☆ メニューが表示されない場合はこちらをクリック ☆

コクリツムロトセイショウネンシゼンノイエ
国立室戸青少年自然の家

 ●所在地 高知県室戸市元乙1721
 ●電話 0887−23−2313
 ●予約 利用月の6ヶ月前の1日から
 ●料金 シーツ代/200円 施設使用料250円
 ●施設 管理棟 炊事棟 トイレ シャワー 宿泊棟
 ●利用時間 チェックイン/***
チェックアウト/***
 ●HP 国立室戸青少年自然の家のHPへ
 ●割引等 ***
 ●利用日 2012/5/20〜2012/5/21



------------------------------------

Date 2012. 5.20〜2012. 5.21   国立室戸青少年自然の家
金環日食を見る目的で訪れた室戸岬。前泊場所に選んだのは、以前ちらっと見に来たことがある「国立室戸青少年自然の家」。キャンプ場もあったが、今回は日食観測がメインなので宿泊施設を利用することにした。

------------------------------------


第一ロッジ
内部
利用した宿泊施設は第一ロッジ。1部屋4名の個室が7つ集まった造りの建物だ。我が家が利用したのは一番奥の「さんごじゅ」。きれいな感じの部屋だ。

2段ベッド
その名のとおり少年自然の家らしい造り。少年時代のことを思い出す。

風呂
洗面台
各部屋に風呂と洗面台があるのはありがたい。想像していた以上に設備が整っていた。利用料金を考えると大満足だ。

トイレ
駐車場
トイレは部屋の外にあり、共同利用となる。駐車場も近くにあり便利。

炊事棟
管理棟
野外炊事ができる炊事棟がロッジの真向かいにある。今回は施設にある食堂を利用した。昼・夜二人分で2,400円ほどだった。バイキング形式で10品くらいあり、コーヒーやオレンジジュース等も飲める。価格を考えると十分満足できるレベルだ。

【感想】
コストパフォーマンスがとてもよい施設だ。食事代・シーツ代で総額2,810円。但し、少年自然の家なだけに、部屋や風呂の掃除、つどい(集会)への参加などが義務付けられており、ほんの少しだが拘束されるところがある。しかし、それ以上に職員の対応も丁寧であり、とても満足度の高い施設だった。




ちょこっと日記
by やすびん


4時間近くかけて到着した室戸。
とりあえず宿泊の手続きを済ませて室戸岬へ行った。

天気は最悪の状態。
こんなんで明日日食なんか見れるのだろうか・・・。
ちょっとブルーになる。

と、落ち込んでいてもしょうがないので石投げしてみる。
なかなか跳ねてくれずまたまたブルーになる。

いいさ、明日は明日の風が吹く!?

日頃の行いがよかったのか、日食の前後2〜3時間のみ天気が良かった。
とてもいい気分(^^)

帰り道、イルカが触れる「室戸ドルフィンセンター」に寄ってみた。

頭をなでなで。

おなかもなでなで。


最後にジャンプを見せてくれた。
天気にヤキモキしたが、終わってみればとても満足の行く旅となっていた。



★★★国立室戸青少年自然の家1のレポへ★★★


【キャンプレポ一覧に戻る】





☆ メニューが表示されない場合はこちらをクリック ☆



キャンプ場 感想 四国 top へ