●老害、高橋会長

(平成16年3月16日に匿名のお手紙を頂戴いたしました。原文のまま掲載いたします。)

吉川さん 永和信用金庫は会長と理事長に定年はありません。高橋会長は今年72才になります。72才の老人がいつまでも永和信用金庫を支配しています。
だから小林理事長がいくら中小企業の人達に愛される信用金庫にしようとしても高橋会長は否定してしまいます。最初は金利を安く貸ししばらくするとどんどん金利をあげて騙し取る方法を営業の基本にしています。過去うまく騙し取った味が忘れられないのです。
72才になってもこの方法で中小企業の人達を苦しめ続けているのです。高橋会長に定年が無いのが最大の改革出来ない理由です。