●ワンマン会長に職員も泣かされる

(平成15年11月17日に匿名のお手紙を頂戴いたしました。原文のまま掲載いたします。)

吉川さん 永和信用金庫は得意先の中小企業だけでなく職員も大変なのです。特に支店長になればほんの少しの失敗も許されません。
少しの失敗で立岩元八尾南支店長も、谷元城東支店長も責任を取ってやめていったのです。ほんの少しの融資のミスでした。
それまで長く永和に貢献した人達です。お客様には謝罪も出来ないし、上層部からはミスを
責められ本当に辛いものです。あと少しで定年でした。それなのに、三和銀行からきた高橋会長は理事長のとき100億もの不良債権を作ったのにいまだに君臨しています。 全くの不公平です。