗はそれ程新しくない。17時半頃入店。店員さんは男性ひとり。客は僕だけだった。券売機で食券を購入。初めてなので“ラーメン”にした。店内はカウンターのみで10席。高いパーテーションで目の前が覆われ、座ると厨房の様子が全く見えなくなる。なんだか不安に感じるのは気のせいだろうか。スープは琥珀色でやや濁。表面に油が厚く浮いている。味は最初は甘しょっぱく感じたが、後半に来るとただ甘さだけが際立っていた。野菜や豚骨から出るダシの甘味ではない。砂糖の甘さだ。スキヤキの割り下を豚骨スープで溶いたような味。トッピングで入れたニンニクさえ印象が薄くなるほど。豚骨スープを売りにしているようだが豚骨的なパンチは弱い。麺は太麺で縮れ弱。加水率低めでゴワっとした食感。吉田のうどんっぽい。茶色に近い色が個性的。スープとの相性は良い。量が多く普通の1.5倍はあるのではないか。具はチャーシュー2枚、湯がいたモヤシとキャベツ、背油の欠片。チャーシューはブ厚く非常に食べ応えがある。箸でほぐれるがややパサついた感じ。非常に個性的な味で恐らく僕が10歳若かったら美味しくいただけただろう。昼飯を抜いたのに後半バテ気味。平日は17時からの営業。日曜祭日は昼間の営業もある。難点は店が目立たず場所がわかりにくいこと。店員さんが元気がないかな。店を出るとき"パーテーション"の上に置かれたおしぼりに気が付いた。 '07/04/13

閉店確認日
'07/11/05

ラーメンショップ 甲府市湯村2-6-16

駐車場:店の裏にある。台数は未確認。

店主高齢により閉店

ラーメン
500円
なんだかんだでこの界隈では古いお店になってしまった。店内には所狭しと客が書き残していった色紙が貼ってある。麺は太さ中、縮れ弱。丁度良い湯で加減。スープは白濁した豚骨スープなのだが九州ラーメンに見られるような『豚骨を煮詰めた匂い』はない。まろ味がありやや甘い。背アブラがわずかに浮いている。チャーシュー、ワカメ、ノリ2枚、シナチク、刻みネギ。チャーシューは柔らかく煮込んでありしかも厚切りである。ラーメンの食べ方としては、そのままでもおいしいのだが、備えてある餃子用のラー油を入れるとコレがマッチし美味しい。午後の準備中が無いのがうれしい。 '03/05/03

閉店確認日
'07/10/29

ぶたの華 甲斐市中下条631

駐車場:4台

閉店

しょうゆラーメン
530円(税別)
大盛100増
久しぶりに行ってみたらスープの味が変わっていた。麺は細く縮れ普通。四宝麺(小麦粉、塩、水、卵)と呼ぶらしいが確かにカンスイ臭さが少ないように思えた。スープは横浜家系ラーメンを髣髴とさせるような力強い豚骨味。やや甘さが後味として残る。以前はもっとあっさりしたスープと記憶していたがインパクトの強い味に変わっていた。これなら太麺にしても面白いと感じた。具はチャーシュー、シナチク、ノリ、ワカメ、刻みネギ。今回もAM3時に行ったが営業中。夜どうしようもなくお腹がすいたときには本当に助かる。客席は約25席。 '03/06/08

閉店確認日
'07/08/21

夢乃屋 甲府市里吉3-1-20

定休日:火

駐車場:店前に約10台。店の反対側にも駐車場がある

閉店

ラーメン(しょう油)
600円
大盛50円増し
税別
厚いメニューをみていつも何にしようか迷ってしまう。迷ったあげく結局シンプルにラーメン大盛りを注文する。冊子になっているメニューの半分は同店の紹介やラーメンに対するコダワリが書かれていて注文が出てくるまでの間の暇つぶしになる。(まあ一度見れば清々だが)スープは『あっさり』を選択したが、濁ったスープにスリゴマが浮き見た目にはコッテリ系の印象を受けた。ダシに甲州地鶏を使用とあるが、いわゆる『鶏くささ』みたいな物が無く、むしろ豚骨ダシが前面にきている。甲州地鶏って『クセ』が無いのかもしれない。まろやかでほんのり甘くコクがあるスープ。最初だけしょう油の尖った感じが気になったが総じて美味しく全部のみ干した。化学調味料は一切使用していないという。麺は太さ中、縮れ弱でややゴワっとした食感。以前はもっとモチモチッとした感じだと思ったが麺を替えたと思われる。具はチャーシュー2枚、シナチク、ノリ、刻みネギ。チャーシューは見た目はフツーだが口に入れるとプルンプルンして楽しい食感。味付けはうすく、ジュワーっとした感じは少ないが肉本来の味がして美味しかった。 '03/07/21

