●中小企業から騙し取った金利は数十億

(平成15年12月16日に匿名のお手紙を頂戴いたしました。原文のまま掲載いたします。)

吉川さん 永和信用金庫は貸出金利をどんどん下げています。今では、大阪で1番低くなっています。下げないと借りてくれなくなったのです。吉川さんのホームページが影響を与えています。騙し取ったことが明らかになったからです。永和信用金庫の短期プライムレート連動長期貸出金利について説明しておきます。この金利は短期プライムレートには全く連動していないのに連動と書いた恐ろしい金利です。平成3年10月にこの金利は7.7%でありました。短期プライムレートは7%であります。その差は0.7%でしかありませんでした。ところが平成6年になりますと永和の短期プライムレート連動長期貸出金利は5.5%になりその時の短期プライムレートは3%に下がりその差は2.5%になりました。平成7年になりますとさらにひどくなりその差は4.8%と1.65%の差の3.15%になり平成11年には4.8%と1.375%すなわちその差は3.425%にもなったのです。平成3年より平成15年までに騙し取った金利は数十億円になります。この金利を騙し取った当時の責任者で残っているのは高橋会長ただ一人になります。
この中小企業の人達から騙し取った金利を不良債権の処理と引き当てに使いながら運転手付の高級車で通勤しています。とんでもないことです。真面目に働き一生懸命に返済してきた中小企業の人達や職員の人達が本当に気の毒です。