通 告 書


 当職は永和信用金庫の代理人として本書を貴殿に差し上げます。貴殿御承知の通り、貴殿を原告、当庫被告とする大阪地方裁判所昭和56年(ワ)第8286号預金債権請求事件につきまして、貴殿の敗訴判決が最高裁判決により確定しております。これを覆すには再審の訴により貴殿の言い分が正当で当庫の言い分が間違っているとの判決が必要でありそれなくして確定判決を覆すことは出来ません。
 貴殿はそのような手段を採ることなく当庫に来所されて、右確定判決が間違っていると主張しておられますが、当庫はそのような貴殿の御主張に同意する積もりは全くありませんし、又お話に応じる積もりもありません。 よって、当庫としましては今後そのようなご用件で来所されることはお断りするとともに、来所されてもお引取りを願うこととなること、若しこれに反して来所され或いはお引取りを拒否されるときは、住居侵入及び不退去罪で刑事告訴することになることを御通告申し上げます。
       平成11年8月5日
          大阪市北区西天満6丁目1番2号
                  千代田ビル別館7階
                 中村泰雄法律事務所
                 弁護士   中村泰雄

            大阪市生野区新今里7丁目12番17号
                            吉川真二様
HOME