閉店確認日
'06/12/15

麺屋さかもと 昭和町清水新居258-1-101

定休日:月

駐車場:オギノJOYと共用

閉店

しょう油ラーメン
650円
“お尾”の後、ほぼ居抜きで始めた。ややカウンター席を増やし小上がりを少し削ったと思われる。座席は28席。13時頃入店したがピーク過ぎのようで空いていた。場所柄休日の家族客が中心だろう。スープは鶏ガラベースのしょう油味。琥珀色で透明度はやや濁。鶏ガラの風味としょう油の香りの相性がよく心地よく鼻を抜ける。甘味は無い。明星一平ちゃんの風味に似ているがあちらがそれだけしっかり作りこんでいるということだろう。同店はスープに烏骨鶏(うこっけい)を使用しているという。ただし後半はスパイス(コショウ)の刺激が舌に残った。麺は太さ中細で平べったい。縮れ極めて弱。固ゆでではないがプツプツと噛み応えがあり独特の食感。面白い麺。具はチャーシュー、シナチク、ノリ、刻みネギ。チャーシューは一枚だがロースの部分が厚く切ってある。シットリとしたチャーシューではないがズンとした存在感がある。チャーシュー麺だと重いかも。 '05/10/18

閉店確認日
'06/10/01

中華酒房龍松苑 甲府市千塚1-2-9

定休日:木

駐車場:店の北側と西側に5、6台

閉店

ラーメン
480円
『ラーメンたろう』閉店後しばらく空き店舗だったが、ようやく決まって入ったのがこのお店だ。同店は田富に本店があるらしい。『中華酒房』という店名からも分かるように中華のおつまみメニューも多数揃えており居酒屋として利用できる。午前4時まで営業というのも呑み客を意識している(昼の営業もある)。店内はテーブル4人掛け×6卓、小上がり4人掛け×3卓。配置はラーメンたろうとほぼ同じだが照明が明るく清清しい。スープはあっさりしょう油味。透き通ったしょう油色。突出したダシはない。麺は太さ中、縮れで中でやや硬茹で。シコシコした食感。具はチャーシュー、シナチク、ナルト、ノリ、ワカメ、刻みネギ。全体的にこれと言った『特徴』はないが、酒場という範疇で考えればまずまずといった所ではないだろうか。特筆すべきは広東麺。具沢山でアンの具合も適度。オイスターソースっぽい甘さもあり美味しい。不思議なのはいつまでたっても熱々で冷めないこと。油断しているとヤケドする。値段は、、、うーん700円だったっけ? '06/01/05

閉店確認日
'06/06/05

赤羽 甲府市西田町4-11

定休日:火

駐車場:店の南側に約3台

閉店

ラーメン
400円
前から『おいしい』と評判を聞いていたお店。スープはしょう油味で独特の香ばしさがあり後を引く。具はチャーシュー2枚、シナチク、モヤシ、ゆで卵半分、刻みネギ。太さ中、縮れ普通、前回はチャーシューが3枚入っていたが偶々だったのか?逆にゆで卵は入ってなかったと記録している。まあいいか…モヤシがシャキシャキしてよいアクセントになっている。ともあれ、この値段でこの内容ならお勧めです。前回同様この日も2件目のラーメンでしたがスープまで飲み干しました。スキだな、こういう味は。 '02/02/23

閉店確認日
'06/05/15

北斗らーめん 甲府市美咲2-15-13

定休日:月木

駐車場:店の裏にある。台数は未確認

閉店→
セブンイレブン

ラーメン
400円
17:30頃、店に入るとお盆中ということもあってかカウンターは既に常連さんたちが酒を始めていた。その他テーブルもほぼ満席で付近での人気を伺わせる。以前にも一回入ったがよく覚えていないのでとりえあえずラーメンを注文する。スープはアッサリ系のしょう油味でやや塩分が高いと思えたが野菜ダシの甘味と中和され気にならなかった。麺は太さ中、縮れ弱でやや柔らか茹で。具はチャーシュー、シナチク、うずらの卵、ワカメ、刻みネギ。ほぼ納得いける味とボリュームで値段が400円というのが驚きだ。 '02/08/16

