らきゅう美術館

らきゅう美術館へようこそ!
わずか7種類のパーツで生み出されるバラエティ豊かな作品の数々をお楽しみください。

お知らせ

2013. 1. 3企画展示室1「東京を旅する」に、東京駅、東京タワーを追加。
2011. 9.19「古寺をめぐる」シリーズ、作成快調!完成した興福寺、法隆寺などを追加。
2011. 7.18 第4展示室「古寺をめぐる」、開設にむけて準備中。すでに完成した西本願寺や知恩院をご紹介。
2011. 5. 4 GWの新作「中尊寺」、特別展示室1で展示を開始しました!
※祝「平泉の文化遺産」世界遺産登録決定!
記念して、他の世界遺産に関する作品も展示します。
2011. 5. 4 LaQのパーツが整然と保管され、作品に使われる日を静かに待つ「手づくりの道具箱」。同じく「特別展示室1」にて紹介しています。

LaQとは?

LaQとは?

基本パーツ2種類(四角形、三角形)と、ジョイントパーツ5種類(基本パーツを平面でつなげるもの2種類、90度1種類、120度1種類、3方向につなげるもの1種類)のわずか7種類を組み合わせるだけで、のりもの、動植物、建物など様々な作品が生み出されます。また、色も10種類あり、カラフルな作品ができあがります。

らきゅう美術館とは?

私の父は今LaQにはまっています。『孫が遊びに来たときの楽しみと準備したが』、試作してみると意外と面白く、孫が来るまでにすっかりとりこになってしまった』(第1集から)

作った作品は写真にとって、それがたまったら冊子にまとめて送ってくれます。それがもう3冊。建物やのりものなど、とても工夫してつくっていてるので、これを是非多くの皆さんに紹介したい!と、この美術館をオープンすることにしました。

作品に関する感想を是非お寄せください!!
ご意見・ご感想はこちらへ!

展示室のご案内

企画展示室1・2

「東京を旅する」

企画展示室1へ移動

「パリの風景」:準備中

企画展示室2へ移動

これまでの企画

第1展示室: 童心にかえる

第1展示室『童心にかえる』へ移動
最初の作品集です。蒸気機関車や船などののりもの、動植物や人、建物や橋など、様々な分野の題材について、LaQの可能性を追求しています。

第2展示室: おとなの絵本

第2展示室『おとなの絵本』へ移動
第1集で扱った素材をさらに発展させています。例えば「蒸気機関車」は「黎明期の蒸気機関車」や「D51型蒸気機関車」に発展。また「タンカー」は「にっぽん丸」「帆船」「しらせ」などに発展しています。

第3展示室: 歴史を尋ねて

第3展示室『歴史を訪ねて』へ移動
「奈良時代の建造物」「民鉄車両」等、特定のテーマを深く掘り下げた作品が集められています。

第4展示室: 古寺をめぐる<準備中>

第4展示室『歴古寺をめぐる』へ移動
こころの法話』シリーズ(朝日新聞出版)に取り上げられている日本の代表的な古寺がLaQ作品に。西本願寺や知恩院など、現在までに完成した作品を紹介します。

特別展示室1・2

新しい作品、作品集にのっていない作品などを紹介します。

特別展示室1へ移動

LaQブロック以外の作品を紹介します。

特別展示室2へ移動

らきゅう庭園

LaQで作られた花が年中咲き乱れています。

らきゅう庭園へ移動

資料室・研究室・館長室

LaQに関するWeb、情報等をご紹介。

資料室へ移動

LaQで様々な形にトライ!

研究室へ移動

館長(私)からのご挨拶です。

館長室へ移動

作者について

私の父は、昭和一桁(前半)生まれで80歳を超えています。LaQを始めたのは2年前くらいなので既に80歳近い頃。その歳から始めたのに、新しい工夫をしながら数々の作品を生み出しています。

作品の中には、戦艦や戦闘機など戦争関係のものも含まれますが、決して戦争好きということではなく、二度とこのようなものが活躍する時代になって欲しくないという願いからです。

この美術館、展示室はいくらでも増設可能なので、これからも元気に作品を作り続けて欲しいと思っています。

元のページに戻る