通告書に対する反論


 先方からの通告書の主意は、私が裁判所の確定判決について、それを不服とし、いかにも金庫に言いがかりを付けに行っているような内容だが、私は判決のことには一切触れてはいませんでした。
 私が金庫に掛け合いに行ったのは、私からの通告書にもある通り、谷口弁護士、村上博志との和解を受けてその内容がいかにも金庫と裏取引きがあったかのような結果だったので、金庫側に道義的責任を求めに行ったのである。そのことは金庫に行ったときに申し述べていたにも拘わらず、そのことには一切触れず、確定判決に因縁をつける不当な訪問であると通告してきているのは、その通告書自体が間違っている、或いは無効だと私は思う。
 したがって、裁判長の言う、通告書を送ったにも拘わらず金庫に出向いたのは住居侵入罪になるという間違った判断になるのだと思う。ただ、短気な私を見越して向こうの挑発に乗って手を出したのは私の反省すべき点ではありますが…。
    

          
HOME