閉店確認日
'05/11/01

千成らーめん 甲府市国玉町975-1

閉店

醤油らーめん
472円(税込み)
夢乃屋から東へ1キロほど行った所にある。全国チェーンだというが利用するのは今回がはじめて。店内はカウンター、テーブル、小上りで40席ほど。“醤油らーめん”を注文。スープはアッサリしょう油味。しょう油色が濃いがやや甘めの味である。鶏ガラ豚骨ダシ。麺は太さ中、縮れ弱。モチモチ感が高く食べていて楽しい。具はチャーシュー、シナチク、刻みネギ、揚げたニンニクチップ、そして豚の背脂少々。シンプルだが、ニンニクチップが効果的に香り食欲をそそる。甘めのスープと良い具合に調和している。駐車場は他店舗と共用で20台〜30台ほど。 '04/10/30
土曜日

閉店確認日
'05/10/23

敷島町長塚243-1

定休日:無

閉店の原因とも考えられるムチャなサービスメニュー

閉店

ラーメン
350円
昔からあったかもしれないが気が付いたのはほんの最近。「ラーメン350円」と謳ったカンバンが目立つ。店内は小ぢんまりとしているが明るく清潔感がある。揃った字で書かれたメニューのPOPがかわいらしい。テーブルが4人掛け×2、6人掛け×2のみ。麺類には半ライスがサービス。おまけに今月(3月中)はラーメンが290円だという。さて、肝心のお味の方だが、スープはアッサリしょう油味。琥珀色に澄んでいる。鶏ガラ豚骨ベースの懐かしいタイプの味。麺はシコシコした食感の太さ中、縮れ普通。ちょうど良い茹で加減。具はチャーシュー2枚、味付き煮卵半分、シナチク、ナルト、ノリ、刻みねぎ。チャーシューは柔らかく口の中でほどける感じ。味も美味しい。駐車場は他店舗と共用。問題なく停められると思う。『安かろう不味かろう』ではなく一定の味を確保しつつ値を下げる努力に脱帽。今後も注目していきたい。 最終訪問日'05/03/17

閉店確認日
'05/08/03

お尾 昭和町清水新居258-1-101

定休日:火

閉店

ラーメン
650円
ラーメン大盛
800円
店はオギノJOYに隣接していて駐車場の心配は要らない。店内の作りは変わっていてテープルが一つでその他はすべて座敷。靴を脱いで上がる。さて肝心のラーメンだが、650円とやや高く、どうせ高いなら、と大盛りを注文しました。スープはアッサリしょうゆ味で鶏ガラベース。しょう油の尖った感じも無くスッキリしていてグビグビ飲める。麺は細麺で縮れ弱。麺の茹で加減が絶妙で中央に糸のように芯が残り程よい歯ごたえを残している。小麦の風味がしておいしい。そしてここのウリはやはりチャーシューである。小ぶりながらも厚く切られたチャーシューは大盛りで4枚、普通でも3枚入る。硬くなく柔らかすぎず気が付いたら食べ終わっていた。独特の香ばしい風味がした。とても手を掛けていると思われる。次回はもっと味わって食べたい。具は大盛りでチャーシュー4枚、カマボコ3枚、シナチク、刻みネギ。ネギも多くシャキシャキしていてスープの味と相性がよく美味しかった。幾分値段が高いと思うがそれだけの熱意を感じだ。餃子などのサイドメニューが何も無いことや、近隣に数多の呑み屋があるのに8時で閉めてしまうあたりはラーメンに対する真摯な姿勢が伺える。美味しいのでまた食べにいこう。 最終訪問日
'02/05/01

閉店確認日
'05/06/05

ランズ大王 韮崎市藤井南下條241-1

閉店

ラーメン
520円
以前からあるお店。よく通るのだがかつて一度入っただけで詳細を覚えていない為再度入ってみることにした。店内はカウンター5席、4人掛けテーブルが6卓、小上がりに6人掛けテープルが2卓と多くの人を収容できる。天井が高く開放感がある。20時頃入店したが客は一人だけであった。恐らくこれからの時間帯に混んでくるのだろう。スープは豚骨ベースのしょう油味。しょう油ダレの味と香りが強く、尖った感じがした。甘さを排除したスープは、たっぷり汗をかいた後にはさらに美味しく感じると思う。麺は太さ中、縮れ弱でやや硬茹で。具はチャーシュー大が2枚、シナチク、ワカメ、ノリ、刻みネギ。厚目で大きなバラチャーシューが2枚というのは嬉しい。入道みたいな店主がいるのだが彼が“ランズ大王”なのだろうか?駐車場は隣のオートバックスと共有の為問題なく駐車可。 最終訪問日
'03/09/18

閉店確認日
'05/05/03

らーめん長二次郎 甲府市酒折1-2

現在のところ無休

閉店

正油らーめん
500円
学院大学にほど近いところに開店したお店。愛想がよく気さくなおばちゃんが迎えてくれる。昼に入店したら次第に学院の生徒と思しき若者で賑わってきた。店内はカウンター、テーブル、小上りで40席ほど。まだプレオープンに近い状態で正式なメニューの運営ではないらしい。太麺と細麺が選べるが、お勧めは『自家製』の太麺だというのでしょうゆ油の太麺を選んだ。スープはコッテリしょう油味。不透明な琥珀色。九州ラーメン風の強い豚骨ダシだが臭くはない。背油が浮いている。甘しょっぱい。麺は太いストレート。硬茹で、というか麺自体とてもコシが強くゴワッとした食感。富士吉田で食べるうどんを彷彿とさせる。“とんとん”よりコシが強いんじゃないかな。スープとの相性は絶妙で食べていて楽しい。こういう麺は好きである。具はチャーシュー2枚、湯がいたザク切りキャベツ、シナチク、ワカメ、モヤシ、刻みネギ。キャベツとスープの相性が良くスープだけだとしょっぱいと感じたが野菜を乗せる事が前提であれば納得できる。通常でも具が多いが、プラス100円で野菜が増量できるという。次回は入れてみたいと思う。なお並盛でも十分多いが大盛りも値段は同じ(将来は未確認)。面白いラーメン屋さんだと感じました。駐車場は店の前に3台。 最終訪問日
'04/11/02
會友楼 敷島町中下条1954-1

定休日:第二第四水

駐車場:未確認

閉店

ラーメン
450円
スープはしょう油味でやや甘め。独特の風味がある。麺は中平縮れ少のシコシコ麺。具はチャーシュー、ワカメ、シナチク、ナルト、刻みネギ。全体的に安く八宝菜、エビチリが980円とリーズナブル。またギョウザが5個350円で噛むと中にお汁が入っていて美味しい。おすすめの一品。自転車で行ったので駐車場は未確認。向かいの海鮮アトムボーイにでも… 最終訪問日
'02/05/06

閉店確認日
'04/11/29

花月 甲府市千塚3-1-42

定休日:無

駐車場:6台

閉店。住吉店は現存。

ニンニクげんこつ
620円
住吉店と昭和店を紹介していたが、近所に千塚店が出来、ほとんど行かなくなったので統廃合する事にした。店内はカウンター8席、テーブル6人がけが3卓。以前は縮れ弱の太麺を使っていたが02年の下期あたりから中細に変えた。茹で上げ時間を短縮するためだろうか?やや固目で噛み応えがある茹で加減は同じだが、ここのスープにはかつての太麺が合う。あのゴワッとした食感が今となってはなつかしい。スープは表面に豚の背アブラが浮いていてその下に白濁したスープがある。この背脂が同店の最大の特徴でもあり魅力である。スープは豚骨ベースでコクがある。ややしょっぱい。大量のニンニクが溶け込んでいる為かスープ全体にしょう油ダレさえも霞んでしまうほどインパクトがある。ニンニクは煮込んである為次の日に残るような匂いは無い。最近は体が慣れたのか、それとも全体的にマイルドになったのか、以前体験できた荒々しさを感じなくなった。その為かここのラーメンを食べるとよくお腹をこわしたものだが最近はそれがない。体には優しくなったが病みつき度は下がってしまった。チャーシュー2枚、シナチク、ノリ、茹でタマゴ半分、刻みネギ。チャーシューは薄く不自然にしょっぱい。生絞りニンニクはタダなので注文の際一緒に言おう。駐車場は店に5〜6台。店の西側は停めにくいし出しにくい。夜なら隣の中銀にも駐車可。 最終訪問日
'03/08/12

閉店確認日
'04/10/10

ガキ大将 甲府市千塚

定休日:なし

店主同じで屋号を「いっぽん」に変えたが、その後店主急逝により閉店。

みそ野菜
680円
私のみそラーメンに対する概念を打破したお店。『みそラーメンなんかどれも同じだよ』と思っていたが、ここのみそ野菜ラーメンは別モノだった。チェーン店だが、本品がメニューにない店もあるので注意。味も店ごとにバラツキがあるが中でも千塚店がおすすめ。味噌のブレンドが絶妙。週3回食べる日々が続いた。最近気が付いたが、ミキサーにかけた野菜の中にセロリが入っていて意表をつかれた。ただしチャーシューなどの肉類が入っていないので人によっては物足りないだろう。駐車場は店の裏にあるが何台停められるかは未確認。夜間なら向かいのauのお店に停められる。 閉店確認日
'04/11/01
味せい 甲府市酒折1丁目

閉店→龍松苑

東京ラーメン
500円
(ライスサービス)
よく目立つ『ラーメン』のカンバンにつられ入った。外観から受ける印象より中は広く、30人以上は収容できる。筆頭メニューの東京ラーメンを注文。スープはしょう油味でコクがある。野菜独特の甘味みがない分、最初だけ若干ニガ味を感じたが、これは良い意味で個性となっている。麺は中細縮れ弱で硬茹。ミソラーメンは太麺になるらしい。具はチャーシュー、シナチク、ナルト、ワカメ、ノリ、刻みネギ。近所に山梨学院大学などがあり、学生向けか麺類にはライスがサービスになっている。駐車場は店の前に2台くらいだが酒折駅前の道に邪魔にならないように停めれば可。 最終訪問日
'03/03/09

閉店確認日
'04/11/02

神田食堂 甲府市上阿原548-1

神田食堂のチラシUP。あたかも東京で実績があるかのように書いてあるが、東京には同店の固定店舗はない。秋葉原にあるのは同名異店。

閉店

ラーメン
550円
(税込577円)
ラーメンの種類の違いこそあるが、去年、同じ場所に同じコンセプトの『九一ラーメン』という店があった。3ヶ月ほど店を開きその後どこかに消えてしまったが、この店も11月半ばには移動してしまうという。期間限定という言葉に弱い、人間の心理をついた上手い商法だとおもう(私も乗せられた一人)。調べたところ九一も神田食堂も根っこの部分は同じであることが分かった。九州ラーメンと東京ラーメンの2本立てで日本中を行脚しているわけだ。午後1時頃入店。3組ほどの並びが出来ていたがタイミングがよく待たずに座れた。店内はサーカスのテントを小さくしたような構造。テーブルの配列も含め九一と全く同じである。カウンター12席、6人掛けテーブル4卓。スープはあっさりしょう油味。透き通ったしょう油色。表面に油がやや大目。わずかに煮干の風味。最後まで舌の先に無機質な酸味を感じていた。麺は細縮れで茹で加減はちょうどよい。シコシコした食感。スープには相性がよい。具はチャーシュー、シナチク、ナルト、刻みネギ。チャーシューは大きいが薄くボソッっとしている。税込みで577円と割高感あり。駐車場は20台。 '03/09/20
むつみ屋 甲府市武田3丁目

定休日:無

閉店

しょうゆラーメン
650円
大盛100増
数ミリ先が見えない濁ったスープなのでコッテリ系と思いきや『こってり』とか『あっさり』という言葉では括れない味ということに気が付く。様々な素材のダシが調和して自然に溶け合っている。すべての素材のうまみが凝縮しているといった感じ。ほのかな煮干の香りが食欲をそそる。麺は中縮れ麺で硬ゆで。シコシコして喉越しがチュルチュルして心地よい。チャーシュー、シナチク、ノリ、刻みネギ。チャーシューが凝りすぎてベーコンみたいになっちゃってるのが残念。わたしは煮豚タイプの甘しょっぱいトローっとしたのが好きなのでこの辺は好みの問題。650円が高いか安いかは味わってから決めて欲しい。14時過ぎに行ったらやっていたので午後の準備中がないかも。駐車場は店の裏に3台と銀行のうらに5台。店の南側の細い路地を通って入る。皆さん休日はとなりの銀行に停めているみたい。 最終訪問日
'02/03/10

閉店確認日
'03/10/09

九一麺
(九州一番)
甲府市上阿原
R20下り側

閉店

博多ラーメン
580円
替玉
120円
テントで移動するという話題のお店。約2〜3ヶ月の営業というので8月半ばにオープンした同店もやがてここから去っていってしまうと思われる。16:30という中途半端な時間に行ったのにもかかわらず、15人ほど並んでいた。人気の高さをうかがわせる。そして意外なほど若い女性客が多いことに気が付く。並んでおよそ10分後ようやく着席。博多ラーメンを注文。建物は床こそあるが基本的にテント小屋。冬は寒いだろうな。スープは白濁した豚骨スープ。驚くほどに『臭み』を取り除きスッキリしている。なるほど女性客が多いのもうなずける。麺は硬茹で細直麺。具はチャーシュー、茎ワカメ、ノリ、刻みネギ。そして紅しょうが、にんにく、高菜は入れ放題。本来ドギツイ豚骨臭と調和するはずのトッピングだがスープがこれだけスッキリしていると『入れすぎ』に注意しなければならい。かつて昭和町にあった『ひごもんず』よりスッキリしている。駐車場は20台くらい。あるうちにまた行きたいが行列はイヤだ。 '02/09/16
一兆 甲府市飯田4丁目

閉店

和風しょう油ラーメン
500円
ギョウザ
400円
Bセット
(ラーメン+餃子)
800円
カウンターだけのお店。ハチマキをした感じのよい職人風のオヤジさんが一人でやっている。スープは『和風』と言うだけあってカツオ風味のさっぱりしょう油味。麺は中縮れ。具はチャーシュー、ワカメ、シナチク、ナルト、卵焼き1/4、ノリ、刻みネギ。総じて美味しく、具の一つ一つが丁寧に仕込んであるのが分かるが、麺やスープにもう一工夫欲しいところ。ギョウザは薄皮で中身が詰まっていて美味しい。お得なBセット(ラーメン+ギョウザ)800円もある。また学生ラーメン350円というのもあるので近所の城西高校の生徒はチェックだ。駐車場が店の前に3、4台と狭いのが難点。 '02/01/19
らーめんたろう 甲府市千塚1丁目
千塚四つ角

閉店

ラーメン
550円
私はここが好きでときどき行く、ひところ不自然に味が濃く感じた時期があったが、今日食べたら自然な感じに戻っていた。スープはしょう油味で鶏ガラ風味。麺は中縮れで硬茹。具はチャーシュー2枚(美味しい)、ナルト、シナチク、ノリ、刻みねぎ。元々酒屋のスペースの半分を店に改築したこともあり(つまり現在も半分は酒屋)各地の地酒が楽しめるのも特徴。駐車場は道路に面して北側と西側に5〜6台。なお同店は市内有名店“上田屋”の味を意識していると思う。トッピングも似ているし、麺も同じ仕入れじゃないかな? '02/07/23
新華楼 甲府市湯村

閉店

ラーメン
550円(税別)
スープはアッサリしょう油系。しかし、何のダシか解らない独特の味がする。私は美味しいと思った。麺は細縮れ麺。具はチャーシュー、シナチク、半卵、ワカメ、刻みネギ、かまぼこ。以前から気になっていたのだがラーメンショップの隣にあり、ついついそっちに入ってしまっていた。今回はじめて入ってみたがダシが何か解らないのでまた行ってみたいと思う。 '01/07/15
だるまや 双葉町下今井

定休日:木

閉店

ラーメン
450円
(開店記念50円引き中)
最近開店したらしい。店に入るとまず煮干のスープと思われる美味しい匂いに気がつく。スープはアッサリしょう油味でやはり煮干系のダシ。やや酸味を感じた。具はチャーシュー2枚、シナチク、ワカメ、煮卵1個、ノリ、刻みネギ、ゴマ少々。麺は中縮れ麺。同店の特徴ともいえるアイテムの、しょう油味が付いた煮卵が美味しかった。駐車場は店の前にスペースがあるのでそこに停めればよい。 '02/02/15
くにちゃんラーメン 双葉町竜地

定休日:火

閉店

ラーメン
550円
ラーメン専門店と思いきや、うどん、そば、うなぎ、さらには居酒屋メニューまでも手がけているので驚いた。スープはしょう油味で若干カツオ風味。麺は中縮れ硬ゆで。私の舌がおかしかったのか味が薄く、少々酸味を感じた。具はチャーシュー、シナチク、ナルト、ホウレンソウ、ノリ、刻みネギ。チャーシューが硬くて好きでない。駐車場は隣の良酒専科と共用で広いので心配ない。よく通る道だから押さえとこうかな、と思って寄ったが私には合わなかった。 '02/01/16
つけ麺大王 竜王町万才

閉店

チャーシュー麺
750円
大盛50増
つけ麺のお店だがあえてラーメンを注文。太麺か細麺か訊かれるので太麺にする。スープはしょうゆ味で特筆すべきものは何もない。麺は茹ですぎか延びて食感が極めて悪かった。つけ麺がメインなのでラーメンははっきり言って不得手のようだ。チャーシュー5枚、なると、シナチク、コーン、ノリ、ワカメ、刻みねぎ。たまたま私に出したのが失敗作であって欲しい。 '01/11/12
珍珍珍
(サンチン)
竜王町富竹新田

閉店→順徳

トンコクラーメン
470円
中盛150円増
大盛200円増
久しぶりに行ってみた。この辺は牛丼屋、ファミレスなどの競合店が多く苦戦を強いられているかと思いきや、意外と繁盛していた。他店を意識してだろうか定食などのメニューが増え、呑み客に対応すべくおつまみ類もあった。一般に手広く始めると味が落ちると思いがちだがラーメンは以前と同じ味だ。スープはトンコツ味で白黄濁色。九州のトンコツとは異なり独特の臭みがない。あれが好きな人には物足りないかも。麺は中縮れ少。かん水臭いのが難。また湯切りがわるく麺が固まっている事がある。チャーシュー、ノリ×2、シナチク、ワカメ、刻みネギ。 '01/12/05
ひごもんず 昭和町西条
イトーヨーカドー隣

定休日:無

閉店→鬼太郎

ラーメン
600円
大盛100円増
ここのラーメンを食べた時、新宿の桂花のラーメンを思い出しました。深みのある味で白濁のトンコツスープ。麺は中直麺でかなり硬茹ででゴワっとした食感があり個性的。好みが分かれるところだが私は好き。チャーシュー2枚、茎ワカメ、シナチク、ノリ、刻みネギ(青いところ)。各テーブルに、生にんにく(絞り器付き!)と高菜が置いてあり自由に入れられる。駐車場は広く15台は停められる。近所にはイトーヨーカドーもあり歩いていける距離。また18時までは半ライスがサービス。この味が山梨で食べられるのはうれしい。 '02/04/07
牛豚ラーメン
石和健康ランド入り口

閉店

牛骨ラーメン
しょう油味
500円
大盛100円増
『牛』って感じでした。食べる前はどんなスープか想像がつかなかったが、『なるほど!』と思った。解り易く言うと、牛の獣臭と言うよりもの羊/ラム肉臭という感じ。ジンギスカンを思い出した。ただ、この獣臭がしょう油味とよく合う。思えば和風おろしステーキなんてのもあるし、納得できる。『アッサリ』がウリらしいがコッテリが好きな人にも薦められる。麺は中縮れ麺。ここはもっと工夫が欲しいところ。あのスープならもっと太麺が合う。具は、チャーシュー、ワカメ、モヤシ、刻みネギ、シナチク、のり。ギョーザも美味しかった。 '01/07/19
てっちゃん 甲府市上石田1-17-5

閉店

ラーメン
500円
大盛100増
となりの店で呑んだ後に頂きました。大盛にして600円でしたがサッパリしているのでツルツルっといけました。麺は太さ中、縮れ普通。スープはしょう油のアッサリ味。午前2時とはいえ場所柄近所に遅くまでやっている呑み屋が多くお客さんが多かったです。帰りがけに店員さんに『(帰り道)気をつけて』と声を掛けられました。ちょっとした気配りですが印象が良かったです。 '01/06/23

閉店確認日
'05/11/01

山梨ラーメン紀行